桃月庵白酒の「白酒のキモチ。」

第九十回「玉川太福がやってきた!」
2018/12/05 配信

 いよいよ生誕50周年月に突入、12月更新の第90回です。先日、来福レーベルから新作と古典のCD2枚を同時発売したばかりの浪曲界の新星、“演芸界のワンダーボーイ・玉川太福(たまがわだいふく)”さんがゲストに登場。CDの宣伝をふくめつつ、浪曲にまつわる興味深い話をたくさんしてくれました。暴走気味の馬場さんを冷静沈着な白酒師匠がたしなめながらの収録に、録音エンジニアも「このお二人、本当におもしろいですねー。」とぼそっとつぶやいていました。いつも通りの大人の世間話、今回もぜひお付き合いください。

 番組への感想・要望、おふたりの目撃情報、ご相談などなど、皆様からのメールを楽しみにしております。白酒師匠の全国各地での落語会報告は特に期待しております。よろしくお願いします。

 次回更新はある晴れた冬の午後、12月中旬に更新予定です。



★演芸界のワンダーボーイ、 「古典」「新作」浪曲集同時発売!★





『浪曲 玉川太福の世界』【古典編】【新作編】2018年11月18日2タイトル同時発売!


『浪曲 玉川太福の世界』スペシャルサイト


出演情報はこちら→ 玉川太福HP 兼 Blog「小さなことからコツコツつまずく」



★桃月庵白酒師匠「抜け雀」を収録!!★



迷わず選べる、これぞ落語 BEST OF BEST!

落語 The Very Best 極一席1000


1枚に1席1000円。13タイトル同時発売!

『落語 The Very Best 極一席1000』スペシャルサイト



◆桃月庵白酒師匠出演の落語会◆


★良い番組ですねー。★
12/15 特撰落語会 古今亭菊之丞・桃月庵白酒・三遊亭兼好
一ツ橋ホール ウェブサイト

★札幌の皆さん、感想お待ちしています!★
12/17 平成開進亭
男女共同参画センター エルプラザ3Fホール ウェブサイト

★良い番組ですねー。2★
12/19 特撰落語会 権太楼・白酒・兼好
鎌倉芸術館 小ホール ウェブサイト

※上記掲載の落語会ですが、すでに売り切れになっている場合もございます。何卒ご了承ください。

※告知動画は現在編集中です。今しばらくお待ちください。

出演者プロフィール

桃月庵白酒と馬場憲一
桃月庵白酒(とうげつあんはくしゅ)
本名:愛甲尚人(あいこうなおと)
1968年12月26日 鹿児島生まれ。
1992年04月 五街道雲助師匠に入門 前座名「はたご」。
1995年06月 二ツ目昇進 「喜助」と改名。
2005年09月 真打昇進し三代目「桃月庵白酒」を襲名。
毒をまぶした現代的なまくらからの古典落語を聴かせ、寄席やホール落語会で大人気沸騰中。TV番組「噺家が闇夜にコソコソ」や映画「ぼんとリンちゃん」に出演するなど、高座を離れた分野でも大活躍している。まさに噺家になるために生まれてきた男。古今亭の輝きを継承するいまをときめく落語家さんです。
馬場憲一(ばばけんいち)
さぶとん亭風流企画主宰のフリープロデューサー。
『風流tokyo堂』名義で 春風亭昇太・細野晴臣、柳家喬太郎・田中泯、桃月庵白酒・林家彦いち・高田漣・鉄割アルバトロスケットなど主催、放送作家松田健次との『らくご@座』で春風亭一之輔の無茶ぶられ等企画制作。『立川志の輔・玄侑宗久 面白らくご問答』(文春文庫)、『桃月庵白酒 壺中の天』(白夜書房)、『立川生志ひとりブタ』(河出書房新社)などの出版企画や編集を手がける。
とてもおもしろいおじさん。ざぶとん亭 風流企画ホームページ

桃月庵白酒の「白酒のキモチ。」へのご意見、ご希望

ご意見・ご希望

お住いの都道府県

年齢

性別

ラジオネーム(任意のニックネーム)