Sony Music Direct Presents otonano

若林暢

若林暢 Wakabayashi Nobu(1957年8月30日~2016年6月8日)

  東京藝術大学音楽学部附属高等学校、東京藝術大学、同大学院を経て、ジュリアード音楽院を卒業。1995年「音楽に登場する悪魔」の論文で博士号を取得。

  コンクール歴は、1986年、ニューヨーク国際芸術家コンクール優勝、ヴィエニャフスキコンクール2位、最優秀音楽解釈賞、ヘンリク・シェリング賞、ワンダ・ウィルコミルスカ賞、ポズナン市長賞も併せて受賞。その他モントリオール国際コンクールなど入賞多数。

  1987年カーネギー・ホールでのデビューリサイタルは、ニューヨーク・タイムズ紙でも高い評価を受け、アメリカ、ドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、スイス、オーストリア 中国、韓国など世界各地でソロリサイタル、或いは各地のオーケストラとの共演などソリストとして演奏活動を行う。

  デビューCDは、イギリスのPICKWICK社から発売された「ブラームス: ヴァイオリン・ソナタ全集」はデイリー・テレグラフ紙で "The CD of the Week" に選ばれるなど欧州各紙で話題となる。また西ドイツ放送協会でもシリーズレコーディングを行っており「アイヴス: ヴァイオリン・ソナタ全集」を完成、ARTE NOVA classicsからそのCDがリリースされ、日本でも2000年に発売。2007年5月より新しいデザインで再びインターナショナル・リリースされ、各国で紹介されている。

  またNHKラジオ、NHK総合TV・Eテレ・国際放送などで、演奏と共にクラシック音楽のわかりやすい解説も行い好評を得る。
  マドリード国際フェスティヴァル、なら国際アカデミー、アメリカのボードインサマーミュージック・フェスティヴァル等のマスタークラスでも、後進の指導に携わる。

  ヴァイオリンをD.ディレイ、E.ヴァルディ、海野義雄、田中千香士、室内楽をF.ガリミア、J.フックス、音楽理論をM.ホワイト、R.フレンチの各氏に師事。