STORY|ライヴ・フィルム『REBECCA LIVE '85 -MAYBE TOMORROW Complete Edition-』初ブルーレイ化を記念して 2019年11月4日(月・祝)再上映決定!

STORY

ライヴ・フィルム
REBECCA LIVE '85
-MAYBE TOMORROW Complete Edition-
一日限定プレミアム上映


「32年前ですか。やっぱり若いですよ! 曲間も演奏も余裕とスキがなくて勢いがあってイケイケですよね」

高橋教之(ベース)

「このツアーはレベッカとしてバンドの若いエネルギーが一番ピークの時だから」

NOKKO(ヴォーカル)

「ツアー中にどんどん注目されるようになって、この夜は渋谷公会堂に人があふれていたのを想い出しますね。あとNOKKOがすごくしゃべってますね。MCが多いもん」

土橋安騎夫(キーボード)

2017年6月25日(日)新宿バルト9で行なわれたプレミア上映時舞台挨拶時コメントより。



【上映タイトル】

『REBECCA LIVE '85 -MAYBE TOMORROW Complete Edition-』


【収録曲】

  1. HOT SPICE
  2. 76th STAR
  3. 蜃気楼
  4. ヴァージニティ
  5. LONDON BOY
  6. ステファニー
  7. COTTON TIME
  8. フレンズ
  9. MAYBE TOMORROW
  1. WILD EYES
  2. ボトムライン
  3. ガールズ ブラボー!
  4. プライベイト・ヒロイン
  5. ラブパッション
  6. フリーウェイ シンフォニー
  7. ラブイズCASH
  8. フレンズ
  9. 瞳を閉じて

【REBECCA レベッカ

1984年メジャー・デビュー。紅一点NOKKOのキュートでパワフルなヴォーカルやファッションが話題を呼び大ブレイク。4枚目のシングル「フレンズ」が大ヒット。同曲収録のアルバム『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』もミリオンヒットに。人気絶頂の中、91年突然の解散。解散までにアルバム11枚をリリースし、計700万枚を売り上げた。

1995年、阪神淡路大震災の復興のため5月26日、28日に2日間限りのライヴを横浜アリーナで行う。

2015年、デビュー日である4月21日に、20年振りの再結成ライヴ「Yesterday, Today, Maybe Tomorrow」を電撃発表。豊洲PIT[7月28日 ※Preview Live]、横浜アリーナ[8月12、13日]、さいたまスーパーアリーナ[11月29日 ※追加公演]で開催し、全公演完売。夏フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、「RISING SUN ROCK FESTIVAL」にも出演し、大きな話題となった。さらに昨年28年振りとなるライヴ・ツアーを実施[7月25日〜9月1日 ※全国5ヶ所9公演]、11月には17年ぶりとなる新曲も発表するなど、今後のコンスタントな活動にも期待が寄せられている。

ファンを公言するアーティストも多く、現在も多数のフォロワーを生み続けている。


HOME

主催・企画・配給|ソニー・ミュージックダイレクト

Ⓒ2019 Ki/oon Music . All rights reserved.