DJ OSSHY TOKYOの未来に恋してる!

安心・安全・健全なディスコ・カルチャーを伝達することを使命とするDJ OSSHYのインタビュー連載

第31回【対談⑥ レイ・パーカーJr. × DJ OSSHY[後編]】
第31回【対談⑥ レイ・パーカーJr. × DJ OSSHY[後編]】

「ゴーストバスターズ」は24トラックのテープを切って貼って長くして、なんとか曲にしたんだ。長くした分、歌詞が足りなくなったから、加えたけどね(レイ・パーカーJr.)



「ゴーストバスターズ」は全部生演奏だと思ってたら、ループだったんですね! それはまったくわからなかったです(DJ OSSHY)




──([前編]からの続き)レイさんは何度も日本に来られていますが、どんな印象をお持ちでしょうか。

DJ OSSHY 初来日の時はディスコに遊びに行ったりしましたか?

レイ・パーカーJr. 六本木の「PASHA」に行ったよ。あ、この街だね。

DJ OSSHY まさにサーファー・ディスコの人気店でした。

レイ・パーカーJr. なぜ、お店の名前をおぼえているかというと、その夜、ちょっとした事件が起こったからなんだ。俺は翌日もライヴがあったから早めに引き上げて、ホテルで寝たんだけど、バンドのメンバーたちは残って遊んでいた。フリードリンクだからと聞いて、みんな飲んで騒いで、最後にはドン・ペリニヨンまで開けたそうなんだよ。そうしたら、いざお店を出る時に「実はドン・ペリは無料じゃない!」ということがわかって(笑)。メンバーたちは困り果てたそうだよ。

一同 (爆笑)




DJ OSSHY そういう話は当時いっぱいありましたね(笑)。レイさん自身はお酒を飲まれるんですか?

レイ・パーカーJr. 酔いやすいタイプだから、そんなに飲む方じゃないね。ワインやウイスキーを少しだけ。キューバ産のシガーと一緒に楽しむくらいかな。初来日の時に六本木の「田舎家」に連れていってもらって、炉端焼きを食べながら、日本酒も飲んだんだ。美味しいからスイスイ飲んじゃって、そんなに飲んで大丈夫? って聞かれたんだけど、大丈夫、大丈夫! ってそのときは思っていたんだけど、最後にはもう自分で立てないくらい酔っ払ってしまって(笑)。ホテルまでかつがれて帰ったよ。

一同 (爆笑)




DJ OSSHY ところで、レイさんは音楽活動のスタートはギタリストでした。ヴォーカリストに転身するきっかけは何だったんですか?

レイ・パーカーJr. 色んなアーティストの作品でギターを弾いてきたんだけど、あるときママに「お前は一体どんな仕事ををやっているの? よくわからない」と言われて。バリー・ホワイトのアルバムでいくらギターを弾こうが、彼のアルバムだからママにはわかってもらえない。だったら、自分の顔をプリントしたジャケットで1枚作ったら納得してくれるはずだと思って、それで自分のレコードを初めて作ったんだ。マジな話だよ。

DJ OSSHY ええ! そうだったんですか。その前から歌がうまいと周りから言われたりしなかったんですか?

レイ・パーカーJr. いや、それまで歌ったことがなかったから、誰もそんなことは言わなかった(笑)。レディオで初めて歌ったんだ。だから、1枚目に比べると、どんどん歌がうまくなっていると思うよ。でも、1枚目の頃はまだギタリストとしてのマインドだったかな。マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダー、ダイアナ・ロス、バリー・ホワイト、トム・ジョーンズ、カーペンターズとか、彼らのすばらしい作品にギタリストとして参加していたし、生計を立てていたのもギタリストととしてだから。

DJ OSSHY 歴史的なレコーディングにたくさん立ち会われていますよね。僕も大好きな「シェイク・イット・アップ・トゥナイト」を含むシェリル・リンの『イン・ザ・ナイト』(‘81年)も手がけていますし、ご自身の作品だけでなく、プロデュースされた作品も日本のディスコでは大人気でした。


DJ OSSHY監修・選曲『ディスコ・ラヴァーズ』
「シェイク・イット・アップ・トゥナイト」(シェリル・リン)ほか全108曲収録


レイ・パーカーJr. チャカ・カーンのルーファスの「ユー・ガット・ザ・ラヴ」がプロデュースした曲の最初のビッグ・ヒットだったね。ダンス・ミュージックとしてのヒットも多いけど、とにかくみんなをハッピーにする曲、笑顔になれる曲を作ろうと思ってやってきた。アイデアはどんなときでも浮かんでくるもので、例えば車に乗っているときとか、人の会話からも曲ができることがある。歌詞が先にできることが多いね。

DJ OSSHY ちなみに「ゴーストバスターズ」はどんなシチュエーションで生まれたんでしょうか? 世界中で大ヒットを記録した80年代を代表する曲ですが、実は日本のディスコではそんなに盛り上がってなかったんですよね。レイさんの曲でいちばん盛り上がっていたのは「パーティ・ナウ」なんです。同じくらい「スティル・イン・ザ・グルーヴ」も人気がありました。でも、あれだけヒットした「ゴーストバスターズ」はそこそこ盛り上がるかな、という状況だったんです。

レイ・パーカーJr. そうなんだ! 確かにほかの国でも違った曲が人気だったりすることがあるけど、「ゴーストバスターズ」はそれまでの自分のすべての曲をまとめても、それを上回る売り上げだったからね、やっぱり思い入れは深いよ。桁外れのモンスターヒットだからね。♪Who you gonna call? (Ghostbusters!) というフレーズがカジノのスロットマシーンに使われたり、Tシャツにプリントされたりと、そうした二次的なセールスもあって、すごいことになったんだ。


オリジナル・サウンドトラック
『ゴーストバスターズ』
1984年


DJ OSSHY それではキャリアのなかで楽曲自体も「ゴーストバスターズ」がいちばん納得されているのでしょうか?

レイ・パーカーJr. そうだね。あの曲はさらに俺にもたらしてくれたことがあるんだ。それはたくさんの人をハッピーにしたということ。その笑顔を見ることで、俺もハッピーになれる。7歳くらいの小さい子も俺のほかの曲は知らなくても「ゴーストバスターズ」は知ってる。学校とかに行くと「あ、“ゴーストバスターズ”のおじさんだ!」って喜んでくれるんだ。自分はどんどん年を取っていくけれど、いつの時代の子どもたちも「ゴーストバスターズ」を好きでいてくれる。そんな曲を作れたのは本当にかけがえのないことだと思うよ。でも、「ゴーストバスターズ」はリリースされる予定がなかった曲だったんだ。




DJ OSSHY え! どうしてですか?

レイ・パーカーJr. そもそも映画用に20秒使われる予定で作ったものだから、曲にはなっていなかった。1分25秒だけレコーディングして、そのうちの20秒が映画で流れることになっていたんだ。それで終わるはずだったのが、アイヴァン・ライトマン監督がフレーズを気に入ったもんだから、急きょ曲にすることになって。それから24トラックのテープを切って貼って長くして、なんとか曲にしたんだ。長くした分、歌詞が足りなくなったから、加えたけどね。だから、リクエストに応えて急場しのぎで生まれた曲だし、ヒットするなんてまったく思ってなかったんだよ。

DJ OSSHY 全部生演奏だと思ってたら、ループだったんですね! それはまったくわからなかったです。

レイ・パーカーJr. 演奏すべきだったんだろうけど、これはこれで良かったんだと思うよ。


レイ・パーカーJr.
『グレイテスト・ヒッツ』
2013年


DJ OSSHY 今日は憧れの人の色んな話を聞けて、本当に楽しかったです。最後にレイさんの今年チャレンジしたいことを聞かせてください。

レイ・パーカーJr. 実は俺のドキュメンタリー映画の製作が進行中なんだ。デトロイトで生まれ、公民権運動の最中に育ち、そのバックグランドに俺の音楽を使うということなんで、新曲を7、8曲作らなきゃいけない。そうそう、あと「ウーマン・ニーズ・ラヴ」をボーイズⅡメンがカヴァーするんだけど、それが主題歌になる予定なんだ。さらに2016年公開の『ゴーストバスターズ』に続く、新作も2020年夏に控えている。タイトルは『ゴーストバスターズ 3』になる予定だよ。その前の6月8日、9日に『ゴーストバスターズ』のファンを集めたイヴェントも開催されることが決まっていて、そこでライヴもやることになっている。とにかく今年は大忙しだよ。

DJ OSSHY すごいですね。お忙しい中、体調を崩さないように、また日本でその美声と演奏を聴かせてください。今日は本当にありがとうございました!


対談進行・文/油納将志 通訳/丸山京子 写真/島田香
取材協力/Billboard Live TOKYO http://www.billboard-live.com/






●Ray Parker Jr.  レイ・パーカーJr.

1954年、デトロイト生まれ。幼い頃から地元モータウン・レコードのセッションに参加するほどのギターの腕前を見込まれ、17才の時にスティーヴィー・ワンダーやアレサ・フランクリンのバック・バンドに抜擢される。1977年には自身のグループ、レイディオを結成。レイ・パーカーJr.&レイディオを名義で「ジャック&ジル」「ウーマン・ニーズ・ラヴ」などヒットを量産。魅惑のカッティング・ギターとグルーヴで新旧ファンを虜にしている。映画『ゴーストバスターズ』シリーズ(’84年~)の同名主題歌は世界で最も知られたサントラヒットのひとつ。





DJ OSSHY オフィシャルファンクラブ オープン!


DJ OSSHY 出演スケジュール

3月9日(土) DJ OSSHY オフィシャルファンクラブ オープン
 http://www.osshy.com/schedule/view/801

「RADIO DISCO」InterFM897 15:00~18:00 生放送

 TOKYO MX「ミュージック★モア」出演
3月15日(金) ナバーナマンスリーパーティー @ DiA tokyo
3月16日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 15:00~18:00 生放送
3月20日(水) 909 Yamanashi DISCO Fever @ 山梨 KOFU SPACE 101
 http://www.osshy.com/schedule/view/784
3月23日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 15:00~18:00 生放送

 アンバサダー就任 トーキョー・ディスコティック
 http://www.osshy.com/schedule/view/698
3月24日(日) アンバサダー就任 コーベ・ディスコティック
 http://www.osshy.com/schedule/view/699
3月30日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 15:00~18:00 生放送
3月31日(日) サンデーディスコ @ 西麻布エーライフ



イベントは変更になることもございます。 詳しくはDJ OSSHY公式サイト(www.osshy.com) をご参考ください。

プロフィール

DJ OSSHY
DJ OSSHY (公式サイト http://www.osshy.com/)
7月22日「ディスコの日」制定者。80′s ディスコ伝道師。
MCとミキシングを両方こなす、DISCO DJのスペシャリスト。
安心・安全・健康的でクリーンなディスコの魅力を全国に伝えている。
テレビ司会者の第一人者「押阪 忍」の長男である。内閣主催「桜を見る会」4年連続招待DJ。
ディスコ放送番組DJのパイオニアでもある。
「ファミリーディスコ」、「高齢者ディスコ」など、 三世代で楽しめるイベントや、
東京スカイツリー、東京タワー、羽田空港、大型客船シンフォニー、 小金井ゴルフ倶楽部などでの
ディスコイベントのメインDJを務め、郷ひろみ、角松敏生、鈴木雅之との 共演イベントも大きな話題を呼んだ。
今、日本で一番集客力のある、ディスコ世代に支持されているDJタレント。
2019年3月9日、ディスコ・クラブDJ界初となるオフィシャルファンクラブスタート。

「DJ OSSHY DISCO TV」(BSフジ)…2019年4月よりスタート。毎月第3木曜日23時30分~

「ごごラジ!」(NHKラジオ第一)…DJ OSSHYのプレミアム・ディスコタイム
「Family Disco」(JFN)…全国放送
「RADIO DISCO」(InterFM897)…業界初 お昼のディスコラジオ番組
レギュラー出演中

2019年1月23日、通算34枚目となる最新mix CD『 HAPPY DISCO 2 -Solar Night- mixed by DJ OSSHY 』をリリース。
オリコンランク初登場14位(2019年2月4日付)。

・民放テレビ初のディスコTV番組「DISCO TRAIN」(TOKYO-MX)
・「徹子の部屋」(テレビ朝日) 2018年6月4日出演
・売野雅勇 作詞活動35周年記念コンサート 総合司会
・著書『ディスコの力』

公式サイトhttp://www.osshy.com/

関連商品

● 通販限定商品
ディスコ・ラヴァーズ
DJ OSSHY 選曲・監修
初のディスコ・コンピレーションCD BOXセット6枚組(CD5枚+DVD1枚)
『ディスコ・ラヴァーズ』
発売中
ソニー・ミュージックダイレクト
ディスコ・ラヴァーズ・スペシャルサイトはこちら
http://www.osshy.com/goods/6257/
● DJ OSSHYの最新DJミックスが登場!
HAPPY DISCO 2 -Solar Night- mixed by DJ OSSHY
DJ OSSHY 選曲・監修
『HAPPY DISCO 2 -Solar Night- mixed by DJ OSSHY』
2019年1月23日発売
ウルトラ・ヴァイヴ
商品詳細ページ
● 映画”サタデー・ナイト・フィーバー“上陸40周年を記念したDisco Feverキャンペーンから、待望のノンストップ・ミックスが登場!
Let’s Disco ~Non Stop Mix~ Mixed by DJ OSSHY
DJ OSSHY 選曲・ミックス
『Let’s Disco ~Non Stop Mix~ Mixed by DJ OSSHY』
2018年6月20日発売
ユニバーサル ミュージック合同会社
商品詳細ページ
● DJ OSSHYノンストップ・ミックスシリーズ第3弾
ROPPONGI AOR mixed by DJ OSSHY
DJ OSSHY 選曲・監修
『ROPPONGI AOR mixed by DJ OSSHY』
2018年4月25日発売
ワーナーミュージック・ジャパン
商品詳細ページ
● サーフ雑誌『Blue.』監修の「サーフィンと音楽」
SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY
DJ OSSHY 選曲・ミックス
『Blue. meets ISLAND CAFE SURF DISCO mixed by DJ OSSHY』
2017年9月27日発売
インセンスミュージックワークス
商品詳細ページ
● 世界初!タブー・レコードのノン・ストップ・ミックス!
DJ OSSHY 選曲・監修『HAPPY DISCO~Tabu Night』
DJ OSSHY 選曲・監修
『HAPPY DISCO~Tabu Night』
2017年5月24日発売
ウルトラ・ヴァイヴ
商品詳細ページ
● DJ OSSHYノンストップ・ミックスシリーズ第2弾
SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY
DJ OSSHY 選曲・監修
『SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY』
2017年4月26日発売
ソニー・ミュージックレーベルズ
商品詳細ページ
http://www.osshy.com/news/9065/
● 初の著作本
DJ OSSHY著作『ディスコの力』
DJ OSSHY著作
『ディスコの力』
発売中
PHP研究所
書籍詳細ページ