Sony Music Direct Presents otonano

NICE PRICE RETURNS ¥1,300

70's UKポップの迷宮 nice price70's UKポップの迷宮 nice price

監修:小西勝

2018年4月4日発売全20タイトル¥1,300(税抜)2018年リマスター / 解説・歌詞・対訳付

ジャケット写真をクリックすると詳細が御覧頂けます。

nice priceレズリー・ダンカン 『シング・チルドレン・シング』
nice priceレズリー・ダンカン 『我らを造りたまいし聖なる母』 
nice priceトランクィリティ 『トランクィリティ』
nice priceトランクィリティ 『シルヴァー』   
nice priceスターリー・アイド&ラーフィン 『スターリー・アイド&ラーフィン』
nice priceスターリー・アイド&ラーフィン 『ソート・トーク』 
nice priceナチュラル・アコースティック・バンド 『ラーニング・トゥ・リヴ』  
nice priceナチュラル・アコースティック・バンド 『小川のように』
nice priceクリーシャ・コッチャン 『クリーシャ』  
nice priceフィッシュバー・フィッシュバー&ゾーン 『フィッシュバー・フィッシュバー&ゾーン』
nice priceサザーランド・ブラザーズ・バンド 『サザーランド・ブラザーズ・バンド』 
nice priceサザーランド・ブラザーズ 『ライフボート』 
nice priceティム・レンウィック 『ティム・レンウィック』 
nice priceC.O.B. 『愛の妖精』 
nice priceキャサリン・ハウ 『ハリー』 
nice priceキャサリン・ハウ 『サイレント・マザー・ネイチャー』   
nice priceエリス 『ライディング・オン・ザ・クレスト・オブ・ア・スランプ』
nice priceエリス 『ホワイ・ノット?』 
nice priceフォーエヴァー・モア 『ユアーズ・フォーエヴァー・モア』
nice priceフォーエヴァー・モア 『ワーズ・オン・ブラック・プラスティック』 

nice price サイト内境界

ビートルズ不在の70年代を支えたもうひとつの英国ポップ・シーン

‘70年にビートルズが公式解散し、70年代の音楽シーンは、巨大な“ビートルズ・ロス”の中からスタートしました。フォーク、フォーク・ロック、シンガー・ソングライター、プログレッシヴ・ロック、ハード・ロック、カントリー・ロック、ソフト・ロックなどなど。いま振り返って70年代が百花繚乱、なんでもありの時代だったように思えるのは、ビートルズの残した穴があまりにも巨大であった事の裏返しなのです。メインストリームからちょっと距離を置いたところに目を向けると、そんな時代を彩った多くの英国ロック/フォークの名盤が埋もれたまま眠っています。そこからは、ビートルズ不在の70年代を支えたもうひとつのポップ・シーンが見えてくるはずです。

nice price サイト内境界

レズリー・ダンカン『シング・チルドレン・シング』1971年作品
レズリー・ダンカン 『シング・チルドレン・シング』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
60年代にルルやサンディ・ショーに続くアイドル・ポップ・シンガーとしてデビューした故レズリー・ダンカンは、70年代に入って繊細な感性のシンガー・ソングライターとしてシーンに再登場。前年エルトン・ジョンが取り上げた名曲「ラヴ・ソング」の作者版を収録したこの記念すべきファースト・アルバムには、エルトン本人もピアノで参加。キャロル・キング風な「助けて下さい、イエス」が日米でシングル・カット。ボーナス・トラックを6曲収録。
日本初CD化品番:SICP5761
レズリー・ダンカン『我らを造りたまいし聖なる母』1972年作品
レズリー・ダンカン 『我らを造りたまいし聖なる母』 
ご購入はこちら
Sony Music Shop
このセカンド・アルバムの時点で母親になっていたダンカンは、シングル・カットされた表題曲ではエコロジーを取り上げるなど社会的なテーマにも挑戦。英国的な陰りのあるヴォーカルとポップなフォーク・ロックとの融合は、前作同様、英国女性シンガー・ソングライターの最高の瞬間をとらえている。ゲストにアンディ・ボウン、クリス・スペディング他。彼女の歌心を大切にしたジミー・ホロヴィッツのアレンジも秀逸。
日本初CD化品番:SICP5762
トランクィリティ『トランクィリティ』1972年作品
トランクィリティ 『トランクィリティ』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
ドノヴァンのマネージャーだったアシュリー・コザックの下、ファット・マットレス、グレープフルーツ、クレシダ、ファジー・ダックの元メンバーらによって71年のロンドンで結成。クロスビー・スティルス&ナッシュ風の西海岸サウンドとビートルズ/ホリーズ直系のハーモニー・ポップをブレンドしたこのデビュー作は70年代UKポップの隠れた名盤。のちにメンバーのジム・リヴァートンとジョン・ペリーはキャラヴァンに参加。尚、US盤のCD化となる。
世界初CD化品番:SICP5763
トランクィリティ『シルヴァー』1973年作品
トランクィリティ 『シルヴァー』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
メロトロン入りのプログレッシヴなナンバーからポール・マッカートニー風オールドタイム・ポップ、そしてお得意の西海岸風ロックまで、さらに完成度を高めた2作目にしてラスト・アルバム。解散後、中心メンバーのテリー・シャディックはブラコン/AOR系のソングライターとして活躍。なかでもオリヴィア・ニュートン・ジョンに提供した「フィジカル」は82年の超特大ヒット(ビルボード年間1位)となった。
世界初CD化品番:SICP5764
スターリー・アイド&ラーフィン『スターリー・アイド&ラーフィン』1974年作品
スターリー・アイド&ラーフィン 『スターリー・アイド&ラーフィン』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
ザ・バーズもカヴァーしたボブ・ディランの「自由の鐘」の歌詞の一節からその名を取ったロンドンのパブ・ロック・バンド。ダン・ロギンス(ケニー・ロギンスの兄)のプロデュースによるファースト・アルバム。リッケンバッカー12弦ギターとフェンダー・テレキャスターによるスリリングなインタープレイ、ペダル・スティールやマンドリンもフィーチャーしたポップでタイトなサウンドは、まさに英国版バーズの面目躍如。
日本初CD化品番:SICP5765
スターリー・アイド&ラーフィン『ソート・トーク』1975年作品
スターリー・アイド&ラーフィン 『ソート・トーク』 
ご購入はこちら
Sony Music Shop
ウエストコースト風のヴォーカル・ハーモニーとフォーク・ロック・スタイルのギター・サウンドを看板にしたSE&Lのセカンドにしてラスト・アルバム。ウェールズのロックフィールド・スタジオに場所を移し、デイヴ・エドモンズにも通じるパワー・ポップ・チューンやウィッシュボーン・アッシュを想わせる表題曲でのプログレッシヴなアプローチに、従来のバーズ・フォロワーのイメージから脱却した新生面も見せている。
日本初CD化品番:SICP5766
ナチュラル・アコースティック・バンド『ラーニング・トゥ・リヴ』1972年作品
ナチュラル・アコースティック・バンド 『ラーニング・トゥ・リヴ』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
突き抜けるようなハイトーン・ヴォイスのクリーシャ・コッチャンを紅一点に69年のスコットランドで結成された3人組によるファースト・アルバム。エキゾチックなメロディとフルートが淡いアシッド色を演出。PP&Mで知られるミルトン・オークンのプロデュースは、アレンジを最小限に抑え、クリーシャを中心とするメンバーそれぞれのヴォーカルの個性とアコースティックなサウンドの清涼感を最大限に引き出している。
日本初CD化品番:SICP5767
ナチュラル・アコースティック・バンド『小川のように』1972年作品
ナチュラル・アコースティック・バンド 『小川のように』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
メロディメイカー紙のフォーク・アルバム・チャートで1位に輝いた前作に続くセカンド・アルバム。エレクトリックなアレンジも従来のバンドの持ち味を損なうことなく、3人のメロウなヴォーカル・ハーモニーを軸にした牧歌的で美しい楽曲の数々は前作以上に英国らしさを醸し出している。その後クリーシャはソロとなり、男性メンバー2人は、プログレッシヴ・フォーク・バンドのマグナ・カルタに参加した。
日本初CD化品番:SICP5768
クリーシャ・コッチャン『クリーシャ』1974年作品
クリーシャ・コッチャン 『クリーシャ』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
元ナチュラル・アコースティック・バンドの歌姫が、同時期のサンディ・デニーに追随するようなシンガー・ソングライター・スタイルに転身して発表した唯一のソロ。プロデューサーのデル・ニューマン、フェアポート・コンヴェンション一派をはじめとする多彩なジャンルから集められたバック陣が、彼女の新たな門出に華を添えている。メロウで物悲しい「落葉よ」(クライヴ・パーマー作)は屈指の名曲。ボーナス・トラックを1曲収録。
世界初CD化品番:SICP5769
フィッシュバー・フィッシュバー&ゾーン『フィッシュバー・フィッシュバー&ゾーン』1972年作品
フィッシュバー・フィッシュバー&ゾーン 『フィッシュバー・フィッシュバー&ゾーン』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
グリニッチ・ヴィレッジでデュオとして活動していたゲイリー&ポーラ・フィッシュバー夫妻と、コネチカット生まれのマルチ器楽奏者ピート・ゾーンからなる3人組。ロンドン録音による唯一のアルバムは、宙に舞い上がるような夢見心地のハーモニーに英国的な色彩を感じさせるペダル・スティールやフィドルをフィーチャーしたフォーク・ロックの逸品。のちにゾーンはリチャード・トンプソン・バンドなどで活躍する。
世界初CD化品番:SICP5770
サザーランド・ブラザーズ・バンド『サザーランド・ブラザーズ・バンド』1972年作品
サザーランド・ブラザーズ・バンド 『サザーランド・ブラザーズ・バンド』 
ご購入はこちら
Sony Music Shop
60年代末にニュー・ジェネレーションとして何枚かの優れたポップ・シングルを残していたシンガー・ソングライター・デュオが心機一転、4人組バンドとしてリリースしたデビュー作。アコースティックを基調にしたタイトなアンサンブル、甘酸っぱいメロディと素朴なヴォーカル・ハーモニーによるフォーク・ロックの名盤。ケルティックな香りのするバラード・ナンバーには、スコットランド人としての出自が滲み出ている。
日本初CD化品番:SICP5771
サザーランド・ブラザーズ『ライフボート』1973年作品
サザーランド・ブラザーズ 『ライフボート』 
ご購入はこちら
Sony Music Shop
引き続きマフ・ウィンウッドの制作で発表したセカンド・アルバム。バンドからデュオ名義になったが、スティーヴ・ウィンウッドやデイヴ・マタックス他、一級のバック陣を迎えてアメリカのスワンプ・ロックの影響も感じさせる骨太な名作に仕上がっている。ロッド・スチュワートによって大ヒットした「セイリング」のオリジナル版をはじめ、ポップなメロディに独特の憂いを帯びたオリジナル曲はどれも粒ぞろい。
日本初CD化品番:SICP5772
ティム・レンウィック『ティム・レンウィック』1980年作品
ティム・レンウィック 『ティム・レンウィック』 
ご購入はこちら
Sony Music Shop
アル・スチュワートをはじめとするシンガー・ソングライター系セッションの常連ギタリストによる唯一のソロ。グリン・ジョンズをプロデューサーに迎えたロンドンAIRスタジオ録音。オリジナルの他、ギャラガー&ライルやチャック・ベリーのカヴァーも収録。味のあるヴォーカルによるフォーク・ロックからデイヴ・エドモンズを彷彿とさせるロックンロールまで、これまでのセッション・ワークの集大成となる充実した1枚。
世界初CD化品番:SICP5773
C.O.B.『愛の妖精』1971年作品
C.O.B. 『愛の妖精』 
ご購入はこちら
Sony Music Shop
70年代初期英国アシッド・フォークの名盤。元インクレディブル・ストリング・バンドのオリジナル・メンバーだったバンジョー奏者クライヴ・パーマーによって結成されたクライヴズ・オリジナル・バンドのファースト・アルバム。プロデューサーにラルフ・マクテルを迎えて、ブリティッシュ・トラッドをベースに、チェロ、リコーダー、女性ヴォーカルなどをフィーチャーしたサイケでドリーミーなサウンドは唯一無二。
日本初CD化品番:SICP5774
キャサリン・ハウ『ハリー』1975年作品
キャサリン・ハウ 『ハリー』 
ご購入はこちら
Sony Music Shop
女優としての顔も持つヨークシャー出身の女性シンガー・ソングライター。71年のファースト以降、しばしの沈黙の後に発表したセカンド・アルバム。プロデューサー/アレンジャーにエルトン・ジョンやキャット・スティーヴンスなど多くの名盤を手がけたデル・ニューマン。トム・ヤンスやボブ・ディランのカヴァーも収録。その美しい歌声とジャケットの雰囲気そのままのノスタルジックな世界観が見事に融合した名作。
日本初CD化品番:SICP5775
キャサリン・ハウ『サイレント・マザー・ネイチャー』1976年作品
キャサリン・ハウ 『サイレント・マザー・ネイチャー』   
ご購入はこちら
Sony Music Shop
RCA第2弾、通算3枚目のオリジナル・アルバム。キャロル・キングにも通じるソングライティングをベースに、歌の奥にある深い文芸性とソフトで流麗なロック・サウンドとの融合で織りなすリリシズムが胸に残る傑作。女優ならでは表現力はもちろん、自信に満ちたヴォーカルに歌手としての成長がはっきりと表れている。マイク・ジャイルズ(元キング・クリムゾン)、フランク・リコティ、ピート・ゾーン他バックも充実。
日本初CD化品番:SICP5776
エリス『ライディング・オン・ザ・クレスト・オブ・ア・スランプ』1972年作品
エリス 『ライディング・オン・ザ・クレスト・オブ・ア・スランプ』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
68年のナンバー1ヒット「エヴァーラスティング・ラヴ」で知られるラヴ・アフェアーのスティーヴ・エリスがズート・マニーらと結成した5人組。ザ・フーのロジャー・ダルトリーのプロデュースによるファースト・アルバム。ソウルフルな実力派シンガーであるエリスを看板に、仲間内の気ままなセッションから発展したような、カントリーやスワンプのテイストを感じさせるレイドバックしたサウンドが聴きどころ。
日本初CD化品番:SICP5777
エリス『ホワイ・ノット?』1973年作品
エリス 『ホワイ・ノット?』 
ご購入はこちら
Sony Music Shop
ベースがジミー・リヴァートンから元ヴィネガー・ジョーのニック・サウスに交代。マイク・ヴァーノン(ブルー・ホライゾン・レーベル)を共同プロデューサーに迎えたこの2作目では、よりストレートにブルースにアプローチしたハード・ロックを展開。ゲスト・ヴォーカルにジュリー・ティペッツ、ロジャー・チャップマン、マイク・パトゥ他。60年代から脈々と受け継がれる英国ロックの伝統を感じさせる1枚。
日本初CD化品番:SICP5778
フォーエヴァー・モア『ユアーズ・フォーエヴァー・モア』1970年作品
フォーエヴァー・モア 『ユアーズ・フォーエヴァー・モア』
ご購入はこちら
Sony Music Shop
モータウン・ソウルに傾倒する60年代スコットランドのビート・バンド、ホップスコッチを母体に70年のロンドンで結成された4人組――アラン・ゴリー、オーウェン・マッキンタイア、スチュワート・フランシス、ミック・トラヴィス――によるファースト。R&Bをベースに、ジャズ、カントリー、フォークなどをミックスチャーしたサウンドには、当時の英国シーンのプログレッシヴで混沌とした魅力が詰まっている。
日本初CD化品番:SICP5779
フォーエヴァー・モア『ワーズ・オン・ブラック・プラスティック』1970年作品
フォーエヴァー・モア 『ワーズ・オン・ブラック・プラスティック』 
ご購入はこちら
Sony Music Shop
アラン・ゴリーのソウルフルなヴォーカルとホーンをフィーチャーしたファンキーなR&Bサウンドにますます磨きをかけたセカンドにしてラスト・アルバム。前作同様サイモン・ネピア=ベルとレイ・シンガーの共同プロデュース。解散後スチュワート・フランシスはグレンコーへ。ゴリーとオーウェン・マッキンタイアは、モーガル・スラッシュのホーン・セクションと合体してアヴェレージ・ホワイト・バンドを結成する。
日本初CD化品番:SICP5780