OUTLINEザ・ローリング・ストーンズ ライヴ・フィルム『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪

OUTLINE

ザ・ローリング・ストーンズ
『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』(HDリマスター版)
一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪

ザ・ローリング・ストーンズ

今から遡ること約38年前の1981年9月。世界的ロック・バンド、ザ・ローリング・ストーンズがアルバム『刺青の男/Tattoo You』(1981年8月30日リリース)を引っ提げ全米50ヵ所を回ったツアーは、各地でチケットが発売と同時に即完売となった。総動員数265万人を記録したこの熱狂のツアーを、映画『夜の大捜査線』でアカデミー編集賞に輝き、映画『帰郷』などで知られる名匠ハル・アシュビー監督が撮影。会場を埋め尽くす大観衆の熱気と風船や花火を使ったド派手なステージ演出を、バックステージの様子なども絡めながらひとつの作品にまとめ上げている。それが本作『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』。「サティスファクション」「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」「夜をぶっとばせ」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」など、彼らの代表曲含む全25曲を収録。その20年におよぶ歴史を彩る名曲の数々と80年代初頭の興奮を真空パックしたライヴ・フィルムとなった。4月4日(木)Zepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)にて、この『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』のライヴハウス上映が決定した。世界でも類を見ないライヴハウスのPAシステムをフル活用したダイナミックな大音量上映で、1981年のストーンズ全米ツアーを追体験していただきたい。

ザ・ローリング・ストーンズ

このライヴ・フィルム『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』を、世界のミュージシャンが認めた日本屈指のライヴハウスZepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)にて一夜限りの特別上映[ライヴ絶響上映]を行う。折しも『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』が3月15日(金)より約2ヵ月にわたり東京TOC五反田メッセにて開催されるという絶好のタイミング。今年の春はストーンズ旋風が吹き荒れること間違いなし。本イベントは、“絶叫OKのライヴ音響による上映”ということで、スタンディング・エリア(立見エリア)では、ライヴさながらに楽しむことができる。ライヴハウスZeppならではの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』という究極の環境にて、38年前のストーンズ・ライヴをぜひ体感してほしい! 座席数が非常に限られたスペシャルな上映ということで、プレミア・チケット必至となりそうだ。2019年2月7日(木)12:00[正午]より、チケットぴあにて先行抽選受付(プレリザーブ)開始! 次いつZeppで上映できるかわからないということで、一生に一度あるかないかのこの機会、まさしく”世界初”でありながら”最後“のライヴハウス上映となる。チケットのご購入はお早めに。

ザ・ローリング・ストーンズ

It was 38 years ago, September 1981, that international rock sensation The Rolling Stones embarked on a tour of the United States to promote their new album "Tattoo You" (released August 31, 1981). Tickets for the US tour consisting of 50 venues nationwide sold out instantly. Fortunately, moments from these shows were captured by film director Hal Ashby, winner of the Academy Award for Film Editing in the "Heat of the Night" and director of "Coming Home," as the band played to a total audience of 2.65 million by the end of the tour. The concert documentary film created combines backstage footage with the band's performance in a lively stage production including balloons and fireworks capturing the passionate energy of the audience and the shows.

The film features 25 performances including "[I CAN’T GET NO] SATISFACTION" "TIME IS ON MY SIDE," "LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER" "JUMPIN’JACK FLASH" "HONKY TONK WOMEN" "BROWN SUGER" "TUMBLING DICE" "MISS YOU" and "START ME UP" a mix of their new tunes at the time as well as classics from their already impressive 20-year-career. Don't miss the chance to experience The Rolling Stones as they were during their 1981 US Tour in this concert and documentary film packed with the restless and exciting energy of the early 80s, complete with the Zepp audio setup that's perfect for loud rock concerts.

The Rolling Stones have had an elusive history with concerts in Japan, with their first but cancelled 1973 tour as well as the entire 80s gone by without a single visit. This is now the next best way to revel in their music and exciting showmanship as they were in the day!!

"Exhibitionism - ザ・ローリング・ストーンズ展" premiered April 2016 in London and since traveled through New York, Chicago, Las Vegas, Nashville, Sydney, and will be arriving in Japan!! The exhibition will be in Tokyo for two months at Gotanda Messe/Tokyo TOC building from March 15 through May 6. This year is taking off with a blast!!

STORYはこちらから