伊藤銀次のPOP FILE RETURNS

第299回「小坂忠『ほうろう』」特集 その1 ~声の出し方とか、「うた」そのものが好きなんだ編~ ゲスト:小坂忠
2019/07/05 配信

◆INFORMATION◆




小坂忠『ほうろう』【アナログLP】

品番:MHJL-60
価格:¥3,700+税
ご購入はこちら Sony Music Shop

小坂忠の名盤『ほうろう』(1975年)がアナログ化!
ジャパニーズR&Bの原点にして日本の音楽史に燦然と輝く名盤中の名盤『ほうろう』が遂にアナログ盤再発!世界的名エンジニア、バーニー・グランドマンのリマスタリングとカッティング、Sony DADC Japanプレスによる完全生産限定盤。1975年作品。
参加アーティスト:細野晴臣、鈴木茂、吉田美奈子、山下達郎、矢野顕子、大貫妙子、松任谷正隆、林立夫

小坂忠『ほうろう』【アナログLP】スペシャルサイト

★MORE INFORMATION
小坂忠オフィシャルサイト



◆銀次のオススメ◆



ブルース・スプリングスティーン『ウエスタン・スターズ』

品番:SICP-6183
価格:¥2,400+税
ご購入はこちら Sony Music Shop

5年振り通算19作目のオリジナル・ニュー・アルバム!
ロック界のBOSS、ブルース・スプリングスティーンの2014年『ハイ・ホープス』以来5年振り、通算19作目となるオリジナル・ニュー・アルバム。‘60年代終わりから’70年代初めにかけてのサザン・カリフォルニア・ポップ・レコードにインスパイアされた、彼の音楽を新たな境地へと誘う作品。ボス曰く「このアルバムは、キャラクター主導型の曲と、大胆でシネマチックなオーケストラのアレンジを特徴としていた僕のソロ作品への回帰――“宝石箱”のようなアルバムなんだ」。13曲全曲スプリングスティーンの書下ろし新曲。ハイウェイ、荒廃した空間、孤立感、コミュニティ、そして家庭や希望の不変性といったアメリカ的なテーマを広範囲に網羅している。プロデュースを手がけたのはブルースとロン・アニエロ。パティ・スキャルファ、ジョン・ブライオン、デヴィッド・サンシャス、チャーリー・ジョルダーノ、スージー・タイレル他ゲスト参加。アルバムのミキシングはグラミー賞受賞歴13回のトム・エルムハーストが手がけている。

ブルース・スプリングスティーン『ウエスタン・スターズ』スペシャルサイト





放送後記

 当番組もとうとう放送開始から300回目前となりました。今週と来週は、小坂忠さんをゲストにお招きしてお送りいたします。銀次さんと忠さんが共演している音盤こそ残っていませんが、名盤『ほうろう』リリース時のライヴで、鈴木茂さんに代わって銀次さんが演奏したこともあったんだそうです。また、銀次さんがまだ上京する前に忠さんが在籍していたエイプリル・フールの演奏をテレビで観たことがあったそうで、小坂忠さんがミュージシャン伊藤銀次の草創期に多大な影響を与えたひとりであることは間違いないでしょう。日本のロック/ポップ史にその名を刻むおふたりによる豪華対談前編、ぜひ隅から隅までじっくお楽しみください。

 そして、番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしております。ご意見、ご感想、こんなゲストを呼んでほしいというリクエストなどなど、何でも結構です。どしどしお寄せください! このページのメッセージフォームからお送りいただけると幸いです。





●次回予告
2019年7月12日更新予定
第300回「小坂忠『ほうろう』」特集 その2
~新しい讃美歌を作ろうと思った編~
ゲスト:小坂忠


出演者プロフィール

伊藤銀次
伊藤銀次(いとう ぎんじ)
1972年、バンド"ごまのはえ"でプロ・デビュー。プロデュース依頼が切っ掛けで大瀧詠一と出会い、はっぴいえんどの解散コンサートに"ココナツ・バンク"として出演するが、ほどなく解散。その後一時期、"シュガー・ベイブ"に在籍し、名曲「DownTown」を山下達郎と共作、また大滝詠一、山下達郎と共に『Niagara Triangle Vol.1』に参加。1977年に初のソロ・アルバム『Deadly Drive』をリリース。その後はアレンジャー/プロデューサーとして沢田研二、アンルイスなど数々のアーティストを手掛ける傍ら、佐野元春のバンド"The Heartland"のギタリストとしても活動。
ソロ・アーティストとして『Baby Blue』『Sugar Boy Blues』『GET HAPPY』『LOVE PARADE』等を発表。1990年代以降はプロデューサーとして手掛けたウルフルズが大ヒットを記録。2007年からは、「I STAND ALONE」という弾き語りライヴを各地で開催し好評を得る。また杉真理らとの"マイルドヘヴン"や、L⇔Rの黒沢秀樹との"uncle-jam"など新たなバンド/ユニット活動も開始。
そしてデビュー40周年を迎えた2012年、ベスト・アルバム 『伊藤銀次 GOLDEN☆BEST~40th Anniversary Edition~』をリリース!
オフィシャルブログ:「SUNDAY GINJI」
RIO
RIO(リオ)
1974年 三重県生まれ4人姉妹の末っ子
1983年 小学校3年生の時、お絵描き教室の先生にANDY WARHOLの作品集を見せてもらい衝撃を受ける。
1989年 中学校を卒業し、ようやく念願のアメリカへ単身渡る。
1992年 The Cambridge school of Westonを卒業。
東海岸の芸術大学への奨学金制度をもらうが、寒さのあまりカリフォルニアへ。
西海岸カリフォルニア、サンフランシスコのThe Academy of Art college入学
1994年 大学を修了 / オーストラリアへ
1995年 帰国し大阪で輸入の仕事や営業ウーマンを経験
1998年 アルバイトをしながらバンドを組み、ライブをやっていた時にラジオ関係者に声をかけられラジオの世界へ。
大阪を中心に名古屋のZIP-FM、JFN全国ネットなど、FMラジオのDJやMCとして順調に活動していたが
2014年 大阪を離れ、上京。
現在は画家の活動を中心にラジオの番組も続けている。
ラジオDJやMCなどメディアの仕事ではRIOとして活動。
画家としてはRIO UMEZAWAとして活動。
Rio Umezawa Official Web Site
--アーカイブ配信 パーソナリティ紹介--
土橋一夫(どばし かずお)
テイチク等を経て(有)シャイグランス代表となり『Groovin'』を創刊、また"Surf's Up Design"を設立しアート・ディレクターとしてジャケットや書籍等を多数手掛ける。ディレクターとしては杉真理、村田和人、玉城ちはる等の新作、細野晴臣、伊藤銀次、杉真理、須藤薫、村田和人、フィル・スペクター関連やA&M等の再発を担当。著書に『ジャケガイノススメ』、編・監修書に『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』等がある。K-MIX「ようこそ夢街名曲堂へ!」のパーソナリティ/構成を担当中。FLY HIGH RECORDS主宰。
能地祐子(のうじ ゆうこ)
東京生まれ。大学時代から音楽ライターの仕事を始め、現在に至る。音楽誌を中心に、ロックからJ-POP、アイドル歌謡までジャンル問わず評論、紹介記事を執筆中。音楽以外の趣味は、野球観戦。

伊藤銀次のPOP FILE RETURNSへのご意見、ご希望

ご意見・ご希望

お住まいの都道府県

年齢

性別

ラジオ・ネーム(任意のニックネーム)