1980年代初頭、彗星のごとく音楽シーンに登場した佐野元春。ジャパニーズ・ポップロックの黎明期から40年経た今日まで、日本語ポップロック表現の可能性を広げ、今もなおシーンの最前線で走り続けているアーティストだ。

愛と自由を唄い、世の理不尽を嘆き、アウトローを擁護し、傷ついた魂に話しかけ、失ったイノセンスに涙する。文学的な領域に分け入り、多様な音楽ジャンルをまたぎながら、高い先進性と実験性をもって言葉とロックとの融合を果敢に行ってきた功績は大きい。

本作は、ザ・ハートランド、ザ・ホーボーキング・バンド、ザ・コヨーテバンドと長きにわたる軌跡の中で、エピック・レーベル在籍中の24年間(1980年 - 2004年)に発表した代表曲・重要曲を3CDに集約、全曲テッド・ジェンセンによるリマスター音源を使用し、佐野元春の名曲を最新の音質で楽しめるコレクションとなっている。

制作にあたってキュレーションは自身が手がけ、各時代の曲が一貫性を持って聴けるように細部にわたって編集。オリジナルを中心に「悲しきレイディオ」、「シーズン・イン・ザ・サン - 夏草の誘い」、「君の魂 大事な魂」、「太陽」は新たなミックスを収録、「新しい航海」は敢えてハートランド・バージョンを採用するなど推敲を重ね、現段階で最高のベスト盤としてまとめられている。

また、佐野元春40周年記念の一環として自身のレーベルであるデイジーミュージックからは、2005年以降のキャリアをまとめたベストアルバム『THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005 - 2020』が同時発売される。本作品と合わせることで40年間の名曲がすべて網羅されることになる。

本作には多くのファンに愛された曲がある。感動した曲、踊った曲、泣いた曲、考えさせられた曲、初めて聴く曲もあるだろう。もし、かつてどこかで佐野元春の音楽に「何か」を感じたことがある人は、ぜひ、このパッケージを手に取ってほしい。全世代に贈る厳選48曲。これまでのファンから次世代のファンへ繋ぐ名曲選集。佐野元春、永久不滅のベスト・コレクションだ。


佐野元春

MOTOHARU SANO GREATEST SONGS

COLLECTION 1980-2004

■初回生産限定仕様:三方背BOX、紙ジャケット、解説・歌詞付き156pブックレット

■Blu-spec CD2仕様、CD3枚組

2020年9月23日発売!

【初回生産限定盤】

品番:MHCL-30640~643
価格:¥5,000+税

Sony Music Shop
購入はこちら

【通常盤】

品番:MHCL-30644~646
価格:¥4,000+税

Sony Music Shop
購入はこちら


デザイン公開!

店舗、オンライン・ショップ特典

佐野元春デビュー40周年ロゴ入り「ポストカード」

2020年9月23日発売!

*デザイン(絵柄)は一種となり、ソニー・ミュージックダイレクト盤、ディジー盤各1商品につき1枚付きます。
*数量に限りがあり無くなり次第終了となります。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

応援店リスト

VOL.1:

MOTOHARU SANO GREATEST SONGS

COLLECTION 1980 - 1984

  1. アンジェリーナ ('99 mix version)
  2. ガラスのジェネレーション (Additional recorded version)
  3. スターダスト・キッズ (Additional recorded version)
  4. ダウンタウンボーイ ('99 mix version)
  5. 情けない週末 (Original version)
  6. モリスンは朝、空港で ('00 mix & radio edit version)
  7. シュガータイム (Radio edit version)
  8. ハッピーマン ('99 mix & radio edit version)
  9. 悲しきレイディオ ('20 re-mix version)
  10. 彼女 (Re-take 1991 version)
  11. サムディ (Original version)
  12. ロックンロール・ナイト ('99 mix version)
  13. グッドバイからはじめよう (Original version)
  14. コンプリケイション・シェイクダウン (Short edited version)
  15. トゥナイト (Short edited version)
  16. ニューエイジ (Short edited version)

VOL.2:

MOTOHARU SANO GREATEST SONGS

COLLECTION 1985 - 1992

  1. ヤングブラッズ (Album mix version)
  2. シーズン・イン・ザ・サン - 夏草の誘い (Alternate version)
  3. ジャスミンガール (Original version)
  4. 誰かが君のドアを叩いている (Radio edit version)
  5. ジュジュ (Original version)
  6. ワイルド・ハーツ - 冒険者たち (Original version)
  7. 新しい航海 (The Heartland version)
  8. ナポレオンフィシュと泳ぐ日 (Original version)
  9. スウィート16 (Radio edit version)
  10. レインボー・イン・マイ・ソウル ('99 mix & radio edit version)
  11. 雪 - あぁ世界は美しい (Radio edit version)
  12. 約束の橋 (Additional recorded version)
  13. ぼくは大人になった (Original version)
  14. クエスチョンズ (Original version)
  15. ボヘミアン・グレイブヤード (Original version)
  16. また明日 (Original version)

VOL.3:

MOTOHARU SANO GREATEST SONGS

COLLECTION 1993 - 2004

  1. ザ・サークル (Remix & Radio edit version)
  2. トゥモロウ (Edited version)
  3. エンジェル (Radio edit version)
  4. レイン・ガール ('99 mix version)
  5. 天国に続く芝生の丘 ('00 mix version)
  6. ヤア!ソウルボーイ (Original version)
  7. 経験の唄 (Original version)
  8. 楽しい時 (Original version)
  9. 君の魂 大事な魂 (Alternate version)
  10. 彼女の隣人 (Radio edit version)
  11. ヤング・フォーエバー (Original version)
  12. ロックンロール・ハート (Radio edit version)
  13. 風の手のひらの上 (Radio edit version)
  14. 希望 (Original version)
  15. 月夜を往け (Original version)
  16. 太陽 (Alternate version)

THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005 - 2020

ネット・ラジオ

伊藤銀次のPOP FILE RETURNS

佐野元春40周年スペシャル公開!

第336回 佐野元春40周年スペシャル(その1)

~ステージは学校のようなもの。毎日学んで、毎日改良していく編~

第337回 佐野元春40周年スペシャル(その2)

~情熱的に生きていれば、政治も恋愛も同じイシュー編~

伊藤銀次のPOP FILE RETURNS

佐野元春40周年フィルムフェスティバル第4弾

佐野元春 with THE HEARTLAND 1991アンプラグド・ライブ

「Goodbye Cruel World(さようなら残酷な世界)」

の配信が決定!

佐野元春が提唱して発足した、音楽制作者支援を目的としたオンライン・イベント「SAVE IT FOR A SUNNY DAY」。その一環として上映されている『佐野元春40周年記念フィルム・フェスティバル』。シリーズ第4回目の上映が決定した。

2020年10月21日(水)、開場20:30 / 開始21:00。上映タイトルは、佐野元春 with THE HEARTLAND 1991アンプラグド・ライブ『Goodbye Cruel World(さようなら残酷な世界)』。

1991年4月1日、日本で初めての民間衛星放送“WOWOW”がスタート。開局記念番組の一環として、佐野元春 ウィズ・ザ・ハートランドによる無観客ライブ ──スタジオ・セッションが衛星を通じて放映された。

収録は1991年3月1日、場所は、東京・木のアトリウム。セッションは深夜から早朝にかけておこなわれた。演奏曲は「クエスチョンズ」「ジュジュ」「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」など全10曲。

「Goodbye Cruel World ── さようなら残酷な世界」と題されたこのライブ。直前には中東での湾岸戦争が勃発し、国内外の緊張を背景としたセッションとなった。

佐野とバンドはこの番組のためにオリジナルに編曲を加え、当時国内ではまだ先駆的な試みだった‘アンプラグド'スタイルで演奏。ファンの間では長らくパッケージ化が望まれていたレアなライブの記録だ。撮影・監督は林渉が担当した。

配信は、ライブ番組の感覚で届ける一回限りのストリーミング特番。ライブ・コンサートと同じような体験を視聴者とシェアする。

当日は、セレクトショップ・ブランドBEAMSとのコラボレーションによる、オリジナル・ウェア/グッズも併売、上映と合わせてその収益は、佐野元春が提唱する「SAVE IT FOR A SUNNYDAY」を通じて、コロナ禍で困窮する音楽制作者支援の基金として役立てる。

佐野元春40周年記念フィルムフェスティバルHP

■タイトル:佐野元春40周年記念フィルムフェスティバルvol.4、佐野元春 with THE HEARTLAND 1991アンプラグド・ライブ『Goodbye Cruel World(さようなら残酷な世界)』

制作監督:林渉

■開催日時:2020年10月21日(水)開場20:30 / 開始21:00 (1回のみ配信 アーカイブ配信無し)

■上映時間:約60分

■料金:配信チケット 2,000円 / 寄付+配信チケット 3,000円

■配信チケット発売日時:2020年10月14日(水)12:00~10月21日(水)19:00

■主催・企画:デイジーミュージック

■プラットフォーム:Stagecrowd(ステージクラウド)

■制作協力:ソニー・ミュージックソリューションズ

■ 関連資料 :『佐野元春 40周年記念フィルムフェスティバル』
毎月1タイトル更新。アーカイブ映像や、未公開フィルム、新作ライブ・ドキュメンタリーなど、佐野元春関連の貴重な映像コンテンツを年末までマンスリーで配信。

チケット購入はこちら

オンラインイベント『SAVE IT FOR A SUNNY DAY』

佐野元春が提唱して発足した、音楽制作者支援を目的としたオンライン・イベント。テーマは「SAVE IT FOR A SUNNY DAY」。コロナ禍が明けた後の新しい日のために、今ある夢や計画を大事にしておこう、というメッセージが込められている。
セレクトショップ・ブランドBEAMSとのコラボレーションによる、オリジナル・ウェア / グッズを制作提供など、年末にかけてさまざまな催しを展開する。収益の一部はミュージシャン、レコーディング・スタッフ、コンサート制作スタッフなど、音楽制作者支援の基金として役立てる。

7