Sony Music Direct Presents otonano

人生は観ることと感じることのタペストリー。

CAROLE KINGキャロル・キング

ロック・ポップス史に輝く大名盤『つづれおり』。全曲再現ライヴCD+DVDをはじめとする全3アイテムを一挙リリース!!!

  2016年7月3日、ロンドンのハイド・パークで行われた、キャロル・キングの不朽の大名盤『つづれおり』の全曲再現ライヴの模様を完全収録したファン感涙の音源&映像(CD+DVD)の日本盤がいよいよ9月27日に発売される。また、日本独自企画の『つづれおり』のアナログ盤、7インチ紙ジャケSACDマルチ・ハイブリッド盤『つづれおり』も同時発売される。

  『つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク』は、2016年7月3日に、ロンドンのハイド・パークで行われた『つづれおり』45周年を記念したコンサートの模様を収めたもので、『つづれおり』を史上初めて全曲演奏し、それに加えて、彼女の作品の中から人気の楽曲を収録。当日は65,000人以上もの熱狂的なオーディエンスが集まった。

CAROLE KING(キャロル・キング) Hyde Park

  伝説となった1973年のセントラル・パーク公演以来の大規模なコンサートとなった、このハイド・パークでの歴史的なパフォーマンスは、彼女にとって1989年以来初の英国公演となったと同時に『つづれおり』を全曲ステージ上で披露した初めての経験となった。ステージではキャロルがフル編成のバンドを率いる姿が見られるほか、彼女の圧巻の楽曲群から自身のお気に入りの楽曲も数曲披露されている。『つづれおり』オリジナル盤に参加したギタリスト、ダニー・“クーチ”・コーチマーがバンド・メンバーとして名を連ね、ゲストとしてキャロルの娘ルイーズ・ゴフィンが「地の果てまでも」(人気テレビシリーズ『ギルモア・ガールズ』のテーマ曲として、母娘デュオが再録音した曲)などをキャロルと共演。ローレンス・オリヴィエ賞を受賞した『ビューティフル:キャロル・キング・ミュージカル』のウエスト・エンド版のキャストたちが参加している。

Tepestry

  ポップ・カルチャーという生地に文字通り織り込まれた『つづれおり』は全世界の琴線に触れ、ビルボード・アルバム・チャートで15週間に亘って1位を記録(1971年度全米年間2位/1972年度全米年間2位)、6年間チャートに留まったという大ヒット・アルバム。また、キャロル・キングはこのアルバムで、グラミー賞の最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞(「イッツ・トゥー・レイト」)、最優秀楽曲賞(「君の友だち」)を含む4部門を受賞。「ソー・ファー・アウェイ」「イッツ・トゥー・レイト」「アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ」「君の友だち」をはじめ、今も時代を超えるスタンダードとして歌い継がれている楽曲が数多く詰まった、まさにロック・ポップス史上の残る大名盤。

『つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク』

『つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク』
●品番:SICP 31074~5 (CD+DVD)
●価格:4,200円+税
●完全生産限定盤
●英文ライナー(翻訳付):キャロル・キング (2016年「ハイド・パーク・コンサート・プログラム」からの抜粋、自伝「ナチュラル・ウーマン」からの抜粋)
●ダニー・コーチマー特別インタビュー(日本盤のみ)
●日本盤書下ろし解説:萩原健太
●歌詞・対訳付
●DVD: 約91分、MPEG2/16:9/Color、片面2層、リニアーPCM 2ch、日本語字幕(歌詞字幕を含む)付き
●CD:高品質Blu-spec CD2 採用
ご購入はこちら
Sony Music Shop
キャロル・キング
『つづれおり:ライヴ・
イン・ハイド・パーク』
抽選特典のおしらせ

キャロル・キング『つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク』

ご購入者の中から抽選の30名様にこのコンサート

(2016年7月3日 会場:ハイド・パーク)の公式プログラムをプレゼント! ※詳しくは商品に封入されている応募要項をご覧ください。 応募締め切り 2017年11月30日(木)当日消印有効

キャロル・キング『つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク』(2016年7月3日 会場:ハイド・パーク)の公式プログラムをプレゼント!

『つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク』

収録曲

  • CD
  • 01. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
  • 02. ソー・ファー・アウェイ
  • 03. イッツ・トゥー・レイト
  • 04. ホーム・アゲイン
  • 05. ビューティフル
  • 06. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
  • 07. 君の友だち
  • 08. 地の果てまでも with ルイーズ・ゴフィン
  • 09. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー with ルイーズ・ゴフィン
  • 10. スマックウォーター・ジャック
  • 11. つづれおり
  • 12. ナチュラル・ウーマン
  • 13. メドレー・イントロ
  • 14. ゴフィン&キング・メドレー:サヨナラ・ベイビー、泣きたい気持ち、ゴー・アウェイ・リトル・ガール、朝からゴキゲン、ワン・ファイン・デイ
  • 15. ヘイ・ガール
  • 16. チェインズ
  • 17. ジャズマン
  • 18. アップ・オン・ザ・ルーフ
  • 19. ロコモーション
  • 20. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ(with 「ビューティフル:ザ・キャロル・キング・ミュージカル」キャスト)
  • 21. 君の友だち(リプリーズ)
  • DVD
  • 01. オープニング/キャロルへのお祝いコメント(インストゥルメンタル・ミュージック・ベッド:イッツ・トゥー・レイト、ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー、ソー・ファー・アウェイ、ナチュラル・ウーマン)
  • 02. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
  • 03. ソー・ファー・アウェイ
  • 04. イッツ・トゥー・レイト
  • 05. ホーム・アゲイン
  • 06. ビューティフル
  • 07. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
  • 08. 君の友だち
  • 09. 地の果てまでも with ルイーズ・ゴフィン
  • 10. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー with ルイーズ・ゴフィン
  • 11. スマックウォーター・ジャック
  • 12. つづれおり
  • 13. ナチュラル・ウーマン
  • 14. サヨナラ・ベイビー
  • 15. 泣きたい気持ち
  • 16. ゴー・アウェイ・リトル・ガール
  • 17. 朝からゴキゲン
  • 18. ワン・ファイン・デイ
  • 19. ヘイ・ガール
  • 20. チェインズ
  • 21. ジャズマン
  • 22. アップ・オン・ザ・ルーフ
  • 23. ロコモーション
  • 24. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ(with 「ビューティフル:ザ・キャロル・キング・ミュージカル」キャスト)
  • 25. 君の友だち(リプリーズ)

『つづれおり』 アナログ盤
(モービル・フィデリティ盤+日本制作ジャケット)

『つづれおり』 アナログ盤(モービル・フィデリティ盤+日本制作ジャケット)
●品番:SIJP 55
●価格:4,800円+税
●完全生産限定盤
●レコード盤はモービル・フィデリティ盤(モービル・フィデリティ特製のショーレックス袋付き)
・モービル・フィデリティ盤はモービル・フィデリティ・サウンド・ラボ社が、独自のマスタリング技術を駆使して、マスター・テープのデータを限界まで引き出した復刻盤として高い評価を得ている。
・今作はオリジナル・マスター・テープを使用し、ハーフ・スピード・カッティングを施している。プレスは米国のレコード・テクノロジー・インダストリー社。
●180g重量盤
●USオリジナルLPを可能な限り再現した日本制作のジャケット
●レーベル面、内袋もUSオリジナルLPを可能な限り再現
●日本盤初発売時のLP帯を復刻
●日本盤初発売時のライナーノーツ復刻:朝妻一郎
●日本盤ライナーノーツ:萩原健太、歌詞・対訳付き、ファミリーツリー掲載
ご購入はこちら
Sony Music Shop

『つづれおり』 アナログ盤(モービル・フィデリティ盤+日本制作ジャケット)

収録曲

  • 〈SIDE ONE〉
  • 1. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
  • 2. ソー・ファー・アウェイ
  • 3. イッツ・トゥー・レイト
  • 4. ホーム・アゲイン
  • 5. ビューティフル
  • 6. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
  • 〈SIDE TWO〉
  • 1. 君の友だち
  • 2. 地の果てまでも
  • 3. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー
  • 4. スマックウォーター・ジャック
  • 5. つづれおり
  • 6. ナチュラル・ウーマン

『つづれおり』7インチ紙ジャケット仕様
SACDマルチ・ハイブリッド盤

『つづれおり』 7インチ紙ジャケット仕様SACDマルチ・ハイブリッド盤
●品番:SICP 10120
●価格:4,200円+税
●完全生産限定盤
●SACD 5.1ch : 通常のステレオ・ヴァージョンとは異次元の高音質のサラウンド・ミックス。ステレオ・ヴァージョンに比べて、より細部まで聞きとれる音像を体感できます。
●CD:ハイブリッドディスクを採用。通常のCDとしてもお楽しみ頂けます。
●USオリジナルLPを可能な限り再現した7インチ紙ジャケット仕様(アナログ・シングル・サイズ)
●レーベル面、内袋もUSオリジナルLPを可能な限り再現
●日本盤初発売時のLP帯を復刻
●日本盤初発売時のライナーノーツ復刻:朝妻一郎
●特別対談:朝妻一郎×湯川れい子
●特別寄稿:寒梅 賢(元キングレコード:キャロル・キング担当ディレクター)
●本作からカットされた日本盤シングル・復刻ジャケット2種封入(「イッツ・トゥー・レイト」「ソー・ファー・アウェイ」)
●日本盤ライナーノーツ:萩原健太、歌詞・対訳付き、ファミリーツリー掲載
ご購入はこちら
Sony Music Shop

『つづれおり』 7インチ紙ジャケット仕様SACDマルチ・ハイブリッド盤

収録曲

  • TRACK LIST
  • 01. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
  • 02. ソー・ファー・アウェイ
  • 03. イッツ・トゥー・レイト
  • 04. ホーム・アゲイン
  • 05. ビューティフル
  • 06. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
  • 07. 君の友だち
  • 08. 地の果てまでも
  • 09. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー
  • 10. スマックウォーター・ジャック
  • 11. つづれおり
  • 12. ナチュラル・ウーマン
  • BONUS TRACKS
  • 13. アウト・イン・ザ・コールド
  • 14. スマックウォーター・ジャック(ライヴ)

CAROLE KINGキャロル・キング

キャロル・キング バイオグラフィ

1942年2月9日NY生まれ。60年代にはソング・ライターとして活躍。ジェリー・ゴフィンとのコンビで 「ロコモーション」、「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー」、「ワン・ファイン・デイ」など、後々まで歌い継がれている数々の作品を生み出す。’60年から’63年にかけての3年間で、このコンビで延べ20曲あまりの全米トップ40ヒットを世 に送り出す。’62年にはソロでシングルを、’68年にはシティというバンドでアルバムをそれぞれ1作品リリース。’70年に『ライター』であらためて、ソロ・デビュー。翌’71年発表された『つづれおり』は世界的な大ヒットとなり、女性シンガー・ソングライターの第一者としての名声を獲得。以後も数々の名盤をリリース。75歳となった現在でも、マイペースながら、活動を続けている。

コラム:永遠の友情ソング「君の友だち」

「君の友だち」

  2010年4月14日・日本武道館。今も記憶に鮮明なキャロル・キングとジェイムス・テイラーの奇跡の来日公演。女性シンガーソングライターの最高峰と、そのシンガーソングライター時代の幕開けを告げた男が同じステージに立つあまりにもスリリングで、飛び切り贅沢な時間だった。主人公たちをバックで支えるメンバーがダニー・コーチマー(ギター)、ラス・カンケル(ドラムス)……この事実だけで往年のリスナーは感涙だったが、その“夢の共演”は、40年前から始まっていた。

  世界はロックで変革すると熱い連帯意識を持った激動の60年代は、ビートルズの解散、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ジム・モリソンらの相次ぐ死によってあっけなく幕が降ろされた。70年代はその反動とも言うべきパーソナルな響きがリスナーの心に浸透する空気のなかで始まった。内省的な言葉が繊細なメロディをなぞり、多くの優れたシンガーソングライターが、この時期に後世に残る楽曲を次々と誕生させた。なかでも1971年夏に全米シングルチャートのトップまで登り詰めたジェイムス・テイラーの「きみの友だち」は、珠玉の“名唱”と言われて久しい。作者はキャロル・キング。歴史的名作『つづれおり』の収録曲だった。

  全米セールス1000万枚(全世界2500万枚)の当時の女性最高記録を打ち立てた大ベストセラー。キャロル・キングが、その『つづれおり』を製作していたのは、ジェイムス・テイラーの出世作『スウィート・ベイビー・ジェイムス』(シンガーソングライター時代の幕明け曲と言われる「ファイヤー・アンド・レイン」収録)をレコーディング中のスタジオから数ブロック離れたところだった。共通の知人だったダニー・コーチマーを通じてふたりは昔から友人だったため、キャロルはピアノで、ジャイムスはギターでそれぞれお互いのアルバムに参加した。意気投合したふたりは1971年春に全米27都市をまわるツアーを行い、ジェイムスは次作『マッド・スライド・スリム』の中で「きみの友だち」をカヴァーした。“私(僕)の名前を呼ぶだけでいい/そしたらどこにいてもすぐに走って行くから/きみの友だちだから──”。

  「クーチ(ダニー・コーチマー)が僕らを引き合わせたのは1969年、(職業ライターだった)彼女が自作の曲を自ら歌い始めた頃だった。僕らは一緒にレコーディングし、一緒にツアーし、ひとつのバンドをともに率い、行動を共にした。彼女は僕に唯一のナンバーシングルをもたらしてくれた。それはローレルキャニオンでの素晴らしい日々だった。ジョニ(ミッチェル)、ジャクソン(ブラウン)、CSNY、イーグルス、そしてキャロル・キング──非凡な才能がひしめきあっていた。レコード会社は利益を2の次にし、善意で音楽を提供していた。最高だった。僕らは笑い、泣き、生きて、死んでいった……」。1999年に新装再発された『つづれおり』に寄せたジェイムス・テイラーのコメントは、時代を共有してきた往年のファンの目頭を熱くさせた。

  70年代当時の空気を知らなくても、キャロルとジェイムスの曲は、普遍的な魅力を放ち続け世代にとらわれることなく多くのリスナーから支持されている。それは、時代も言葉も超えた世界共通の「愛」「友情」「死」など誰もが直面するあまりにもシンプルな内容を歌い続けているからだ。優しい歌声に寄り添う楽器たちの音は、昔も今も常に秀逸。数ある“名曲誕生物語”のなかでもこのストーリーが特別な輝きを放っているのは、それぞれ離婚、再婚を繰り返しながらも、結果的にキャロルとジェイムスは男女の恋愛関係にはならなかったからだとも言われている。主人公たちが本当に“友だち”のまま半世紀の時を超えようとしている──You’ve Got A Friend.

文/安川達也(otonano編集部)