寺下真理子
Dolce
storia

ストラディヴァリウスで奏でる
甘く優しい音の物語
2023.3.1 CD release

寺下真理子『Dolce storia』

寺下真理子 
『Dolce storia』

2023.3.1 release
CD: MHCL-3019 / ¥3,000(税込)

2021年12月25日に泉佐野市立文化会館エブノ泉の森大ホールで行われたドラマティックコンサート(ヴァイオリン:寺下真理子、指揮:佐々木新平氏、管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団)のライヴ音源に加え、寺下真理子のオリジナル曲「Home of spirits」(作詞:みなづきみのり)を、ヴァイオリン寺下真理子、ピアノ水野彰子氏の演奏に、スペシャルゲストのレシテーションでスタジオ録音し1枚に収めてお届けします。

《収録曲》
  1. マックス・ブルッフ: ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調作品26
    Max Christian Friedrich Bruch : Konzert Nr.1 g-moll Opus 26
  2. ジュール・マスネ: タイスの瞑想曲
    Jules Emile Frédéric Massenet : Méditation de “Thais”
  3. J.S.バッハ: G線上のアリア
    Johann Sebastian Bach : Air auf der G-Saite
  4. ヴィットーリオ・モンティ: チャールダーシュ
    Vittorio Monti : Csárdás

    寺下真理子ドラマティックコンサート(2021年12月25日)
    ヴァイオリン:寺下真理子 指揮:佐々木新平 管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団
    泉佐野市立文化会館 エブノ泉の森 大ホール

  5. 寺下真理子: Home of spirits

《特典》

  • Amazon
    メガジャケ

    アマゾン特典
  • Sony Music Shop
    スリーブ(TypeB)

    Sony Music Shop特典
  • 応援店
    スリーブ(TypeA)

    応援店特典
  • コンサート会場限定
    スリーブ

    コンサート会場限定特典

Mariko Terashita
Concert
“Dolce storia”

2023.3.11 Sat.
@ Suntory Hall (Blue Rose)

アルバム『Dolce storia』のリリースを記念したコンサートを、2023年3月11日、サントリーホール(ブルーローズ)にて開催。

寺下真理子

Mariko Terashita

和歌山市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。
東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部卒業後渡欧し、ブリュッセル音楽院修士課程修了。宮崎国際音楽祭にて巨匠アイザック・スターン氏の薫陶を受け、五嶋みどり氏と記念コンサート(大阪NHKホール)にて共演を果たすなど幼少の頃より才能を発揮。第50回全日本学生音楽コンクール第2位。
第2回東京音楽コンクール弦楽器部門第2位(ヴァイオリン最高位)を受賞し注目された。
小澤征爾主宰のサイトウキネン室内楽勉強会、別府アルゲリッチ音楽祭に参加。

2015年メジャー初のCD『Ave Maria』をリリースし、高音質ハイレゾ音源配信サイトにて全ジャンルの中から第1位を獲得。
同年11月には初の海外公演を台湾で行い成功を収めた。
2017年、2枚目のアルバム『ROMANCE』をリリース。日本のみならず、韓国、台湾でも発売されている。

2014年に大桑文化奨励賞、和歌山市より平成29年度和歌山市文化奨励賞、和歌山県より令和4年度和歌山県文化奨励賞を授与された。

近年は、阿川佐和子氏、窪田 等氏と共に、独自の朗読とクラシック音楽、和楽器とのコラボレーションコンサートなども積極的に行っている。

これまでに、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、九州交響楽団など、日本の主要オーケストラと共演。
現在、Nippon violinより、ストラディヴァリウスを貸与されている。

寺下真理子 Official Web Site
https://www.mariko-terashita.com/

寺下真理子インスタQR