OUTLINE|レベッカ 伝説のライブ映像を一夜限りのプレミア上映!2018.3.13

OUTLINE



1985年12月25日に渋谷公会堂で行われた「REBECCA WORLD CONCERT TOUR Maybe Tomorrow」。3月13日(火)、Zepp DiverCity(東京)/Zepp Namba(大阪) にてこの伝説とも幻とも言われたライヴ映像コンプリート版の一夜限りのプレミア上映会を開催することが決定した!

2015年8月、20年振りにライヴを行ったREBECCA。誰もが実現するとは思っていなかったこの再結成ライヴは、3万枚のチケットに11万通の応募という反響を呼び、その年の音楽界でも大きな話題となった。そんなREBECCAが昨年、実に28年振りとなるツアーを発表、7月25日の大阪フェスティバルホールから9月1日の日本武道館まで9公演が行われ、こちらも大きな話題となった。

上映作品のライヴ・フィルム『1985.12.25 REBECCA WORLD CONCERT TOUR Maybe Tomorrow in 渋谷公会堂』は、REBECCAの代表曲「フレンズ」を収録、彼らにとって初のアルバムチャート1位を獲得し、ミリオンセラーを記録したJ-POP史における金字塔と言えるアルバム『REBECCA IV~Maybe Tomorrow』発売直後の11月28日から始まったツアー「REBECCA WORLD CONCERT TOUR Maybe Tomorrow」のハイライトとも言える渋谷公会堂でのパフォーマンスを完全収録。まさしく大ブレイクする瞬間を捉えた貴重なライヴ映像作品である。1986年にREBECCA初のライヴビデオソフトとして発売されたが、当時は音楽ソフトの黎明期ということもあり、収録曲は7曲41分にセレクトされていた。

その伝説のライヴから33年、良好な状態で保管されていたカメラの素材とデジタル・マルチテープ等、全ての素材をレストア&リマスタリングしフル・ライヴ映像が完成した。映像監督は、REBECCAの「フレンズ」や「Raspberry Dream」等のミュージック・ビデオを手がけ、本作のライヴ収録ディレクターも務めた板屋宏幸氏が担当。ライヴ音源のリミックスは、REBECCAの作品は勿論のことマドンナ、デペッシュ・モード、ジャネット・ジャクソン、坂本龍一、宇多田ヒカル等の数々の名盤を手掛け、デヴィッド・サンボーン、チャカ・カーンらの作品でグラミー賞®を受賞した世界的名エンジニアGOH HOTODA氏が担当、33年を経て、映像と音声がハイクオリティ化されて蘇ることとなった。ファン待望のフル・ヴァージョンのライヴ映像は、時代を一世風靡したカリスマ・ヴォーカリストNOKKOのパワフル&キュートな魅力満載。そして勢いに乗るバンド・メンバーの演奏による名曲揃いの神セットリストにも注目だ。

世界のミュージシャンが認めた日本屈指のライヴハウスZepp。ご家庭では決して味わうことができないライヴハウスの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』で、名盤『REBECCA IV~Maybe Tomorrow』を引っ提げて行われた伝説のREBECCAライヴをフル・ヴァージョンでライヴ疑似体験! 次回いつZepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)で上映できるかわからないということで、今回の上映がまさしく『最初が最後』の特別上映! ご家庭では絶対体験することができない音空間をご堪能いただけます。Zeppの大スクリーンで迫力あるライヴを体感し、33年前の渋公へタイムスリップ! 本日1月18日(木)15時より、ローソンチケットにてプレリクエスト開始! 一夜限りのこの貴重な機会、絶対に見逃せません。


TICKETS

企画・主催|(株)Zeppホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト

Ⓒ2017 Ki/oon Music . All rights reserved.