ニュース

【DJ OSSHY】本日公開! 好評連載 「TOKYOの未来に恋してる!」第36回【対談⑨ 荻野目洋子[前編]】
update

【DJ OSSHY】本日公開! 好評連載 「TOKYOの未来に恋してる!」第36回【対談⑨ 荻野目洋子[前編]】が配信されました。

otonano人気「TOKYOの未来に恋してる!」の大好評“対談”シリーズ。角松敏生、ブラザー・コーン(バブルガム・ブラザーズ)、マイケル・フォーチュナティ、西寺郷太(NONA REEVES)、横山剣(CRAZY KEN BNAD)、レイ・パーカーJr.、LiLiCo、クリス松村に次ぐ9人目のゲストとして、歌手の荻野目洋子の登場です。80年代の”ダンシング・ヒーロー”時代を振り返るちょっぴり”六本木純情派”トークもキュートなスペシャル対談[前編]をお届けします!




DJ OSSHY (中略)荻野目さんと言えば、まずはやはり「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」ですが、この一世を風靡した名曲のリリースが’85年。当時はバブル・ディスコ全盛時代でしたが、荻野目さんご自身もやはりディスコには通われていたんですか?

荻野目洋子いやいや。プライヴェートではいちどもディスコに行ったことがなかったんです。「ダンシング・ヒーロー」の当時はまだ17歳でしたから。ですので、取材などのお仕事の一環としてディスコに行くことはありましたが、お店ではとにかく圧倒されっぱなしで。ディスコに来ている方はバッチリおしゃれしたお兄さんやお姉さんばかりじゃないですか。特にあの頃の六本木の盛り上がりぶりは……

 この対談の続きはotonanoサイト内、DJ OSSHY「TOKYOの未来に恋してる!」でお楽しみください!



↑↑↑↑【DJ OSSHY連載】「DJ OSSHY TOKYOの未来に恋してる!」はこちら↑↑↑↑