その時、彼は気持ち泥棒。

ジョン・メイヤーJohn Mayer

『電』ジョン・メイヤー(John Mayer)
詳細はこちら
『生』ジョン・メイヤー(John Mayer)
詳細はこちら

4月10&11日の武道館公演を記念した日本独自の限定アナログ企画! 武道館公演詳細はこちら ギタリストとしての魅力にフォーカスした完全生産限定盤、『電』『生』の2種を2019年4月10日発売!

ザ・ギタリスト、ジョン・メイヤーの磁力にくなる。

『電』ジョン・メイヤー(John Mayer)

『電』ご購入はこちら
Sony Music Shop
完全生産限定
カラー(赤)ヴァイナル
価格:¥1,852+税 / 品番:SIKP7
33 1/3RPM / 解説・歌詞・対訳付
  • A面
  • 1. ビリーフ
  • B面
  • 1. エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース
  • 2. カム・ホエン・アイ・コール

ジョン・メイヤーのギター演奏でエレクトリックな魅力を放っている曲をまとめたのが、『電 ~electric JM』。収録された3曲は2007年11月8日、ロサンジェルスのノキア・シアターにて行われたライヴからで、キレと表現力豊かなエレクトリック・ギター演奏をセレクトして収録したアナログEP盤となる。A面の「ビリーフ」はフルバンドによるパートからのセレクトで、オリジナルは『コンティニュアム』の3曲目を飾っていた信念が内包する怖さを歌ったものでブルージーなギター・ソロが歌のトーンを支配する。B面はトリオによるパートからで1曲目の「エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース」はBBキングらの名演で知られるブルースの定番曲。2曲目の「カム・ホエン・アイ・コール」はシングルB面として発表されたJメイヤーのブルージーなオリジナル曲。

ザ・ギタリスト、ジョン・メイヤーの魔力にせられる。

『生』ジョン・メイヤー(John Mayer)

『生』ご購入はこちら
Sony Music Shop
完全生産限定
カラー(白)ヴァイナル
価格:¥1,852+税 / 品番:SIKP8
33 1/3RPM / 解説・歌詞・対訳付
  • A面
  • 1. サムシング・ライク・オリヴィア
  • 2.クイーン・オブ・カリフォルニア
  • B面
  • 1. スピーク・フォー・ミー
  • 2.シャドウ・デイズ

アコースティック・ギター演奏の素晴らしさを堪能できる歌をまとめたのが、『生 ~acoustic JM』。アコースティック・ライヴ・セッション『The Complete 2012 Performances Collection』からの4曲を収録したアナログEP盤で、オリジナルは2012年発表作『ボーン・アンド・レイズド』に収められていた。ソウルフルで心地よいグルーヴが魅力の「サムシング・ライク・オリヴィア」、ニール・ヤングやジョニ・ミッチェルの名前が歌詞に登場し彼らへの敬愛をにじませた「クイーン・オブ・カリフォルニア」、『ローリング・ストーン』の誌名が登場しヒーローの必要性を語る「スピーク・フォー・ミー」そして人を傷つけたことへの悔恨を歌った「シャドウ・デイズ」と、縦横無尽で情感豊かなアコースティック・ギター演奏を繰り広げながらシンガー・ソングライターとしての魅力を存分に発揮した歌が並ぶ。

最新シングル

I Guess I Just Feel Likeアイ・ゲス・アイ・ジャスト・フィール・ライク

購入/再生はこちら

ジョン・メイヤー: プロフィール

ジョン・メイヤー(John Mayer)

●2001年コロンビア・レーベルからメジャー・デビュー(日本2002年)。<現代の3大ギタリスト>と評され、グラミー7冠に輝く天才ギタリスト/稀代のシンガー・ソングライター。これまでに3枚のアルバムが全米1位を獲得、アルバム売上は2000万枚超。

●2012年発表の5作目『ボーン・アンド・レイズド』は全米チャート堂々2週連続1位を記録するが、その後喉の不調により予定されていたツアーはキャンセルになるなど一時活動を休止していた。

●2013年、奇跡の復活を遂げ6枚目となるアルバム『パラダイス・バレー』を発表(全米2位)。2015年春には同作を携え、4年ぶり4回目となる待望の来日公演を果たし、武道館・大阪城ホールでのツアーも大成功を収めた。

●2017年4月、約3年半ぶりの最新アルバム『ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』(通算7作目)をリリース(全米2位)。近年グレイトフル・デッドのスピンオフ・プロジェクト=デッド・アンド・カンパニーに参加するなど、新たな音楽を追求し続けてきたジョン。「タイトルの<尽きることのない探究>は僕のキャリアや人生そのものを物語っている/新作は僕がインスピレーションを受けた音楽やこれまでやってきたいろいろなスタイルの音楽を集めたミックステープのようなものになる」と本人が語るように、この作品はロック、R&B、ソウル、ポップス、カントリー等ジョンがこれまで出会ってきたすべての音楽のエッセンスを昇華させた<ジョン・メイヤー・ミュージックの結晶>となる濃密な作品に仕上がっている。ジョン・メイヤー・トリオのスティーヴ・ジョーダン(ドラムス)とピノ・パラディーノ(ベース)が全面参加したことでも話題を呼んだ。2018年には至高のポップ・ソング「ニュー・ライト」を公開し注目を集めた。

●2019年4月、最新アルバム『ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』を携え待望の来日公演が実現、日本武道館2daysが決定している。

日本オフィシャル・サイト 海外オフィシャル・サイト