私などは、数年後に世界が注目する祭典で
『TAKIOの君が代』が聴ける……
そんなことまで予感したアルバムです。

立川志の輔 

~心に伝わる日本のうたごえ“民謡”の新たな音空間~


GOLDENBEST 雅
TAKiO SOHRAN 伊藤多喜雄

発売日:2017222日 
定価: ¥2,000+税
発売元:ソニー・ミュージックダイレクト

GOLDEN☆BEST 雅

大人気シリーズ『ゴールデン☆ベスト』に新たな分野が誕生。
「純邦楽」や「和楽器」「インスト」などに特化した 「GOLDEN☆BEST 雅-MIYABI-」

ジャポネスク・リラクゼーション・ミュージック的な、「器楽系」「歌唱」など、和の香り漂う音楽のシリーズ。
これまでの『ゴールデン☆ベスト』の枠組みに入らない、「和」のスパイスを感じられる“響”をお楽しみください。

jacket image

Photo:小町剛廣

心に伝わる日本のうたごえ“民謡”の新たな音空間

 GOLDEN☆BEST 雅

「TAKiO SOHRAN」

 伊藤多喜雄

「民謡界」の枠にとらわれず、「TAKiO BAND」を結成しライヴ活動を行い、民謡を現代的にアレンジしたスタイルで、日本民謡を広く伝える活動を展開している、伊藤多喜雄のベストアルバム。
「TAKiOのソーラン節(南中ソーラン)」の元となった「TAKiO SOHRAN」の音源、そして代表的な日本民謡を、艶のある突き抜ける歌声、和楽器と電子楽器などによる演奏で収録。聴く人の魂を響かす風を感じ、エネルギー満ち溢れる民謡を発信するTAKiOの唄“TAKiO節”の真髄を堪能する決定盤です。

品番:MHCL-2679

定価:¥2,000+税

▼ご購入はこちら▼
Sony Music Shop

― 収録曲目 ―
1.TAKiO SOHRAN
北海道民謡/編曲:伊藤多喜雄
2.俵積み唄 Tawaratsumi Uta
青森県民謡/編曲:佐藤允彦
3.最上川舟唄 Mogamigawa Funauta
山形県民謡/編曲:佐藤允彦
4.道南口説 Dohnan Kudoki
北海道民謡/編曲:伊藤多喜雄
5.大漁唄い込み Tairyo Utaikomi
宮城県民謡/編曲:伊藤多喜雄
6.ナニャトヤラ Nanyatoyara
青森県民謡/編曲:佐藤允彦
7.猫の子 Neko no Ko
岐阜県民謡/編曲:佐藤允彦
8.秋田長持唄 Akita Nagamochi Uta
秋田県民謡
9.牛深三下り~牛深ハイヤ節 Ushibuka Sansagari~Ushibuka Haiya Bushi
  熊本県民謡/編曲:高田みどり
10.貝殻節 Kaigara Bushi
鳥取県民謡/編曲:高田みどり
11.津軽じょんがら節 Tsugaru Jongara Bushi
青森県民謡/編曲:伊藤多喜雄
― 演 奏 ―
伊藤多喜雄
(ヴォーカル:1~11/おはやし:7)
佐藤允彦
(キーボード:7・9/ピアノ:8)
林英哲
(太鼓:1・2・5・11/おはやし:7)
高田みどり
(パーカッション:7/パーカッション&マリンバ:10)
TAKiO BAND
(1・2・4・5・7・9・11)
木下伸市・佐々木光儀(津軽三味線)、水川寿也・米谷智(尺八)植村昌弘(和太鼓)、木津茂理(鳴物)、斉藤亨(ドラムス)
― 伊藤多喜雄(ITO TAKiO)プロフィール ―
今や世界中で踊られている、「3年B組金八先生」で知られた南中ソーラン「TAKiOのソーラン節」の生みの親。NHK紅白歌合戦出場(1989、2003年)。
祖先が残してくれた日本人の血の中にある故郷の歌“民謡”を、「民謡界」の枠にとらわれず、日常耳にする洋楽器と共にアレンジし、TAKiO BANDが演奏する中でTAKiO流の節回しで唄い上げる。さらに一見民謡とは接点が有るとは思えない様々なジャンルのミュージシャンとも共演し、積極的にライブ活動を展開、民謡の復活へ向けて独自に活動の場を切り開いてきた。傍ら「唄さがしの旅」を重ね、生活に基づく唄を訪ね歩く。唄を通して、地域の活性化を図るため楽曲の作詞作曲、日本各地の町おこしにも関わり、学校公演はもとより教科書の教則本で歌唱指導も行っている。

― Information ―

伊藤多喜雄 ゲスト出演

出演番組名:テレビ朝日「題名のない音楽会」(http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/

出演放送予定日:6月30日 土曜あさ10時(※地域によって放送時間が異なります。)

『若い民謡の音楽会』と題して、伊藤多喜雄が出演します。
日本全国の学校で踊られている、多喜雄が生み出した『TAKiO SOHRAN』を
「民謡+ロック」バージョンと、テレビ初公開となる「民謡+ヒップホップ」バージョンで、
またラップ調にアレンジした『秋田音頭』、「民謡×クラシック」による『最上川舟唄』を紹介。
ぜひご覧ください!!