伊藤銀次のPOP FILE RETURNS おかわりリクエスト

第352回「木﨑賢治『プロデュースの基本』」特集(その1) ~銀次さんに求めたのはフレッシュさだった編~ ゲスト:木﨑賢治(音楽プロデューサー)
2020/12/18 配信
<<配信終了>> 再配信リクエスト受付中!こちらのフォームから

◆INFORM0TION◆



木﨑賢治『プロデュースの基本』【インターナショナル新書】

新書判/256ページ
ISBN:978-4-7976-8062-1
詳細はこちら 集英社インターナショナル ウェブサイト

明日から応用できる、本当に役に立つ仕事術!

名音楽プロデューサーがヒット量産50年の智恵を惜しみなく伝授、どんな職種にも応用自在の画期的仕事術。
著者は、沢田研二、吉川晃司、大澤誉志幸、槇原敬之、トライセラトップス、BUMP OF CHICKENなどのそうそうたるアーティストをプロデュース。阿久悠、平尾昌晃、松本隆などのクリエイターとも仕事し、ヒットを量産してきた。70代の今も現役で、20代のアーティストも手がけている。
本書には、著者が編み出した「法則」が満載。“キュンとくる仕組みを数学的に分析”“慣れない手順がパワーを生む”“次に繋がる断り方”など、目から鱗の仕事術や、コミュニケーション術、さらにクリエイティブであるための心得にも言及する。アーティストやクリエイターとの制作現場の興味深いエピソードも掲載。楽しく読めて、座右の書になる1冊。




大沢誉志幸『CONFUSION』

品番:MHCL-30024
価格:¥1,800+税
ご購入はこちら Sony Music Shop

1984年リリース。「そして僕は途方に暮れる収録アルバム。ハスキーでソウルフルな歌唱を誇るヴォーカリストとして多くのヒットをもち、作曲家としても沢田研二の「おまえにチェックイン」「晴れのちBLUE BOY」、中森明菜の「1/2の神話」を始めとし提供曲多数。特に作詞家(エッセイストとしても活躍)・銀色夏生とのタッグは高い評価を得ている。 2013年リマスター音源。


安藤秀樹『GOLDEN☆BEST Limited 安藤秀樹 ~ダウンタウンからの贈り物』

品番:DQCL-646
価格:¥3,000+税
ご購入はこちら Sony Music Shop

1986年10月デビュー、今年デビュー30周年を迎える安藤秀樹。”さすらいの吟遊詩人”と称された彼の作品は、オリジナルばかりでなく、他アーティストへの提供曲(「RAIN- DANCEがきこえる」等)も高く評価された。本作はアニバーサリーイヤーを記念して、4thアルバムまでの楽曲で構成するベスト盤。未発表曲「キャンドル」を含む全15曲は、多彩なメロディに導かれ情感豊かな世界を描く名曲の数々、われらがダウンタウンヒーローの傑作選である。


★MORE INFORMATION
BRIDGE ALLIANCE



◆銀次のオススメ◆



『Love 80's -Ultimate J-POP Best』【タワーレコード限定】

品番:MHC7-9
価格:¥3,200+税
ご購入はこちら TOWER RECORDS ONLINE

1980年代のJ-POPをテーマにしたコンピレーション『Love 80's -Ultimate J-POP Best』11月27日タワーレコード限定発売
1980年代のJ-POPをテーマに、時代を超えた選りすぐりの名曲、数多くのカヴァーを生んだエヴァーグリーンをタワーレコードのバイヤーが2枚組CDに厳選収録した究極のコンピレーション!2020年最新リマスタリング。
タワーレコード限定販売。トキメキが止まらない!?
松田聖子がデビューした1980年、YMOが「ライディーン」を発表。寺尾 聰「ルビーの指環」が大ヒットした1981年、放送を開始したMTVが歴代1位に選んだ「スリラー」を含むマイケル・ジャクソンの『スリラー』が1982年に発売され、音楽史上最高売上を記録。1983年、デジタル・シンセYAMAHA DX7が発売、,,,,,etc。
音楽シーンが飛躍的に成熟し、現在に繋がる音楽の革命が次々と起こった1980年代。そして、今、現在、シティポップが世界的ムーヴメントとなり、デジタル・サウンドがヒット・チャートを席巻し、『ストレンジャー・シングス』が配信ランキングでトップになるなど最新の音楽シーン、カルチャーでは「80'S」はもはや、普遍的かつ、最も影響力のあるテーマとなっている。
この2枚組CDでは、松任谷由実 参加作品、YMOファミリー参加作品、山下達郎関連作品、竹内まりや関連作品、大村雅朗参加作品、小室哲哉参加作品、松田聖子、渡辺美里、佐野元春、THE TIMERS(忌野清志郎 他)、今井美樹、薬師丸ひろ子、原田知世、西城秀樹.......まで。 ジャンルも背景も違う名曲の中から、「サウンド」「グルーヴ」を基準に、時代を超えた選りすぐりの名曲ばかりを厳選収録! DIGればDIGるほど面白い、奥深い内容。レア音源にも注目!未配信楽曲/プレイリストでも試聴困難な楽曲も収録。(*一部、1980年代以外の楽曲も含む。)
ストリーミングや配信は便利だけど、圧縮音源は疲れるし、音質もカンベンだから、2020年リマスタリング音源使用CDの良い音で聴きたい! カバー・イラストレーションは漫画家、イラストレーターの江口寿史によるもの。(CD 2枚組 /33曲収録 /2020年リマスタリング音源使用 /歌詞付)(*一部、1980年代以外の楽曲も含む。)

TOWER RECORDS ONLINE - ♡80'sキャンペーン ウェブサイト



放送後記

 今週と来週は、音楽プロデューサーの木﨑賢治さんをゲストにお迎えしてお届けいたします。沢田研二、吉川晃司、大澤誉志幸、槇原敬之、トライセラトップス、BUMP OF CHICKENなどなど、これまでに数多くのアーティストのプロデュースを手掛け、ヒット曲を量産してきた木﨑さん。もちろん銀次さんも沢田研二さんの作品から関わり始め、初期のソロ・アルバムのプロデュースも木﨑さんが手掛けているなど、そのヒストリーにはなくてはならない人物のおひとりでもあります。このたび約半世紀におよぶそのキャリアで培ったノウハウをまとめた新書『プロデュースの基本』を刊行したばかり。ということで、およそ6年半ぶりに再度ご出演いただきました。『プロデュースの基本』には先に挙げた数多くのアーティストとのエピソードもありますが、ビジネスの現場をはじめとするさまざまな局面で役に立ちそうな発想法が書かれた実践的な一冊に仕上げられています。今回はそんな木﨑さんならではの発想に、銀次さんが鋭く斬り込んでいきます。

 そして、番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしております。ご意見、ご感想、こんなゲストを呼んでほしいというリクエストなどなど、何でも結構です。どしどしお寄せください! このページのメッセージフォームからお送りいただけると幸いです。





●次回予告
2020年12月25日更新予定
第353回「木﨑賢治『プロデュースの基本』」特集(その2)
~ヒットしたものにはどれもいい意味での“裏切り”がある編~
ゲスト:木﨑賢治(音楽プロデューサー)



伊藤銀次のWINTER WONDER MEETING 2020 【Streaming+(配信)】チケット発売中!

12月26日に行われる毎年恒例の“WINTER WONDER MEETING”。今年はライヴ配信も行われます。ぜひご覧ください!

⭐︎ 伊藤銀次のWINTER WONDER MEETING 2020
■日時:2019年12月26日(土)
■出演:伊藤銀次(Vo.GTR)、六川正彦(Bass)、細井豊(Keyboard)、上原ユカリ裕(Drs)、田中拡邦(E.G)
■ゲスト:杉真理、楠瀬誠志郎
■配信開始:19:20/演奏開始:19:30
■視聴券:¥2,000
■配信販売期間:2021年1月1日20:00まで
■視聴期間:2021年1月1日23:59まで
■チケット申し込みはこちら→ イープラス



出演者プロフィール

伊藤銀次
伊藤銀次(いとう ぎんじ)
1972年、バンド"ごまのはえ"でプロ・デビュー。プロデュース依頼が切っ掛けで大瀧詠一と出会い、はっぴいえんどの解散コンサートに"ココナツ・バンク"として出演するが、ほどなく解散。その後一時期、"シュガー・ベイブ"に在籍し、名曲「DownTown」を山下達郎と共作、また大滝詠一、山下達郎と共に『Niagara Triangle Vol.1』に参加。1977年に初のソロ・アルバム『Deadly Drive』をリリース。その後はアレンジャー/プロデューサーとして沢田研二、アンルイスなど数々のアーティストを手掛ける傍ら、佐野元春のバンド"The Heartland"のギタリストとしても活動。
ソロ・アーティストとして『Baby Blue』『Sugar Boy Blues』『GET HAPPY』『LOVE PARADE』等を発表。1990年代以降はプロデューサーとして手掛けたウルフルズが大ヒットを記録。2007年からは、「I STAND ALONE」という弾き語りライヴを各地で開催し好評を得る。また杉真理らとの"マイルドヘヴン"や、L⇔Rの黒沢秀樹との"uncle-jam"など新たなバンド/ユニット活動も開始。
そしてデビュー40周年を迎えた2012年、ベスト・アルバム 『伊藤銀次 GOLDEN☆BEST~40th Anniversary Edition~』をリリース!
オフィシャルブログ:「SUNDAY GINJI」
RIO
RIO(リオ)
1974年 三重県生まれ4人姉妹の末っ子
1983年 小学校3年生の時、お絵描き教室の先生にANDY WARHOLの作品集を見せてもらい衝撃を受ける。
1989年 中学校を卒業し、ようやく念願のアメリカへ単身渡る。
1992年 The Cambridge school of Westonを卒業。
東海岸の芸術大学への奨学金制度をもらうが、寒さのあまりカリフォルニアへ。
西海岸カリフォルニア、サンフランシスコのThe Academy of Art college入学
1994年 大学を修了 / オーストラリアへ
1995年 帰国し大阪で輸入の仕事や営業ウーマンを経験
1998年 アルバイトをしながらバンドを組み、ライブをやっていた時にラジオ関係者に声をかけられラジオの世界へ。
大阪を中心に名古屋のZIP-FM、JFN全国ネットなど、FMラジオのDJやMCとして順調に活動していたが
2014年 大阪を離れ、上京。
現在は画家の活動を中心にラジオの番組も続けている。
ラジオDJやMCなどメディアの仕事ではRIOとして活動。
画家としてはRIO UMEZAWAとして活動。
Rio Umezawa Official Web Site
--アーカイブ配信 パーソナリティ紹介--
土橋一夫(どばし かずお)
テイチク等を経て(有)シャイグランス代表となり『Groovin'』を創刊、また"Surf's Up Design"を設立しアート・ディレクターとしてジャケットや書籍等を多数手掛ける。ディレクターとしては杉真理、村田和人、玉城ちはる等の新作、細野晴臣、伊藤銀次、杉真理、須藤薫、村田和人、フィル・スペクター関連やA&M等の再発を担当。著書に『ジャケガイノススメ』、編・監修書に『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』等がある。K-MIX「ようこそ夢街名曲堂へ!」のパーソナリティ/構成を担当中。FLY HIGH RECORDS主宰。
能地祐子(のうじ ゆうこ)
東京生まれ。大学時代から音楽ライターの仕事を始め、現在に至る。音楽誌を中心に、ロックからJ-POP、アイドル歌謡までジャンル問わず評論、紹介記事を執筆中。音楽以外の趣味は、野球観戦。

伊藤銀次のPOP FILE RETURNS おかわりリクエストへのご意見、ご希望

ご意見・ご希望

再配信リクエストの際は必ず放送回番号をご記入下さい。
(例「第○○回の再配信希望」)

お住まいの都道府県

年齢

性別

ラジオ・ネーム(任意のニックネーム)

バックナンバー