OUTLINEライヴ・ドキュメンタリー『フェスティバル・エクスプレス』

OUTLINE

ジャニス、デッド、ザ・バンドら豪華ミュージシャン競演! ライヴ・ドキュメンタリー『フェスティバル・エクスプレス』
一夜限りのキネマ最響上映@Zepp東阪
+[オープニング上映] ジャニス・ジョプリン ライヴ・ドキュメンタリー・フィルム『ジャニス』

フェスティバル・エクスプレス

今から遡ること49年前の1970年夏。グレイトフル・デッドを筆頭に、ジャニス・ジョプリン、ザ・バンド、バディ・ガイ、フライング・ブリトー・ブラザーズら60~70年代を代表するミュージシャンたちが一堂に会し、専用列車に乗り込み、カナダの東に位置するトロントを皮切りに、ウィニペグを経由し西のカルガリーまで横断するライヴ・ツアーを敢行、このイベントは“フェスティバル・エクスプレス/FESTIVAL EXPRESS”と名付けられ、ロック史における伝説となった。この伝説のツアーの一部始終はフィルムに収められていた。ところがその貴重なフィルムはその後消息を絶ってしまう…。ライヴ開催から25年が経過した1995年、撮影された全長75時間にもおよぶと言われているフィルムの一部である46時間分が発見された。それから約8年をかけこの素材を編集し、新たなインタビューを加え、映像作品として完成、フェス実施から33年の時を経て2003年に劇場公開が実現した。全編初公開映像で構成された本作は、出演各アクトの全盛期の演奏が堪能できるライヴ映像はもちろんのこと、ジャニス・ジョプリン、ジェリー・ガルシア(グレイトフル・デッド)、リック・ダンコ(ザ・バンド)の車内セッションなど、この特別列車に乗らなくして見ることができなかった奇跡的な映像も含め、単なる音楽ドキュメンタリーというカテゴリーを完全に超越した作品となっている。また、このフェスから約3ヵ月後の70年10月、弱冠27歳で帰らぬ人となったジャニス・ジョプリン最期の雄姿を垣間見ることができる貴重な映像でもある。7月23日(火)Zepp DiverCity(東京)、Zepp Namba(大阪)にて、当時のロックの潮流に一石を投じた歴史的にも重要な瞬間を捉えたこの映像の一夜限りの『キネマ最響上映』が決定した。世界でも類を見ないライヴハウスZeppのPAシステムをフル活用したダイナミックな大音量上映で、「フェスティバル・エクスプレス」に乗り込もう!

そして、映画『フェスティバル・エクスプレス』にも出演しているジャニス・ジョプリンの短い音楽人生を捉えたライヴ・ドキュメンタリー・フィルム『ジャニス』をオープニング作品として上映することが決定した。映画『フェスティバル・エクスプレス』のチケットにてそのままご覧いただけます(*)。映画『ジャニス』の開映は16:30より。『ジャニス』の上映時間が97分、『フェスティバル・エクスプレス』が90分ということで、トータル3時間に渡りジャニスをドープにご堪能いただけます。チケット1枚で2度おいしい音楽ファン必見の上映イベント。これは絶対見逃せない。
※チケット券面は『ジャニス、デッド、ザ・バンド等豪華ミュージシャン出演、ライヴ・ドキュメンタリー『フェスティバル・エクスプレス』一夜限りのキネマ最響上映@Zepp東阪』になりますが、このチケット1枚で、2作品をご覧いただけます。

フェスティバル・エクスプレス

世界のミュージシャンが認めた日本屈指のライヴハウスZeppの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』という究極の環境にて、伝説のフェスを追体験! 2019年6月13日(木)15:00よりチケット一般発売。次回いつZeppで上映できるかわからないということで、一生に一度あるかないかのこの機会、まさしく“世界初”でありながら“最後“のライヴハウス上映となる。チケットのご購入はお早めに。FUJI ROCK FESTIVAL 2019(7月26日より開催)、SUMMER SONIC 2019(8月16日より開催)などなど、これから夏フェス本番を迎えますが、それを前に、ロック・フェス黎明期ならではの説明不能なほとばしる熱気や、伝説的ミュージシャンたちが全身全霊を傾けて放つサウンドを、ライヴハウスZeppのPAシステムを介して、頭のてっぺんから足の爪の先まで浴びまくってほしい!

49 years ago, in the summer of 1970, a group of artists and bands representing the great 60s and 70s including the Grateful Dead, Janis Joplin, The Band, Buddy Guy, and Flying Burrito Bros. all piled onto a train to tour concerts across the country. They were called Festival Express, starting in Toronto all the way in the east, stopping over in Winnipeg, traveling all the way to Calgary in the west, and still remains a legend in rock history. Most of this magical tour was, amazingly, captured on film... however, the tapes were misplaced soon after and lost to us for the longest time.

25 years from the concert, in 1995, film for 46 hours out of the entire 75 hours that were filmed was discovered. Eight years were spent processing legal rights for the discovered footage, new interviews were filmed, edits were made, and the reel, resurrected in digital surround sound, was released in theaters 33 years after the concert dates, in 2003. The entire film consisted of footage available for the first time at the time of release, featuring the epic concert scenes as well as dream sessions on board the train by the late Janis Joplin, Jerry Garcia (Grateful Dead), and Rick Danko (The Band) together which was a miracle in itself, offering way more than just a simple music documentary.

The 28 year old singer, Janis Joplin, passed away only three months from this tour in October the same year, making this footage one of her last appearances that remain on tape. This film, capturing important and noteworthy moments in the history of rock, will grace the screens of Zepp DiverCity (Tokyo) and Zepp Namba (Osaka) on July 23.

Check out the Festival Express complete with the unique Zepp audio setup that provides concert-worthy dynamic sound quality and volume, for the next best thing to seeing the actual performance live. Don't miss the train!!

STORYはこちらから