石原詢子『ただそばにいてくれて』

演歌歌手・石原詢子の新境地
シンガーソングライター・古内東子作詞作曲
新曲『ただそばにいてくれて』 5月19日発売

石原詢子「ただそばにいてくれて」
Music Video (ショートバージョン)

【Spin-off MV】
石原詢子「ただそばにいてくれて」
Case.1 生まれてくれてありがとう

【Spin-off MV】
石原詢子「ただそばにいてくれて」
Case.2 独身農家に訪れた春

【Spin-off MV】
石原詢子「ただそばにいてくれて」
Case.3 高校二年生の放課後

イメージ&リリックビデオ

1988年のデビュー以来、『みれん酒』『ふたり傘』など数々のヒット曲を放ち、「紅白歌合戦」にも2度出場を果たした演歌歌手・石原詢子。紅白の他にも、NHKのテレビ番組でのレギュラー出演、テレビCMやプレイステーションのゲームソフトキャラクターへの抜擢、数々の音楽賞受賞などの経歴を持つ一方で、デビュー後の数年間は全国のカラオケ喫茶やショッピングモールで歌う日々を過ごすといった下積み時代も経験してきた。また、父親の遺志を継ぎ詩吟の家元として自身主催の教室で指導を行ったり、二葉百合子を師と仰ぎ、浪曲にも挑戦するなど、日本の伝統的な文化の伝承に努める活動も行ってきた。

そんな様々なキャリアを積みながら、演歌歌手としての地位を確立してきた石原詢子が新曲を発表する。

5月19日に発売される通算44枚目のシングル『ただそばにいてくれて』はシンガーソングライター・古内東子作詞作曲による書き下ろしの一曲。石原自身、その世界観が大好きだという古内に自らラブコール。これまでには、企画アルバムでのJ-POPカバーや、最近ではYouTubeで松田聖子『赤いスイートピー』を披露するなど演歌以外のジャンルの楽曲でのアプローチはあったものの、オリジナルシングルにおいて、シンガーソングライターから書き下ろしで楽曲提供を受けるのは今作が初めてとなる。

本人が「新たなこれからの石原詢子を見せていきたいと思って臨んだ一曲」と語り、自らSNSで発信する際にも「#新生」「#新たな旅立ち」といったワードをハッシュタグに付けるなど、シンガーとしての新境地の開拓に意欲を見せている。

プライベートでの石原は、昨年の夏から兄弟猫の「だいず」と「きなこ」を飼い始めた。コロナ禍で先が見えない不安の中、多くの人が家族や友人の大切さをあらためて感じたように、彼女にとって2匹の猫の存在は大きな心の支えになったという。

そんな想いを込めて歌う『ただそばにいてくれて』は、どんな人のそばにもきっとある大切な存在のように、聴く人の心に寄り添う一曲となっている。

2021年5月19日(水)発売
石原詢子『ただそばにいてくれて』
予約・購入特典決定!

【店頭別購入者特典】

2021年5月19日(水)発売となる石原詢子『ただそばにいてくれて』の店頭特典が決定いたしました!
対象となるCDショップ / オンラインサイトにてCD(MHCL-2901)、
カセット(MHSL-41)をお買い上げ頂いた方に、先着で下記の特典を差し上げます。
特典のお渡しはご予約者優先となり、各店舗で無くなり次第終了いたしますのでぜひ奮ってご予約ください。

  • 全国CDショップ / オンラインサイト特典:
    石原詢子オリジナル・マスクケース
    ショップ応援店特典

    対象店舗一覧はこちら

    ※全て数量限定・予約優先での先着順配布となります。
    ※特典は数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。予めご了承ください。
    ※対象店舗は一部を除きます。詳しくは各店舗までお問い合わせください。
    ※対象店舗以外での配布はございません。予めご了承ください。

  • Amazon.co.jp (ECサイト)特典:
    複製サイン入りメガジャケ(CDのみ)
    アマゾン特典

    Amazon予約・購入サイト

    もしくは、Amazon公式サイトから「石原詢子 ただそばにいてくれて」で検索してください。
    そして、【Amazon.co.jp限定】ただそばにいてくれて (メガジャケ(複製サイン入り)付) という商品をご選択ください。
    Amazon公式サイト https://www.amazon.co.jp

    ※商品名に、【Amazon.co.jp限定特典】の記載があるページからの購入のみが対象となりますので、お気をつけください。
    ※こちらはCDのみ対象となりますのでご注意ください。

石原詢子コメント

1年以上歌えない状況が続くコロナ禍の中、音楽業界も大きく変わり、私自身も〝今、みなさんに伝えたい音楽〟ということについてたくさん考えました。

今できること、今やりたいこと、今だからこそやるべきことを考えるうちに、シンプルに「何かみなさんの心が温まるようなメッセージソングを、そして辛いこの状況の中で心の支えとなってくれた人たちに〝ありがとう〟と歌を通じてお届けしたい!」と強く思うようになりました。

そこで私の大好きなシンガーソングライターの古内東子さんに、今の私の思いを伝え、新しい私を作るキッカケになる曲を作っていただきたいとお願いし、その私の気持ちを受けて、とても素晴らしい曲を仕上げてくださいました!

楽曲の制作を快く引き受けてくださったことに感謝しております。

『ただそばにいてくれて』は、まさに、私が思い描いていた〝ありがとう〟を伝えるメッセージソングとなりました。

家族、恋人、友人、会社の人達、ペットなど、心のよりどころとなり〝そばにいてくれた〟こと、支えになってくれたことへの〝ありがとう〟を、この歌でお伝えしたいです。

カップリング曲の『ひと粒』は、冒頭からインパクトのある歌詞で、〝THE古内東子節〟と言いますか、東子さんの持つ魅力の一つ〝やさしさ〟〝せつなさ〟〝いとしさ〟が、あらゆるところに散りばめられており、誰もが経験した恋心を綴った歌になっています。

聴いてくださる方の心に寄り添えるように……そして私を今も変わらず支えてくださっているみなさまの心に届きますように、大切に歌わせていただきます。

古内東子コメント

古内東子

最初に作曲のお話をいただいた時は、演歌歌手である石原詢子さんに歌っていただける曲を自分が作れるのか?と正直不安もありましたが、詢子さん御本人にお会いすると、そんなモヤモヤしたものはすぐさま何処かへ行ってしまいました。演歌ではなくポップスを歌うというチャレンジと変化を、実に前向きに果敢に捉えていらっしゃって、飾らない出立ちで颯爽とした詢子さんがそこにいたのです。

『ただそばにいてくれて』は、いただいていた「大切なもの」というテーマに沿いつつ、打ち合わせの日にスタッフの皆さんと談笑する詢子さんを拝見しヒントを得て作りました。初対面の私にもくっきりと見えるような、丁寧に織り成された絆のようなもの。それがきっと、色んな人や場所や暮らし、それぞれの大切なものたちと、更に年月を積み重ねながら繋がっていくのだなあと……その日はそんな思いを胸に、家に帰ったのをおぼえています。そうして出来上がった石原詢子さんへの曲は、私が作り続けてきた「恋愛」の歌ではありませんが、結果として「愛」でしかない一曲になりました。

一方カップリング曲の『ひと粒』は、THEな感じの切ないラブソングを歌っていただこうと、等身大の大人の女性の恋心を描きました。こちらの曲に登場するのは、やっぱりお着物姿の詢子さんもいいな、なんて思ったりもしながら。そんな妄想も楽しかったです。

この度は、本当に素敵な機会をいただき、ありがとうございました。どうかたくさんの方に届きますように!