極!音楽映像万博 ーENJOY THE MUSIC!!ー

日本のミュージック・シーンを彩るトップアーティストたちの
傑作名演ライヴやミュージックビデオを期間限定でリスト公開!

「極!音楽映像万博」をストリーミングサービスで視聴するにはこちら → https://smdr.lnk.to/hvIjcu


第10弾

“夜のリスト”
VIDEO PLAYLIST

人気企画・大好評プレイリスト「極!音楽映像万博」第10弾は “夜のリスト”!
夏の夜は何かが起こりそうでドキドキする、特別な夜。
ドラマチックな夏の夜曲たちを聴いて、この短夜を楽しんで!


I LOVE YOU

尾崎豊

26歳の若さで非業の死をとげた伝説のアーティスト、尾崎豊。
没後30年にあたる2022年は全国各地で展覧会が開催され、メディアで記念特集が組まれるなど世代を超えて注目されるまさに永遠のロッカー。
代名詞ともいえるこのバラード「I LOVE YOU」は、1stアルバム『17歳の地図』に収録された珠玉の名唱。’83年秋、17歳の切なすぎるほどの一途な想いと瑞々しい感性が、のちに宇多田ヒカルら時代を代表するアーティストに歌い継がれる永遠の名曲を誕生させた。

【CD】LAST TOUR AROUND JAPAN YUTAKA OZAKI
Sony Music Shopで購入

尾崎豊 商品一覧

Get Wild *1分32秒short ver.

TM NETWORK

‘80sアニメ『シティーハンター』の主人公・冴羽獠がひと仕事終えると小室哲哉のピアノ・イントロが流れ、爆発音と一緒にそのままエンディング映像というお約束。
都会的な疾走感と解放感から「Get Wild退社」がトレンド入りするなど、発表から35年を経ても街中から、ヘッドフォンから、曲が鳴りやむことがないオール世代アンセム。
TM NETWORK(当時)としても初のトップ10入りを果たした初期代名詞のひとつで、様々なアレンジやミックスが施されたヴァージョンが存在する。

RASPBERRY DREAM

レベッカ

月の夜の下でどうか魅力をください、勇気をくださいと願う歌姫NOKKO。等身大の歌詞とヴォーカルは“ガールズ・ブラボー“な女性リスナーから圧倒的に支持され、ブレイク曲「フレンズ」からの連続大ヒット、’86年人気絶頂期のREBECCAアンセムの1曲となった。
土橋安騎夫が奏でる最新シンセサイザーで、ハイクオリティにロックすることを見事体現。当時オリジナル・アルバムに未収録だったこともシングル曲としての価値を高めた、トップofトップの人気曲。

【DVD】BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG -Complete Edition-
Sony Music Shopで購入

レベッカ 商品一覧

中央線

THE BOOM

沖縄音楽の要素を取り入れた「島唄」(’93年)や、極上の和製サンバ「風になりたい」(’95年)など数々のヒット曲を放つTHE BOOM。「中央線」は“日本“を意識したコンセプト・アルバム『JAPANESKA』(’90年)に収録された、隠れた超名曲(’96年にシングル発売)。
独特の世界観を持つ逸品で、矢野顕子のピアノ弾き語り名盤アルバム『SUPER FOLK SONGS』(’92年)でもカヴァーされている。
Jリーグ松本山雅の選手入場曲としても地元・長野のサッカーファンには有名。

【CD】89-09 THE BOOM COLLECTION 1989-2009
Sony Music Shopで購入

THE BOOM 商品一覧

SOMEDAY

佐野元春

アルバム『SOMEDAY』(’82)の表題曲。’80sポップ史上、そして日本のロック史上に燦然と輝く永遠の超名曲。喜怒哀楽の響きの全てを、奥行きのあるウォール・オブ・サウンドに集約した画期的作品。
佐野元春の既発曲にはいくつかのエディットやヴァージョンが存在するが、「SOMEDAY」だけは本ヴァージョンたったひとつしかない。ライヴでは盟友ドラマー・古田たかしがバスドラを踏んだ瞬間に“ハピネス”な空気が流れ、会場に一夜の魔法がかかる。

【CD】MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004
Sony Music Shopで購入

佐野元春 商品一覧

シングルベッド

シャ乱Q

♪今夜の風の香りはあの頃と同じで~♪
お金はなかったけどシングルベッドで過ごした恋と、切ない青春時代。
シャ乱Qのブレイクとなった名バラードで、’90年代を代表するこのバンドのサクセスストーリーの始まりを告げた曲。
発売は’94年10月。次シングル「ズルい女」(’95年3月)がチャートを駆け上がるなか再スポットが当たり、チャートでは最高9位ながらも54週ランクインのロングセラーとなった。
切なさと甘酸っぱさが同居する名曲。

【CD】GOLDEN☆BEST シャ乱Q
Sony Music Shopで購入

シャ乱Q 商品一覧

PASSION

SIAM SHADE

演奏は技巧かつハードなのに、メロディはキャッチーで親しみやすいSIAM SHADE。
「1/3の純情な感情」(’97年11月)でブレイクを果たす直前シングル(同7月)で、文字どおりパッションあふれるパフォーマンスはライヴでも盛り上がり必至のこれぞSIAM SHADEザ・ロック!
同世代メジャー・シーンでの追随を許さない超絶演奏アプローチは、ギターテクやベース&ドラムの最強リズムを例に出すまでもなく、多くの後進バンドにも影響を与えている。

【CD】SIAM SHADE XII ~The Best Live Collection~
Sony Music Shopで購入

SIAM SHADE 商品一覧

深夜高速

フラワーカンパニーズ

一発撮りTHE FIRST TAKEでのパフォーマンスも話題となった、鈴木圭介率いる“フラカン”。
「深夜高速」はインディーズ時代のアルバム『世田谷夜明け前』(2004年)の冒頭を飾った、知る人ぞ知る名曲。
ミュージャンの愛聴者も多く、2009年にはこの曲だけを13組(泉谷しげる、斉藤和義ら)が個々にリスペクト・カヴァーする前代未聞の企画盤も誕生。
フラカン2ver.をプラスした15曲の♪生きててよかった~♪はもはや伝説。
興味がある方はこちらもチェック。

【CD】新・フラカン入門(2008-2013)
Sony Music Shopで購入

【CD】Various「深夜高速-生きててよかったの集い」
Sony Music Shopで購入

フラワーカンパニーズ 商品一覧

SUPER FOLK SONG *映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』[2017デジタル・リマスター]ver.

矢野顕子

カヴァーを超えたカヴァー・アルバムとしてJポップス史に刻まれた傑作、『SUPER FOLK SONG』(’92年)の表題曲。オリジナルは作詞を手がける糸井重里への提供曲で、彼のヴォーカル・アルバム『ペンギニズム』(’80年)に収録。
渋谷の津田ホールと長野県松本市ザ・ハーモニーホールにて敢行された、歌とピアノだけのいわゆる“一発録り“。録音時の凄まじい緊張感と圧倒的な臨場感は、この同名映画からの映像だけでもしかと伝わる。

【BD】SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~(2017デジタル・リマスター版)
Sony Music Shopで購入

矢野顕子 商品一覧

「極!音楽映像万博」をストリーミングサービスで視聴するにはこちら → https://smdr.lnk.to/hvIjcu

第9弾

“Cheer Me!!”
VIDEO PLAYLIST

人気企画「極!音楽映像万博」第9弾は “Cheer Me!!”
これから本格的な夏を迎える今、たくさんの有名アーティストのビデオ作品の中から自分を元気にする曲たちを集めてみました。
全10曲のなかで、今回5曲が無料エリア初公開。お楽しみあれ!


君は天然色

大滝詠一

世界的ムーヴメント、国内外の注目が冷め止まないシティポップ。その金字塔にも数えられ、Jポップ史に燦然と輝く大滝詠一の名盤『A LONG VACATION』(’81年)。そのオープニングを飾るエヴァーグリーン。
印象的なドラムスティックから演出する奥行きのあるサウンドはリスナーを無限のポップス世界に誘う。綿密に計算されたフィル・スペクターへのオマージュを昇華する日本版ウォール・オブ・サウンドの魔法は、40年の時を経ても解けることがない。

【CD】A LONG VACATION 40th Anniversary Edition
Sony Music Shopで購入

大滝詠一 商品一覧

風は西から

奥田民生

永遠のイージュー★ライダー、奥田民生が2013年に発表した25thシングル。
民生のホームタウン広島の自動車メーカー、マツダとのタイアップで誕生した文字通りドライヴにぴったりの痛快ナンバー。街中の公道を走り抜けるBGMにも最適で、軽やかなギターソロは本人のプレイ。
歌詞最後の「心はいま赤いぜ」は、説明不要の広島カープ愛がさく裂!事故テストのダミー人形が主役のミュージックビデオは愛嬌のある必見の逸品だ。

奥田民生 商品一覧

1/2

川本真琴

2022年2月にソニー楽曲全曲配信が話題になった川本真琴。
あふれだす言葉を短い小節に詰め込む個性的なシンガーソングライターの代名詞となったこの「1/2」は約75万枚のセールスを超え、’97年を代表するJポップとなった。
発売当時『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の2代目オープニング曲でアニメファンの間でも根強い人気を誇り、中川翔子は神曲のひとつとしてカヴァー・アルバムにも収録している。
川本が屋根の上でアコギをがむしゃらにかき鳴らす、このミュージックビデオも大人気。

【CD】川本真琴
Sony Music Shopで購入

川本真琴 商品一覧

月とSNAPSHOTS

鈴木祥子

‘90年代前半にフェミニンなヴォーカルで同世代から人気を得た鈴木祥子が、一転’70s洋楽バンド好きを唸らした痛快作『SNAPSHOTS』(’95年)。リード曲「月とSNAPSHOTS」はクイーンのロジャー・テイラーに憧れたドラマーでもある彼女らしいロックなアプローチで、そのなかに飛び切りなポップ・センスがこぼれる。
ちなみに松田聖子のシングル「We Are Love」(’90年)、小泉今日子の名曲「優しい雨」(’93年)の作曲を手がけたのもこの方。

【CD】SHO-CO-SONGS collection 3
Sony Music Shopで購入

鈴木祥子 商品一覧

負けるもんか

バービーボーイズ

大人の恋愛模様を描くKONTAと杏子の男女ツインヴォーカル。多くの作曲を手がけるいまみちともたかの疾走感あるギタープレイで、多くのファンを虜にした’80sロックレジェンド。
彼らの人気に火を付けた’86年の4thシングル「負けるもんか」はサビ前まで杏子の女性目線でストーリーが綴られ、サビに入ると満を持してKONTAの男声がさく裂する、勝つか負けるかの駆け引きが秀逸。スリリングな展開を演出するエンリケ(ベース)と小沼俊明(ドラム)のリズム隊もお見事!

【CD】Freebee
Sony Music Shopで購入

バービーボーイズ 商品一覧

RUNNER

爆風スランプ

発売から優に30年。世代を超えてティーンやスポーツ応援の定番として愛され続ける、走り続ける名曲。
スキンヘッド&サングラスのサンプラザ中野(当時)の放送コードぎりぎりの過激パフォーマンスから、当初コミックバンドとして認知されていた爆風スランプ。力強いメロディと中野の歌唱力を前面に押し出したこの直球ナンバー「RUNNER」で、実力派バンドの仲間入り。
当時脱退を表明した江川ほーじん(ベース)に捧げる曲だったいうエピソードを意識して聴くとさらに胸アツ。

【CD】GOLDEN☆BEST / 爆風スランプ
Sony Music Shopで購入

爆風スランプ 商品一覧

これが私の生きる道

PUFFY

2021年にデビュー25周年を迎えた女性ヴォーカルユニット、PUFFY最大のヒット曲といえばコレ。デビュー曲「アジアの純真」に続き奥田民生がプロデュース。
ビートルズ楽曲群をモチーフに多くのフレーズを散りばめた遊び心満載の1曲。そんなことは知りませ~んと言わんばかりのAmi Yumiの緩さが気持ちいい。
ちなみに「これが私の生きる道」の漢字を音読みすると、発売当時タイアップしたCM企業の“資生堂“になる。作者の民生曰く偶然らしいが、その真相やいかに。

【CD】PLAYLIST~PUFFY 25th Anniversary~
Sony Music Shopで購入

PUFFY 商品一覧

Hold On Me

小比類巻かほる

1980年代後半から’90年代にかけて、R&B・ゴスペルに裏打ちされる日本人離れしたパワフルな歌声でJポップシーンのフロントを飾った“kohhy“。沢口靖子&陣内孝則のドラマ『結婚物語』のことは覚えていなくても、主題歌だったこの歌声に聞き覚えがあるリスナーは多いはず。あのプリンスが認めた非凡な歌声はダテじゃない。
イントロのギターカッティングと中盤のエモーショナルなサックス導入はアレンジャー土屋昌巳(一風堂)のポップ・センスが光る。

【CD】CD & DVD THE BEST 小比類巻かほる~20th Anniversary Selection
Sony Music Shopで購入

小比類巻かほる 商品一覧

ガールズブラボー!(『REBECCA LIVE '85 -MAYBE TOMORROW Complete Edition-』 ライブ映像)

レベッカ

最新シンセサイザーでロックすることを体現した’80年代を代表する大人気バンド、レベッカ。煌びやかなサウンドの水を得た“人魚“のごとく自由に泳ぎまくるNOKKOのヴォーカルは新しい時代を予感させた。
大ブレイク曲「フレンズ」とは異なる表情の、あどけない少女のようなシャウトは快活’80sガールズ・アンセム!
オリジナル本曲を含むアルバム『REBECCA Ⅳ ~Maybe Tomorrow~』は130万枚を超えるベストセラーとなった。

【CD】REBECCA LIVE '85 -MAYBE TOMORROW Complete Edition-
Sony Music Shopで購入

レベッカ 商品一覧

風になりたい

THE BOOM

沖縄を舞台にしたNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』でメイン・キャストとなっている宮沢氷魚(’94年生誕)、彼の実父・宮沢和史が率いたバンドTHE BOOMが’95年に発表した人気曲。
沖縄音楽の要素をふんだんに取り入れた超有名曲「島唄」に対し、この「風になりたい」では多くのパーカッションを導入し極上の和製サンバを創り出した。
名盤アルバム『極楽サンバ』のリード曲でもあり、高揚感に浸れるサンバのリズムとキャッチーなメロディは多くのアーティストやCMにもカヴァーされている。

【CD】89-09 THE BOOM COLLECTION 1989-2009
Sony Music Shopで購入

THE BOOM 商品一覧

「極!音楽映像万博」をストリーミングサービスで視聴するにはこちら → https://smdr.lnk.to/hvIjcu

0123456789.,