「ソーゾーシー 傑作選1」 「ソーゾーシー 傑作選1」
「ソーゾーシー 傑作選1」
「ソーゾーシー 傑作選1」
「ソーゾーシー 傑作選1」
「ソーゾーシー 傑作選1」 「ソーゾーシー 傑作選1」
「ソーゾーシー 傑作選1」 「ソーゾーシー 傑作選1」
「ソーゾーシー 傑作選1」
「ソーゾーシー 傑作選1」

¥2,500(税込)CD 1枚組 MHCL-2937
オールカラー28Pブックレット付

解説:九龍ジョー
写真:吉松伸太郎

<収録演目>

  • 1 『小人十九(こびとじゅうく)』 立川吉笑
  • 2 『指定校推薦(していこうすいせん)』 春風亭昇々
  • 3 『地べたの二人 おかずの初日』 
    玉川太福 曲師:玉川みね子
  • 4 『多数決(たすうけつ)』 瀧川鯉八

2021/7/31 池袋演芸場収録

ソニーミュージックショップ
オリジナル先着特典

1stCD発売記念特製ポストカード

お買い求めは今すぐソニー・ミュージックショップへ

「ソーゾーシー 傑作選1」

ソーゾーシーをよろしくっ!

ファーストCD発売を記念し、各界の皆様からコメントをいただきました!!

春風亭昇太

創作話芸アソシエーション「SWA(すわ)」のリーダーであり
昇々さんの師匠でもある、春風亭昇太師匠からエールが届きました!

「よろしく、僕らの同志。」 春風亭昇太

 何故か日本という国は落語に限らず狂言や歌舞伎も、古典はいいが新作は鑑賞の対象外という空気があって、大人しく古典をやっている方がお利口さんに見える。
 しかし。
 そんな事では抑えきれない「自分から生み出した物語を表現したい」という欲求が有るから、どんな時代にでも、どんなジャンルでも、新しい作品にチャレンジする人が出てくるのだ。「ソーゾーシー」のように。
 どんなに御託を並べようが、新しい物を書いたことが無い人より、創っている人の方が純粋であるに決まっている。何か言いたいのなら一本書いてみなさいよ!である。創造した人こそ古典の素晴らしさも身に沁みるというもの。
 ゼロから物語を産み出す苦しみを知っている「ソーゾーシー」。
 彼らは弟子でも後輩でも無い。
 僕らの同志です。

春風亭昇太/SWA商品の一覧はこちら
https://www.sonymusicshop.jp/m/arti/artiItm.php?site=S&ima=5021&cd=71003771

サンキュータツオ

漫才師であり渋谷らくごキュレーター。文筆活動に大学講師の肩書まで。稀代のプレイングプロデューサー(&プロフェッサー)への道を着々と歩む才人、サンキュータツオさんからエールが届きました!

サンキュータツオ

 このユニットは一人勝ちしちゃうでしょ!ずるい組み合わせだよ!

 私が主宰する「渋谷らくご」にも出ていただいているメンバーですけれど、才能がほとばしっている4人。 全員、渋谷らくご大賞や渋谷らくご創作大賞の受賞者です。

 芸風も表現する内容も違うところが、かぶっていなくて素晴らしい。 よくぞこの4人が結集してくれたなと思っています。

 いってみれば小津安二郎とヒッチコックと山田洋次とスピルバーグが手を組んだようなもんです。 ハンバーグと寿司と天ぷらと鰻が出てくるようなもんですよ。 ゴールデンウィークと「文化の日」と盆と暮れが一緒に来てます。 酒と涙と男と女です。 ※だれがだれってわけではありません。比喩です。

 創作にキャリアは関係ないのはご存じの通りです。 あえていいます。いまこの人たちが落語シーンのトップランナーです。 この歴史的邂逅を、私たちは現代で直接目に触れ、こうして耳に触れることができる。 この幸せを嚙みしめたいと思います。

 孫の代まで持ってると自慢できるCDですよこれは! CDを出すのも難しい現在、こうして発売してくださった来福レーベルのヤマっ気にも感銘を受けています。

サンキュータツオ @39tatsuo
1976年生まれ、東京都出身。お笑いコンビ「米粒写経(こめつぶしゃきょう)」のつっこみ。渋谷らくご番組編成を手掛ける。一橋大・成城大・早稲田大非常勤講師。ワタナベエンターテインメント所属。

▲▲▲ CLICK ▲▲▲

「ソーゾーシー 傑作選1」 「ソーゾーシー 傑作選1」

創作話芸ユニット「ソーゾーシー」ファーストCDがついに発売となります。
瀧川鯉八・春風亭昇々・立川吉笑の落語家3人と浪曲師・玉川太福の4人によって2017年に結成された「ソーゾーシー」は、毎公演で新たなネタを創作し続けています。
そんな彼らが、現時点での最高作をそれぞれに自薦しCD収録。撮りおろしの写真満載のオールカラーブックレットには、九龍ジョー氏の解説文、本人による演目解説、玉川みね子師匠からの一言などを掲載。存分に彼らの魅力をお伝えします。
「ソーゾーシー」の今が詰まったまさに名刺代わりといえるファーストCDを、ぜひお楽しみください。