INFORMATION ザ・バンドの傑作ライヴ・フィルム『ラスト・ワルツ』

INFORMATION

ザ・バンド、ライヴ・フィルム『ラスト・ワルツ』
日本初!字幕なしのライヴ絶響上映@Zepp東阪

Ⅰ|1976年11月25日に行われたザ・バンドの解散のコンサートを収めたライヴ・フィルム『ラスト・ワルツ』。ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、ドクター・ジョン、マディ・ウォーターズらが、ゲストとして登場。4時間以上に及んだパフォーマンスと豪華饗宴とが相まったこの特別な一夜は、この作品で永遠にその名を刻むこととなった。

Ⅱ|ライヴ・フィルム『ラスト・ワルツ』をライヴハウスZepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)での一夜限定上映ツアーが決定した。東京は、2月12日(火)、大阪は、2月22日(金)の2日間に渡る東阪上映ツアーとなります。冒頭で監督マーティン・スコセッシからの「この映画は、大音量で上映すること(THIS FILM SHOULD BE PLAYED LOUD)」と指示が出るが、名匠スコセッシですら体感したことがないであろうZeppのダイナミックな大音量による上映となります。また、上映素材は最新デジタル・リマスター版を使用し、日本では初の字幕なしでの上映をいたします。

Ⅲ|音楽評論家、萩原健太さんの登壇が決定。本編上映前の18:30頃より日本語字幕箇所の解説をいたします。なお、2月22日(金)の大阪では、Zepp DiverCityでの登壇時の録画映像を上映いたします。

Ⅳ|ライヴハウスのPA音響で、ロック史に刻まれた伝説の一夜を記録した『ラスト・ワルツ』を追体験! 一生に一度あるかないかのこの機会! プレミアム・エリアは東阪ともに即完、Zepp DiverCityは追加席の販売も決定しました。2019年1月21日(月)15:00より、各プレイガイド、全国のコンビニにてチケット一般発売開始!

音楽評論家の萩原健太さんが、Zepp DiverCityでの上映前にご登壇いただけることになりました。今回日本で初めて字幕がない状態で上映をいたしますが、18:30より本編上映開始時間までの約1時間にわたり、日本語字幕箇所の解説をいたします。『ラスト・ワルツ』本編内で日本語字幕が表記される時間は、トータルで約22分。字幕箇所前後のライヴの関連性を含め、懇切丁寧に解説していただきます。映像だけでは計り知ることのできない史実を含め、解説を聴くことでよりディープに本編をお楽しみいただけます。特に、映画『ラスト・ワルツ』をまだご覧になっていない方の初体験が、Zeppのライヴハウス上映だとしたら、かなりうらやましい!! ぜひZeppへお越しください! なお、この登壇はZepp DiverCityでの上映時のみになります。2月22日(金)大阪では18:30よりZepp DiverCityでの登壇時映像を上映いたします。

入場者特典 “映画タイトル入りサテン地イベント・ステッカー”と“耳栓”の2in1(デザインは下記参照ください)

(先着での配布になります。配布はなくなり次第終了とさせていただきます)

ライヴ絶響上映入場者特典

当日ご来場いただいた方に、「映画タイトルが入ったイベント・ステッカー」と「耳栓」の2in1特典を配布いたします。「映画タイトルが入ったイベント・ステッカー」は、映画の原題である“THE BAND LAST WALTZ”と上映日/上映会場名が入った布地(サテン地)製のメモラブルなアイテム。これはライヴ等で関係者に配られる貼りパス(AAA風)をモチーフにした質感のある凝った仕様です。また、「耳栓」は、『ダイナミックな音圧』と『ライヴ級の大音量』を売りにした本イベントにふさわしい、趣向を凝らしたプレゼントとなっています(先着での配布となっております。入場者プレゼントは数に限りがございます。なくなり次第配布終了とさせていただきます)。

原題|THE LAST WALTZ

日時|東京:2019年2月12日(火)大阪:2019年2月22日(金)

会場|Zepp DiverCity (TOKYO)、Zepp Namba (OSAKA)

開場|6:15pm 開映|7:30pm

券種|①プレミアム・エリア・シート|②一般自由席|③スタンディング|④エクストラ・シート(Zepp DiverCityのみ追加販売)  

登壇|萩原健太(音楽評論家)18:30頃~登壇の予定です。

2月22日(金)大阪では18:30よりZepp DiverCityでの登壇時映像を上映いたします。

【1978年/米国/デジタル・リマスター版/2ch/ワイドスクリーン1:85:1/117分/カラー/BD/日本語字幕なし】

ライヴ絶響上映

『あの音量と音圧を一度体験すると病みつきになる』』
『30年前に、観たかったライヴを疑似体験できた』
『聴こえなかった音が、見えた』──

Zepp DiverCity [東京]、Zepp Namba [大阪]の2会場で、ライヴを疑似体験できる上映イベント。世界のミュージシャンが認める日本屈指のライヴハウスZeppのライヴPA音響システムを使っての圧倒的な音圧と大音量、4K対応のハイスペックな映写と15m×9mの巨大スクリーンは、『ご家庭では絶対味わうことはできません』。『ダイナミックな音圧』、『ライヴ級の大音量』、『迫力の大画面』で、ザ・バンドのライヴを疑似体験!

Zepp(ココ)の一夜は、一生の宝モノ 』

The " CineMax-Sound Screening " project provides the ultimately ideal audio experience at Zepp with dynamic sound pressure, concert level loud-volume, and cinema-size big screen that simply isn't available in home theaters!

OUTLINEはこちらから