Sony Music Direct Presents otonano

メガデス(Megadeth)『キリング・イズ・マイ・ビジネス ーザ・ファイナル・キルー』(KILLING IS MY BUSINESS...AND BUSINESS IS GOOD! – THE FINAL KILL)

メガデス(Megadeth)『キリング・イズ・マイ・ビジネス ーザ・ファイナル・キルー』(KILLING IS MY BUSINESS...AND BUSINESS IS GOOD! – THE FINAL KILL) 『キリング・イズ・マイ・ビジネス ーザ・ファイナル・キルー』(KILLING IS MY BUSINESS...AND BUSINESS IS GOOD! – THE FINAL KILL)
SICP 31164 / ¥2,500+tax / 高品質Blu-spec CD2仕様
完全生産限定盤
Blu-spec CD2
ご購入はこちら
Sony Music Shop

収録曲

  • 01. Last Rites / Loved to Dethラスト・ライツ/ラヴド・トゥ・デス
  • 02. Killing Is My Business...And Business Is Good!キリング・イズ・マイ・ビジネス
  • 03. The Skull Beneath the Skinザ・スカル・ビニース・ザ・スキン
  • 04. Rattleheadラトルヘッド
  • 05. Chosen Onesチョーズン・ワンズ
  • 06. Looking Down the Crossルッキング・ダウン・ザ・クロス
  • 07. Mechanixメカニックス
  • 08. These Bootsディーズ・ブーツ
  • 09. Last Rites / Loved to Deth (Live) (1987 London, UK)ラスト・ライツ/ラヴド・トゥ・デス(ライヴ:1987ロンドン)
  • 10. Killing Is My Business...And Business Is Good! Live) (1986 Denver,CO)キリング・イズ・マイ・ビジネス(ライヴ:1986デンヴァー)
  • 11. The Skull Beneath the Skin Live) (1990 London, UK)ザ・スカル・ビニース・ザ・スキン(ライヴ:1990ロンドン)
  • 12. Rattlehead (Live) (1987 Bochum, Germany)ラトルヘッド(ライヴ:1987ボーフム)
  • 13. Chosen Ones (Live) (1986 Denver, CO)チョーズン・ワンズ(ライヴ:1986デンヴァー)
  • 14. Looking Down the Cross (Live) (1986 Denver, CO)ルッキング・ダウン・ザ・クロス(ライヴ:1986デンヴァー)
  • 15. Mechanix (Live) (1986 Denver, CO)メカニックス(ライヴ:1986デンヴァー)
  • 16. Last Rites / Loved to Deth (“Skull Beneath The Skin”Demo 1984)ラスト・ライツ/ラヴド・トゥ・デス(「スカル・ビニース・ザ・スキン」デモ1984)
  • 17. The Skull Beneath the Skin (“Skull Beneath The Skin”Demo 1984)ザ・スカル・ビニース・ザ・スキン(「スカル・ビニース・ザ・スキン」デモ1984)
  • 18. Mechanix (“Skull Beneath The Skin” Demo 1984)メカニックス(「スカル・ビニース・ザ・スキン」デモ1984)

「史上最高のスラッシュ・メタル・デビュー・アルバム」(VH1 - 米TV局)

「"THE BIG 4”のデビュー・アルバムの中で最も好きだし、最も完成されている」(スコット・イアン)

メガデス史上最も凶暴なファースト・アルバムが驚愕の最新サウンドに変貌!“インテレクチュアル・スラッシュ”と自ら形容することになるメガデスの原点が、完全なる新ミックスと新ジャケットをまとった”THE FINAL KILL”盤として発売!未発表ライヴ音源7曲含むボーナス・トラック10曲収録のデラックス仕様。

『キリング・イズ・マイ・ビジネス』オリジナル盤『キリング・イズ・マイ・ビジネス』(オリジナル盤)

デビュー・アルバムのレコ―ディング直前でメタリカを解雇され怒りを充満させていたデイヴ・ムステインが、彼らを見返すことを決意し結成したメガデス。1985年に見事コンバット・レコードよりデビューを果たしたものの、インディーズ・レーベルでレコーディング予算が少なかったにもかかわらず予算の半分をドラッグに使い込んでしまったため、『キリング・イズ・マイ・ビジネス』オリジナル盤は、その凶暴なまでに凄まじいパフォーマンスにそぐわないサウンド・クオリティとなっていた。また、ジャケットもメンバーが希望したバンドのイメージ・キャラクター“ヴィック・ラトルヘッド”のイラストが採用されず、代わりにチープなスカル・オブジェ写真(一応ヴィック・ラトルヘッドではある)になってしまったため、長年バンドが不満を募らせていたことはファンの間では有名な話だ。その後、商業的にも大成功を収めヘヴィ・メタル界のトップに立った彼らは、活動停止中の2002年に念願の再ミックスを行ない、ジャケットも当初バンドが意図したものに限りなく近いイラストを採用した形でリイシューを実現させているはいるが、今年バンド結成35周年という節目を迎え、2002年盤以上の圧倒的なアップグレード・ミックス&最新マスタリングによって理想の音像に仕上げ、アートワークもゼロから作り直したのが今回のデラックス・リイシューである。

『キリング・イズ・マイ・ビジネス』(2002年盤)『キリング・イズ・マイ・ビジネス』(2002年盤)ご購入はこちら

とにかく本編8曲のニュー・ミックスは強烈の一言。彼らの最新作でグラミー受賞作『ディストピア』(2016年)と並べて聴いても遜色のないレンジ感を持ったド迫力サウンドで、2002年盤と比べても低~高域のバランスといい、抜けの良さといい、これが1985年のオリジナル盤と同じ作品とはにわかに信じがたいほど劇的に生まれ変わっている。また、2002年盤にもボーナス収録された1984年のデモ音源3曲(「メカニックス」はメタリカの「ザ・フォー・ホースメン」の元デモ)のリマスターに加え、デイヴ・ムステインが自宅の屋根裏から発掘したVHSテープより、初出となる1986年~1990年の貴重なライヴ音源7曲が追加収録されるなど、「史上最高のスラッシュ・メタル・デビュー・アルバム」(VH1 - 米TV局)として世界中のメタル・ファンから絶大な支持を得てきた名盤が、33年の時を経てついに理想的かつ究極の最終形=”THE FINAL KILL”として蘇った。

『キリング・イズ・マイ・ビジネス ーザ・ファイナル・キルー』

“ザ・ファイナル・キル”の特徴

●過去のミックスにはない音源パーツが本作のミックス・エンジニアであるマーク・ルイス(トリヴィアム、デス・エンジェル、デヴィルドライヴァー、ホワイトチャペルなど)によって発見され本作で採用

●かつて著作者のリー・ヘイゼルウッドから「下劣で攻撃的だ」とクレームが入ったことで発売後のプレスから収録を外され、2002年盤で再収録されたものの“ピー音”連発だったいわくつきの改編カヴァー曲「ディーズ・ブーツ」が新録ヴォーカル(もちろん“ピー音”無し)で収録

●02年盤ジャケットのヴィック・ラトルヘッドのイラストを精巧な“彫刻”ヴァージョンへと昇華させた再改訂ジャケット

●秘蔵ライヴ音源7曲初収録(デイヴ・ムステインの自宅屋根裏から発掘されたVHSテープからの音源で、1stアルバム収録の全オリジナル曲を網羅かつ同じ曲順で収録)

●02年盤にボーナス収録された「“スカル・ビニース・ザ・スキン”デモ1984」の3曲(「メカニックス」はメタリカの「ザ・フォー・ホースメン」の元デモ)が最新マスタリングで収録

●初期のフライヤー、秘蔵写真がコラージュされた [CD]新ブックレット(全8p)付6面デジパック仕様 / [アナログLP]インナー・アートワーク

●ミキシング:マーク・ルイス / マスタリング:テッド・ジェンセン(スターリング・サウンド)

●書き下ろしライナーノーツ:デイヴ・ムステイン / コメント寄稿:ヴィニー・ポール(ex-パンテラ、ヘルイェー)

●アナログ盤(180g×2LP)は全世界で計5色発売:ブラック、レッド、シルヴァー、ホワイト、クリア(透明)盤「黒」以外はすべて完全生産限定盤。日本は「黒」「赤」の輸入盤に日本語帯付で販売。「黒」は一般店、「赤」は「伊藤政則のロックTV!」限定販売。(「銀」はメガデス公式サイト限定、「白」は米オンライン・ショップ「FYE」限定、「透明」はヨーロッパ限定販売)*並行輸入盤は帯無しとなります。 

『キリング・イズ・マイ・ビジネス ーザ・ファイナル・キルー』

MEGADETHメガデス

1983年メタリカを脱退したデイヴ・ムステイン(G)を中心に結成、1985年コンバット・レコードよりデビュー。メタリカ、スレイヤー、アンスラックスと共に“スラッシュ・メタル四天王”(THE BIG FOUR)の一角として君臨。90年代に入り世界的な大成功を収め黄金期を迎えるも2002年に一度は解散、2004年に再始動し現在に至る。全作品の累計セールス5,000万枚以上、グラミー賞ノミネート12回。2016年に発表した15thアルバム『ディストピア』で第59回グラミー賞「最優秀メタル・パフォーマンス」を初受賞。 WARD RECORDS DIRECTのメガデスページ▶

メガデス(Megadeth)『キリング・イズ・マイ・ビジネス ーザ・ファイナル・キルー』(KILLING IS MY BUSINESS...AND BUSINESS IS GOOD! – THE FINAL KILL)