Sony Music Direct Presents otonano

落語 みちの駅

第八十一回 年納めの朝日名人会
 12月16日PM2時から第175回朝日名人会。桂宮治「壺算」・三遊亭歌武蔵「禁酒番屋」・春風亭一朝「七段目」・柳家喬太郎「同棲したい」・柳亭市馬「文七元結」。

「文七元結」は45分強で、このネタの尺としては良識的な範囲内でした。スタンダード・ラインと言ってもいいかと思います。

 往年の六代目圓生、五代目志ん生、八代目正蔵の「3大文七」はいずれも40分から55分でした。いかに噺がドラマティックであっても、昔の江戸気質が基軸の美談であれば、折り目正しさを失ってはいけないと思うのです。

 原作がドラマティックだから演者も車輪で熱演する――のでは自爆テロ同然です。70分超の「文七元結」で聴き手を虜にしたのは、ひとり古今亭志ん朝あるのみでした。

 市馬さんの「文七元結」はバランスよく、丁寧で自然な人情味にあふれていました。今後さらに噺の真髄を穿ってくれることでしょう。とても楽しみです。

 一朝さんの「七段目」と「文七元結」の間に喬太郎さんの「同棲したい」を挟んだのは邪道だ、と言われかねない手口なのでしょうが、企画者側とすれば百も承知で打ったささやかなバクチなのです。新作といってもウルトラマンの話ではなく、「同棲時代」がはやった昭和のあの頃にスポットを当てただけのことで、「文七元結」とは水と油の人間ストーリーではありませんから。

 仲入り前、くいつき、(膝がわり)、トリというポジションの別をうまく活用すれば、目先の変化で結果よしということもあります。お客のアンケートでも批判はなく、全体の流れがよかったという感想ばかりでした。

 今年を振り返ると、初夏の頃からチケット即日完売が続いています。落語ブームの手ごたえはたしかで、年明け以降もしばらくは落語の春が続くのではないでしょうか。




第八十一回 年納めの朝日名人会
桂宮治「壺算」


第八十一回 年納めの朝日名人会
三遊亭歌武蔵「禁酒番屋」


第八十一回 年納めの朝日名人会
春風亭一朝「七段目」


第八十一回 年納めの朝日名人会
柳家喬太郎「同棲したい」

著者紹介


京須偕充(きょうす ともみつ)

1942年東京・神田生まれ。
慶應義塾大学卒業。
ソニーミュージック(旧CBSソニー)のプロデューサーとして、六代目三遊亭圓生の「圓生百席」、三代目古今亭志ん朝、柳家小三治のライブシリーズなどの名録音で広く知られる。
少年時代からの寄席通い、戦後落語の黄金期の同時代体験、レコーディングでの経験などをもとに落語に関する多くの著作がある。
おもな著書に『古典落語CDの名盤』(光文社新書)、『落語名人会 夢の勢揃い』(文春新書)、『圓生の録音室』(ちくま文庫)、『落語の聴き熟し』(弘文出版)、『落語家 昭和の名人くらべ』(文藝春秋)、編書に『志ん朝の落語』(ちくま文庫)など。TBSテレビ「落語研究会」の解説のほか、「朝日名人会」などの落語会プロデュースも手掛けている。