トコトンとばす、ノれる音楽さえあれば。

『ベイビー・ドライバー』サウンドトラック盤

『ベイビー・ドライバー』サウンドトラック盤『ベイビー・ドライバー』サウントラック盤
日本盤:9月27日緊急発売予定
日本盤ご購入はこちらから
Sony Music Official Site
SICP5629-30●2枚組特別価格:\2,700+税
Various
Baby Driver (Music from the Motion Picture)
輸入CDご購入はこちらから
Sony Music Shop
輸入LPご購入はこちらから
Sony Music Shop

ロック、R&B、ポップ、ジャズ、ソウル・・・選んだ基準はクールな曲!

『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』『アタック・ザ・ブロック』などを手がけた、英国出身のエドガー・ライト監督の最新作『ベイビー・ドライバー』。公開早々、大ヒットを記録中だが、今作はエドガー・ライトが「巨匠ウォルター・ヒル監督へのトリビュート作だ」と公言するカー・アクション映画だ。
この映画でアンセル・エルゴートが演じる主人公は天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバーで通称“ベイビー”。ベイビーが最高のテクニックを発揮するための小道具は、なんと完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供の頃の事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する・・・。
ベイビーが覚醒する完璧なプレイリストとは・・・音楽が大きなファクターとなる映画だけに、サウンドトラックにはジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン、ザ・ビーチ・ボーイズ、ザ・コモドアーズ、T. Rex、ベック、ブラー、スカイ・フェレイラ等によるスタイリッシュな30曲が並ぶ。そして映画のエンディングに流れるのは今作のヒントになったのではと想像できるサイモン&ガーファンクルの「ベイビー・ドライバー」。S&Gの傑作として知られる『明日に架ける橋』に収録されていたご機嫌なナンバーだ。