伊藤銀次のPOP FILE RETURNS

第318回「林家彦いち」特集 ~自分で作れば作るほど古典落語の面白さがわかる編~ ゲスト:林家彦いち
2019/11/15 配信

◆INFORMATION◆




林家彦いち『瞠目笑 天地万象をネタにした珍笑話集』

PIE International刊
価格:¥1,750+税
詳細はこちら PIE International

噺家・林家彦いちが世相を斬り、社会風刺で挑む、至極の小噺集!
この小噺はあれだよ
インテリゲンチャじゃないと無理だな ―久米宏―

TBSラジオの中でも人気番組であるのが、『久米宏 ラジオなんですけど』。
その中の名物コーナーが林家彦いち師匠の『ネタおろし生落語「彦いち噺」』です。
毎週、放送テーマに合わせて政治や社会ネタ、話題の出来事を盛り込んだ新作落語=小噺を創作して披露しています。
コーナー8年の歴史の膨大なストックから、選りすぐりの小噺を一冊にまとめて、ドドン!とお届けします!

時の政権、経済、文化、社会問題、芸能、風俗、流行、話題の人など、天地万象をネタにした珠玉の小噺を満載しています。 ラジオを聴いていない人、ラジオを聴いていたけれどオチが分からなかった人、聴き取れなかった人、かつての政治や社会問題、時事ネタなんて忘れてれたなぁという人のためにも、おさらいしやすい注釈付きで分かりやすく、誰が読んでも面白い笑話集です。

さらに小噺以外にも、製作秘話が語られる奥深い寄稿は見逃せません!

◎ラジオ番組のパーソナリティをつとめる久米宏さんが、鋭い洞察で「林家彦いち」を解説。神韻縹渺たる寄稿文を掲載!

◎放送構成作家・稲原 誠さんが、コーナー『彦いち噺』の小噺ができるまでの紆余曲折と無茶振りさを教えてくれます。

★カバー装画は、鈴木ひょっとこさんです。
浮世絵と現代の家電を融合した「家電シリーズ」が代表的な作品として知られる人気画家。
アウトドア・アクティビティを楽しむかのように万有のネタを操り、さまざまな小噺を創出する彦いち師匠を描いています。





『毎日新聞落語会 林家彦いち』

品番:MHCL-2318
価格:¥1,905+税
ご購入はこちら Sony Music Shop

体育会系らくご男子。
落語界の体育会系代表、笑顔が素敵な林家彦いち(はやしやひこいち)が毎日新聞落語会CDシリーズに登場。彦いちにしか創れない演れない自伝的私小説落語「長島の満月」、古典落語を自身に取り込み独自の解釈を詰め込みはきだす強烈な「青菜」。新作と古典の両輪で全力疾走しながら落語と格闘する真骨頂の二席を収録。


『毎日新聞落語会 林家彦いち2』

品番:MHCL-2656
価格:¥1,944+税
ご購入はこちら Sony Music Shop

戦う落語家による第二弾!
毎日新聞落語会「渋谷に福来たる」CDシリーズから林家彦いち第二弾。アウトドア噺家としての本領発揮といえるエベレスト登山直前に収録した「反対車」と円丈作「遥かなるたぬきうどん」を収録。

★MORE INFORMATION
池袋演芸場・11月中席夜の部 主任:林家彦いち(11/20まで)
林家彦いち公式サイト



◆銀次のオススメ◆



矢野顕子『SUPER FOLK SONG』【アナログLP】

品番:MHJL-14
価格:¥3,700+税
ご購入はこちら Sony Music Shop

矢野顕子歴史的カバー・アルバムをアナログレコードで再リリース
矢野顕子が1992年に発表した歴史的カバー・アルバム「SUPER FOLK SONG」。ピアノと歌だけの“一発録り”レコーディング。矢野オリジナルに見事に形を変えた各曲、録音時の極限の緊張感まで伝わるようなすさまじい臨場感…。「名盤」の領域をも超えた作品と言っても過言ではないこのアルバムをアナログレコードで再リリース。CDとは違った趣を感じるであろう。

矢野顕子アナログ復刻スペシャルサイト





放送後記

 今週は落語家の林家彦いち師匠をゲストにお招きしてお送りいたします。立川志らべさん、桃月庵白酒さんと、落語家さんのゲストも折に触れお呼びしている当番組。銀次さんは以前から彦いちさんとも顔見知りということで、今回満を持してゲストにお越しいただきました。10月にはレギュラー出演しているラジオ番組『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ 毎週土曜日 13:00~)の名物コーナーを書籍化した『瞠目笑』を刊行したばかりの彦いちさん。創作落語を軸足に置きつつ、落語という伝統芸能に新たな表現を模索している彦いちさんと、落語の奥深さや魅力について、じっくりと語り合っていただきました。

 そして、番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしております。ご意見、ご感想、こんなゲストを呼んでほしいというリクエストなどなど、何でも結構です。どしどしお寄せください! このページのメッセージフォームからお送りいただけると幸いです。





●次回予告
2019年11月22日更新予定
第319回「HEATWAVE『Blink』」特集 その1
~今感じたことをロックンロールの衝動で伝えることがみんなへの感謝編~
ゲスト:山口洋(HEATWAVE)


出演者プロフィール

伊藤銀次
伊藤銀次(いとう ぎんじ)
1972年、バンド"ごまのはえ"でプロ・デビュー。プロデュース依頼が切っ掛けで大瀧詠一と出会い、はっぴいえんどの解散コンサートに"ココナツ・バンク"として出演するが、ほどなく解散。その後一時期、"シュガー・ベイブ"に在籍し、名曲「DownTown」を山下達郎と共作、また大滝詠一、山下達郎と共に『Niagara Triangle Vol.1』に参加。1977年に初のソロ・アルバム『Deadly Drive』をリリース。その後はアレンジャー/プロデューサーとして沢田研二、アンルイスなど数々のアーティストを手掛ける傍ら、佐野元春のバンド"The Heartland"のギタリストとしても活動。
ソロ・アーティストとして『Baby Blue』『Sugar Boy Blues』『GET HAPPY』『LOVE PARADE』等を発表。1990年代以降はプロデューサーとして手掛けたウルフルズが大ヒットを記録。2007年からは、「I STAND ALONE」という弾き語りライヴを各地で開催し好評を得る。また杉真理らとの"マイルドヘヴン"や、L⇔Rの黒沢秀樹との"uncle-jam"など新たなバンド/ユニット活動も開始。
そしてデビュー40周年を迎えた2012年、ベスト・アルバム 『伊藤銀次 GOLDEN☆BEST~40th Anniversary Edition~』をリリース!
オフィシャルブログ:「SUNDAY GINJI」
RIO
RIO(リオ)
1974年 三重県生まれ4人姉妹の末っ子
1983年 小学校3年生の時、お絵描き教室の先生にANDY WARHOLの作品集を見せてもらい衝撃を受ける。
1989年 中学校を卒業し、ようやく念願のアメリカへ単身渡る。
1992年 The Cambridge school of Westonを卒業。
東海岸の芸術大学への奨学金制度をもらうが、寒さのあまりカリフォルニアへ。
西海岸カリフォルニア、サンフランシスコのThe Academy of Art college入学
1994年 大学を修了 / オーストラリアへ
1995年 帰国し大阪で輸入の仕事や営業ウーマンを経験
1998年 アルバイトをしながらバンドを組み、ライブをやっていた時にラジオ関係者に声をかけられラジオの世界へ。
大阪を中心に名古屋のZIP-FM、JFN全国ネットなど、FMラジオのDJやMCとして順調に活動していたが
2014年 大阪を離れ、上京。
現在は画家の活動を中心にラジオの番組も続けている。
ラジオDJやMCなどメディアの仕事ではRIOとして活動。
画家としてはRIO UMEZAWAとして活動。
Rio Umezawa Official Web Site
--アーカイブ配信 パーソナリティ紹介--
土橋一夫(どばし かずお)
テイチク等を経て(有)シャイグランス代表となり『Groovin'』を創刊、また"Surf's Up Design"を設立しアート・ディレクターとしてジャケットや書籍等を多数手掛ける。ディレクターとしては杉真理、村田和人、玉城ちはる等の新作、細野晴臣、伊藤銀次、杉真理、須藤薫、村田和人、フィル・スペクター関連やA&M等の再発を担当。著書に『ジャケガイノススメ』、編・監修書に『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』等がある。K-MIX「ようこそ夢街名曲堂へ!」のパーソナリティ/構成を担当中。FLY HIGH RECORDS主宰。
能地祐子(のうじ ゆうこ)
東京生まれ。大学時代から音楽ライターの仕事を始め、現在に至る。音楽誌を中心に、ロックからJ-POP、アイドル歌謡までジャンル問わず評論、紹介記事を執筆中。音楽以外の趣味は、野球観戦。

伊藤銀次のPOP FILE RETURNSへのご意見、ご希望

ご意見・ご希望

お住まいの都道府県

年齢

性別

ラジオ・ネーム(任意のニックネーム)