ジャズメガネ&島田奈央子 今夜も大いいトークス

今夜も大いいトークス 第134回 SPECIAL!! テッド・ジョイア:著『ジャズ・スタンダード 聴いて弾いて愉しむ252曲』特集(翻訳家・鈴木潤さんをゲストに迎えて)
2021/12/08 配信

【オンエア曲】

M1 デューク・エリントン楽団 / ムード・インディゴ

M2 ローズマリー・クルーニーとデューク・エリントン楽団 / ソフィスティケイテッド・レディ

M3 カウント・ベイシーズ・カンザス・シティ・セヴン / レスター・リープス・イン

M4 トミー・ドーシー楽団とザ・センチメンタリスツ / オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート(明るい表通りで)

エンディング
デューク・エリントン楽団 / シングス・エイント・ホワット・ゼイ・ユースト・トゥ・ビー(昔はよかったね)



テッド・ジョイア:著 鈴木潤:訳

『ジャズ・スタンダード 聴いて弾いて愉しむ252曲』

みすず書房:刊
A5判・688ページ
ISBN:978-4-622-08772-4
価格:\9,900(税込)
詳細はこちら



鈴木潤:
翻訳家。神戸市外国語大学英米学科卒。訳書にショーン・ステュアート『モッキンバードの娘たち』(東京創元社)、クリステン・ルーペニアン『キャット・パーソン』(集英社)、シオドラ・ゴス『メアリ・ジキルとマッド・サイエンティストの娘たち』(共訳、早川書房)、クロエ・ベンジャミン『不滅の子どもたち』(集英社)、アン・タイラー『ヴィネガー・ガール』(集英社)、テッド・ジョイア『ジャズ・スタンダード』(みすず書房)などがある。



スリー・ブラインド・マイス・シュプリーム・コレクション1500

第16期リリース 2021年11月24日発売

詳細はこちら

▼画像クリックで拡大






エッセイ:ジャズメガネのセンチなジャズの旅はこちら

出演者プロフィール

パーソナリティ紹介

渡辺康蔵
渡辺康蔵
ソニー・ミュージックダイレクト勤務。
日野皓正、ケイコ・リー、TOKUなどのプロデュースを務める。
サックス奏者としても活動中。雑誌「JAZZ PERSPECTIVE」で小説「ジャズメガネの事件簿」連載中。
・Jazz Perspective
島田奈央子
島田奈央子
音楽ライター、プロデューサー。 Something Jazzy や女子ジャズ でジャズの世界観を広げ、最近では、信州ジャズ、ナナマリ“八ヶ岳南麓ボッサ”などをプロデュース。
・島田奈央子オフィシャル・ウェブサイトはこちら
・Something Jazzyウェブサイトはこちら
・信州ジャズ ウェブサイトはこちら
・ナナマリ“八ヶ岳南麓ボッサ”ウェブサイトはこちら

ジャズメガネ&島田奈央子 今夜も大いいトークスへのご意見、ご希望

ご意見・ご希望

お住いの都道府県

年齢

性別

ラジオネーム(任意のニックネーム)