ニュース

【DJ OSSHY】本日公開! 好評連載 「TOKYOの未来に恋してる!」第45回【対談⑫ 角松敏生[中編]】2021年のライヴ配信の在り方を熱く語る!!
update

【DJ OSSHY】本日公開! 好評連載 「TOKYOの未来に恋してる!」第45回【対談⑫ 角松敏生[中編]】2021年のライヴ配信の在り方を熱く語る!!

otonano人気「TOKYOの未来に恋してる!」の大好評“対談”シリーズ。①角松敏生、②ブラザー・コーン(バブルガム・ブラザーズ)、③マイケル・フォーチュナティ、④西寺郷太(NONA REEVHOU、⑤横山剣(CRAZY KEN BNAD)、⑥レイ・パーカーJr.、⑦LiLiCo、⑧クリス松村、⑨荻野目洋子、⑩早見優、⑪大友康平さんに次ぐ12人目のゲストとして、アンコール登場のリクエストが多かった角松敏生さんの再登場です。3回にわたってお届けする新春スペシャル対談!!! 今回は新型コロナ時代のライヴ配信の在り方を提言する[中編]をお届けします。


DJ OSSHY 前編では角松さんの2020年を振り返ってきたわけですが、未曾有の1年に驚くほど濃密な活動や挑戦を続けてこられました。その前編の最後でも触れましたが、コロナ禍でミュージシャンはライヴができなくなり、無観客でライヴを配信するという選択をする方々が増えています。私も現状では無理だと判断して、来てくれるお客さんの健康を第一に考えて配信に切り替えました。やはり生のライヴがいいという声が多く、その意見ももちろん理解できますが、配信ならではの利点もあるということに気がついたのですが、角松さんはいかがでしょうか?

角松敏生 ライヴ配信に関しては、コロナでライヴができなくなっていきなり世の中がこれからは配信だ、配信だって言い出したタイミングで、何を騒いでるんかなぁって思ってましたよ。OSSHYさんが言われたように配信は生のライヴには勝てるわけがなく、限界があるんです。配信なんてものはね、TVやラジオみたいにぱっと点けたら誰もが同じ環境で平等に視聴できるものじゃない。映像がフリーズしてしまったりね。そういう理(ことわり)、知識や経験がないユーザーに配信、配信って言っても不親切なだけなんですよ。特にぼくのファン層は年齢が高めで、成熟した大人だからこそ逆に情報に振り回される世代でもある。「耳年増」ってやつかな。臆病でもある反面、経験値があるので主張も強いから、ある意味文句も多い(笑)……

 この対談の続きはotonanoサイト内、DJ OSSHY「TOKYOの未来に恋してる!」第45回【対談⑫ [前編]角松敏生[中編]】でお楽しみください!



↑↑↑↑【DJ OSSHY連載】「DJ OSSHY TOKYOの未来に恋してる!」はこちら↑↑↑↑