桃月庵白酒の「白酒のキモチ。」

第百十八回「トリをとりたいが、弟子達が。」
2020/09/01 配信

 更新が遅れて申し訳ありません。桃月庵白酒WEBラジオ第118回更新です。

「白酒のハナシ。」での8月に第一回が行われた白酒師匠自らが企画する横浜にぎわい座での新たな会「月刊白酒寄席」について、「とうげつアンサー」で鈴本演芸場与一会での五街道雲助師匠注目発言の報告、ドラマ古畑任三郎出演時の懐かしい思い出話など、今回も盛りだくさんの内容でお届けします。スケジュール以外はほぼ平常運転にもどったゆるい大人の世間話をぜひお楽しみください。

 そろそろ暑さも峠を越したかと思いますが、皆さん、心身ともに健康に十分にご留意しお過ごしください。番組への感想、ご質問、ご相談、ご要望をお待ちしています。次回第119回更新は9月中旬ごろに更新予定。こちらもぜひお楽しみに。



◆絶賛発売中。映画『幕末太陽傳』テーマのスペシャル演芸会がDVDに!!◆




お江戸@ハート幕末太陽傳の巻【DVD BOX(4枚組)&単巻DVD①~④巻】

立川志らく・柳家喬太郎・春風亭一之輔ほか当代人気の豪華落語家たちによる珠玉の演目を収録!

価格:DVD BOX:¥12,000+税/DVD(各巻):¥3,000+税
ご購入はこちら Sony Music Shop

<収録内容>
【お江戸@ハート幕末太陽伝の巻 DVD BOX】
DVD単巻①②③④
【お江戸@ハート幕末太陽伝の巻①】
柳家喬太郎「品川心中」「文七元結」/桃月庵白酒「文違い」
【お江戸@ハート幕末太陽伝の巻②】
立川志らく「品川心中」/立川志らら「お見立て」/高田文夫&松村邦洋「幕末太陽傳トーク」
【お江戸@ハート幕末太陽伝の巻③】
柳家わさび「亀田鵬斎」/橘家文蔵「文七元結」/春風亭一之輔「居残り佐平次」
【お江戸@ハート幕末太陽伝の巻④】
坂本頼光 活弁「血煙高田の馬場」(1928)/坂本頼光 活弁「弥次喜多 尊王の巻」(1927)
寒空はだか 漫談「地下少年メトロ」 「東京タワーの歌」ほか/映像特典「幕末太陽傳」ダイジェスト映像
※ディスク①~③は公演日順に収録。

『お江戸@ハート幕末太陽傳の巻』スペシャルサイト



◆桃月庵白酒師匠出演の落語会◆


★横浜にぎわい座で5か月連続桃月庵白酒新シリーズ開催!当日券もしっかりとご用意!!★
9/3 月刊白酒寄席 9月号
横浜にぎわい座 ウェブサイト


★まずはここから生演芸を取り戻すのは、いかがでしょう。★
9/11~20 九月中席昼席 桃月庵白酒主任興行
新宿末廣亭 ウェブサイト


★ざぶとん亭風流企画主催 桃月庵白酒独演会情報★


9/12 桃月庵白酒独演 夜長月の白酒噺
渋谷区文化総合センター大和田内 伝承ホール

ざぶとん亭風流企画 ウェブサイト




※上記掲載の落語会ですが、すでに売り切れになっている場合もございます。何卒ご了承ください。



出演者プロフィール

桃月庵白酒と馬場憲一
桃月庵白酒(とうげつあんはくしゅ)
本名:愛甲尚人(あいこうなおと)
1968年12月26日 鹿児島生まれ。
1992年04月 五街道雲助師匠に入門 前座名「はたご」。
1995年06月 二ツ目昇進 「喜助」と改名。
2005年09月 真打昇進し三代目「桃月庵白酒」を襲名。
毒をまぶした現代的なまくらからの古典落語を聴かせ、寄席やホール落語会で大人気沸騰中。TV番組「噺家が闇夜にコソコソ」や映画「ぼんとリンちゃん」に出演するなど、高座を離れた分野でも大活躍している。まさに噺家になるために生まれてきた男。古今亭の輝きを継承するいまをときめく落語家さんです。
馬場憲一(ばばけんいち)
さぶとん亭風流企画主宰のフリープロデューサー。
『風流tokyo堂』名義で 春風亭昇太・細野晴臣、柳家喬太郎・田中泯、桃月庵白酒・林家彦いち・高田漣・鉄割アルバトロスケットなど主催、放送作家松田健次との『らくご@座』で春風亭一之輔の無茶ぶられ等企画制作。『立川志の輔・玄侑宗久 面白らくご問答』(文春文庫)、『桃月庵白酒 壺中の天』(白夜書房)、『立川生志ひとりブタ』(河出書房新社)などの出版企画や編集を手がける。
とてもおもしろいおじさん。ざぶとん亭 風流企画ホームページ

桃月庵白酒の「白酒のキモチ。」へのご意見、ご希望

ご意見・ご希望

お住いの都道府県

年齢

性別

ラジオネーム(任意のニックネーム)