大貫妙子 taeko onuki

大貫妙子Taeko Onuki

大貫妙子2曲の新録作品が2月25日配信スタート

海外発のジャパニーズ・シティーポップ・ブームで過去の音源が再注目され、あらためて国内外で評価されている大貫妙子。

その大貫妙子の新録作品として「朝のパレット」、「ふたりの星をさがそう」が2月25日に通常音源とハイレゾ音源で配信される。

「朝のパレット」配信はこちらから
コンサートでは何度か披露されていたが、今回ついにレコーディングされた。
林立夫、伊賀航というリズム隊を迎え、すでに披露されていたライブ・ヴァージョンとは全く異なるアレンジでの録音。
フレンチ・ポップのテイストを身にまとい、久々に“ヨーロピアン・サウンドの大貫妙子”の真骨頂とも言いうべき作品。
Words and Music: 大貫妙子
Arrangement: 網守将平
Acoustic Piano, Keyboards & Computer Programming: 網守将平
Drums: 林 立夫
Bass: 伊賀 航
Flute & clarinet: 大石俊太郎
Trumpet: 佐藤秀徳
「ふたりの星をさがそう」配信はこちらから
1996年に発売された竹中直人のアルバム『イレイザーヘッド』のために提供した楽曲をセルフカバー・レコーディング。
「ピーターラビットとわたし」や「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」にも通じるシンセサイザー・サウンドを中心とした、ファンタジー色に溢れた作品。
ドラムは現在病気療養中の高橋幸宏。大貫の相談に高橋が快諾。今回の演奏参加となった。
Words and Music: 大貫妙子
Arrangement: 網守将平
Acoustic Piano, Keyboards & Computer Programming: 網守将平
Drums: 高橋幸宏
Synthesizer Bass: 鈴木正人
Guitars: 岡田拓郎

大貫妙子は2005年発表のアルバム「One Fine Day」以降、坂本龍一やバンドネオン奏者の小松亮太とのコラボレーション作品、映画・テレビドラマのサウンドトラックでの数々の作品発表や、バンド、ストリングス・カルテット、オーケストラとの共演による様々なライブを中心に活動してきた。
大貫妙子自身の新作録音作品発表という意味では、それ以来の作品となる。
今回は新進気鋭の音楽家、網守将平を新たにアレンジャーとして迎え、大貫妙子ならではのエッセンスと、現代のサウンドがマッチした待望の楽曲が出来上がった。
今回の2曲以降の大貫の作品だが、アルバムという形態に拘らず、「作りたい時、興味のあるものを作る」というスタンスで随時発表していく予定、とのこと。
楽しみに待ちたいと思う。

「朝のパレット」「ふたりの星をさがそう」2022年8月6日発売

海外発のジャパニーズ・シティーポップ・ブームにより、あらためて国内外で評価されている大貫妙子。その大貫妙子の新録作品として「朝のパレット」、「ふたりの星をさがそう」をAB面に配したシングル・レコード(7インチ・ヴァイナル)8月6日に発売。
2005年発表のアルバム「One Fine Day」以降、大貫妙子自身の新作録音作品という点では、それ以来の久々の作品となる。
今回は新進気鋭の音楽家、網守将平を新たにアレンジャーとして迎え、大貫妙子ならではのエッセンスと、現代のサウンドがマッチした待望の楽曲が出来上がった。

大貫妙子 taeko onuki 「朝のパレット」「ふたりの星をさがそう」
発売日:2022年8月6日(City Pop on Vinyl)
仕様:7インチ・アナログ盤(クリア・ピンク)
価格:¥2,200(税込)/ 品番:MHKL-63

楽曲解説

Side-A「朝のパレット」

コンサートでは何度か披露されていたが、今回ついにレコーディングされた。林立夫、伊賀航というリズム隊を迎え、すでに披露されていたライブ・ヴァージョンとは全く異なるアレンジでの録音。
フレンチ・ポップのテイストを身にまとい、久々に「ヨーロピアン・サウンドの大貫妙子」の真骨頂とも言いうべき作品。

「朝のパレット」

Words and Music: 大貫妙子

Arrangement: 網守将平

Acoustic Piano, Keyboards & Computer Programming: 網守将平

Drums: 林 立夫

Bass: 伊賀 航

Flute & clarinet: 大石俊太郎

Trumpet: 佐藤秀徳

Side-B「ふたりの星をさがそう」

1996年に発売された竹中直人のアルバム『イレイザーヘッド』のために提供した楽曲をセルフカバー・レコーディング。「ピーターラビットとわたし」や「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」にも通じるシンセサイザー・サウンドを中心とした、ファンタジー色に溢れた作品。ドラムは大貫の相談に高橋が快諾。今回の演奏参加となった。

「ふたりの星をさがそう」

Words and Music: 大貫妙子

Arrangement: 網守将平

Keyboards & Computer Programming: 網守将平

Drums: 高橋幸宏

Synthesizer Bass: 鈴木正人

Guitars: 岡田拓郎


CD商品

大貫妙子RCA時代の作品が『クリシエ』『シニフィエ』『カイエ』『MIGNONNE』『ROMANTIQUE』『AVENTURE』SACD Hybridで再発!

アナログ商品

大貫妙子 MIGNONNE
大貫妙子 ROMANTIQUE AVENTURE
大貫妙子 Cliché SIGNIFIE カイエ
大貫妙子 コパン Comin' Soon
「スライス・オブ・ライフ」「プリッシマ」

大貫妙子プロフィール

東京生まれ。

1973年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。75年にアルバム『SONGS』をリリース、76年に解散。同年『Grey Skies』でソロ・デビュー。

1987年サントリーホールでのコンサート以降、バンド編成とアコースティックのライブを並行して継続、現在までに27枚のオリジナル・アルバムをリリースしている。

著作では、エッセイ集『私の暮らしかた』(新潮社、13年)ほか多数出版。

CM・映画・TV・ゲーム音楽関連作品も多く、映画「Shall we ダンス?」(監督:周防正行、96年)のメイン・テーマ、「東京日和」の音楽プロデュース(監督:竹中直人、98年/第21回日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞)ほか数多くのサウンドトラックを手がける。また、「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」「ピーター・ラビットとわたし」など子どもにも親しみやすい楽曲でも知られている。

近年のシティポップ・ブームで2ndアルバム「SUNSHOWER」が話題となり、2010年代には多くのアルバムがアナログ・レコードで再リリースされた。

大貫妙子 Official Home Page

大貫妙子 Official Facebook

大貫妙子 Official Twitter