伊藤銀次のPOP FILE RETURNS

第210回「POP FILE 1972-2017」特集その2 ~ボックスセットの内容をついに発表! DISC-1&4編~
2017/09/21 配信

◆INFORMATION◆

伊藤銀次『POP FILE 1972-2017』
品番:DQCL-693
価格:¥10,000+税
ご予約はこちら Sony Music Shop

★各ディスク内容
Disc-1 ALL SINGLE COLLECTION

01. 風になれるなら (Single Version) / 伊藤銀次
02. デッドリィ・ドライブ (Single Version) / 伊藤銀次
03. 雨のステラ / 伊藤銀次
04. まっ赤なビキニのサンタクロース / 伊藤銀次
05. 恋のリーズン / 伊藤銀次
06. 泣きやまないで、LOVE AGAIN / 伊藤銀次
07. あの娘のビッグ・ウエンズデー / 伊藤銀次
08. 彼女のミステイク / 伊藤銀次
09. 夜を駆けぬけて (Single Mix) / 伊藤銀次
10. フラワーズ・イン・ザ・レイン ~心わけあいたいエンジェル~ / 伊藤銀次
11. 7月のオーロラ / 伊藤銀次
12. IMAGINE / 伊藤銀次
13. グラストゥリーの夜 (GLASS TREE NIGHTS) / 伊藤銀次
14. ロックスターの悲劇-I'm A Rock 'n roll Star / 伊藤銀次
15. Monday Monday / 伊藤銀次
16. 僕達のSummer Days / 伊藤銀次
17. 涙の理由を / 伊藤銀次
18. 涙の理由を ('94 Mix) / 伊藤銀次


Disc-2 GINJI WORKS 1972-1981

01. 親愛なるQに捧ぐ / 加川良
02. 留子ちゃんたら / ごまのはえ
03. 台風13号 (Single Version) / 布谷文夫
04. I SHALL BE RELEASED / 岡林信康
05. DOWN TOWN / シュガーベイブ
06. でい どりーむ / 風
07. 個人的メッセージ / GARO
08. 幸せにさよなら(Single Version)/ナイアガラ トライアングル
09. Cause We’ve been together / りりィ
10. クリスタル・ホテル / やまがたすみこ
11. Teenage Girl / クールス・ロカビリー・クラブ
12. マリー / 花伸
13. ガラスのジェネレーション / 佐野元春
14. -CUPID- / 松原みき
15. いたいけな夏 / ビートたけし
16. SO YOUNG / 山下久美子
17. ス・ト・リ・ッ・パ・ー / 沢田研二

Disc-3 GINJI WORKS 1982-2000

01. ラ・セゾン / アン・ルイス
02. 愛のセレナーデ / フランク永井
03. 魔法をかけて / 原田知世
04. ブロークン・ジェネレイション (Broken Generation) / 伊藤さやか
05. GOOD TIME JIVE / 憂歌団
06. こぬか雨 / EPO
07. サイレント・ムーンにつつまれて / 吉川晃司
08. シンデレラ・スターライト / 早見優
09. Rainbow Signal / ハイ・ファイ・セット
10. ハートのIgnition /福永恵規
11. セミ・スィート・ショック / 相楽晴子
12. In The Moon Light / 須藤薫
13. 情熱 / 井出泰彰
14. 大阪ストラット (フルサイズ・アルバム・バージョン) / ウルフルズ
16. おもひで!おもひで!! / 七尾旅人
17. あくび / Whiteberry

Disc-4 GINJI RARE TRACKS

■Live 1985
01. 夜を駆け抜けて / 佐野元春 with THE HEARTLAND feat. 伊藤銀次
■WINTER WONDER MEETING 2015 LIVE
02. Night Pretenders / 伊藤銀次
03. 真っ赤なビキニのサンタクロース / 伊藤銀次
04. あの娘のビッグ・ウエンズデー / 伊藤銀次
05. 愛をあきらめないで / 伊藤銀次

■POP FILE RETURNS STUDIO LIVE
06. いちご色の窓 / 伊藤銀次
07. Monday Monday / 伊藤銀次
08. 想い出は止まらない / 伊藤銀次
09. 普通の男 / 伊藤銀次
10. Dream Time / 伊藤銀次
11. 涙の理由を / 伊藤銀次
12. しゃべりたいな / 伊藤銀次
13. 天気予報図 / 伊藤銀次
14. ウキウキWATCHING / 伊藤銀次、杉真理、村田和人
15. 幸せにさよなら / 伊藤銀次、杉真理、村田和人

■Bonus track
16. ほこりだらけのクリスマス・ツリー / 伊藤銀次
17. こぬか雨 (Fussa Demo) / ココナツ・バンク


【商品化ご協力特典】『伊藤銀次のPOP FILE RETURNS』スペシャル未発表トーク・ディスク(CD-R)





◆銀次のオススメ◆


鈴木聖美『GOLDEN☆BEST 鈴木聖美~WOMAN SOUL~』

品番:MHCL-30469
価格:¥3,000+税
ご購入はこちら Sony Music Shop

鈴木聖美デビュー30周年記念2枚組ベスト盤!
鈴木聖美デビュー30周年を記念した2枚組ベスト盤。「GOLDEN☆BEST」シリーズでは、過去にリリースされているが、今回は鈴木雅之をプロデューサーに迎え、視点の違った決定版となる。圧倒的にソウルフルなヴォーカルをすべての収録曲で感じるはずである。「TAXI」「ロンリーチャップリン」ほか全30曲収録予定。

『GOLDEN☆BEST 鈴木聖美~WOMAN SOUL~』スペシャルサイト



放送後記

 今週も引き続き伊藤銀次45周年記念ボックスセット『POP FILE 1972-2017』の内容発表後編をお届けいたします。今回は銀次さんがこれまでにソロ名義で発表したシングル曲をすべて集めたDISC-1、そしてレア・トラック満載のDISC-4を解説していただきました。前回に比べてかなり短くまとまっておりますが、そこはご容赦くださいませ。ちなみに今ご予約いただきますと商品化ご協力特典として、トラックごとに銀次さんが解説したスペシャル未発表トーク・ディスクをプレゼントいたします。こちらはDISC-4についてはライヴ音源はそれぞれまとめた形となりますが、DISC-1~3までは各曲ごとに懇切丁寧に銀次さんがひとりで語り下ろしております。なお、このボックスセットはSony Music Shopのみで販売される商品です。ぜひともSony Music Shopにてお早めにご予約ください! 

 そして、番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしております。ご意見、ご感想、こんなゲストを呼んでほしいというリクエストなどなど、何でも結構です。どしどしお寄せください! このページのメッセージフォームからお送りいただけると幸いです。



●次回予告
2017年9月29日更新予定
第211回「It's a Pops」特集
~マイケル・ジャクソン&ジョージ・マイケル徹底検証(!?)編~
ゲスト:西寺郷太(NONA REEVES)


出演者プロフィール

伊藤銀次
伊藤銀次(いとう ぎんじ)
1972年、バンド"ごまのはえ"でプロ・デビュー。プロデュース依頼が切っ掛けで大瀧詠一と出会い、はっぴいえんどの解散コンサートに"ココナツ・バンク"として出演するが、ほどなく解散。その後一時期、"シュガー・ベイブ"に在籍し、名曲「DownTown」を山下達郎と共作、また大滝詠一、山下達郎と共に『Niagara Triangle Vol.1』に参加。1977年に初のソロ・アルバム『Deadly Drive』をリリース。その後はアレンジャー/プロデューサーとして沢田研二、アンルイスなど数々のアーティストを手掛ける傍ら、佐野元春のバンド"The Heartland"のギタリストとしても活動。
ソロ・アーティストとして『Baby Blue』『Sugar Boy Blues』『GET HAPPY』『LOVE PARADE』等を発表。1990年代以降はプロデューサーとして手掛けたウルフルズが大ヒットを記録。2007年からは、「I STAND ALONE」という弾き語りライヴを各地で開催し好評を得る。また杉真理らとの"マイルドヘヴン"や、L⇔Rの黒沢秀樹との"uncle-jam"など新たなバンド/ユニット活動も開始。
そしてデビュー40周年を迎えた2012年、ベスト・アルバム 『伊藤銀次 GOLDEN☆BEST~40th Anniversary Edition~』をリリース!
オフィシャルブログ:「SUNDAY GINJI」
RIO
RIO(リオ)
1974年 三重県生まれ4人姉妹の末っ子
1983年 小学校3年生の時、お絵描き教室の先生にANDY WARHOLの作品集を見せてもらい衝撃を受ける。
1989年 中学校を卒業し、ようやく念願のアメリカへ単身渡る。
1992年 The Cambridge school of Westonを卒業。
東海岸の芸術大学への奨学金制度をもらうが、寒さのあまりカリフォルニアへ。
西海岸カリフォルニア、サンフランシスコのThe Academy of Art college入学
1994年 大学を修了 / オーストラリアへ
1995年 帰国し大阪で輸入の仕事や営業ウーマンを経験
1998年 アルバイトをしながらバンドを組み、ライブをやっていた時にラジオ関係者に声をかけられラジオの世界へ。
大阪を中心に名古屋のZIP-FM、JFN全国ネットなど、FMラジオのDJやMCとして順調に活動していたが
2014年 大阪を離れ、上京。
現在は画家の活動を中心にラジオの番組も続けている。
ラジオDJやMCなどメディアの仕事ではRIOとして活動。
画家としてはRIO UMEZAWAとして活動。
Rio Umezawa Official Web Site
--アーカイブ配信 パーソナリティ紹介--
土橋一夫(どばし かずお)
テイチク等を経て(有)シャイグランス代表となり『Groovin'』を創刊、また"Surf's Up Design"を設立しアート・ディレクターとしてジャケットや書籍等を多数手掛ける。ディレクターとしては杉真理、村田和人、玉城ちはる等の新作、細野晴臣、伊藤銀次、杉真理、須藤薫、村田和人、フィル・スペクター関連やA&M等の再発を担当。著書に『ジャケガイノススメ』、編・監修書に『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』等がある。K-MIX「ようこそ夢街名曲堂へ!」のパーソナリティ/構成を担当中。FLY HIGH RECORDS主宰。
能地祐子(のうじ ゆうこ)
東京生まれ。大学時代から音楽ライターの仕事を始め、現在に至る。音楽誌を中心に、ロックからJ-POP、アイドル歌謡までジャンル問わず評論、紹介記事を執筆中。音楽以外の趣味は、野球観戦。

伊藤銀次のPOP FILE RETURNSへのご意見、ご希望

ご意見・ご希望

お住まいの都道府県

年齢

性別

ラジオ・ネーム(任意のニックネーム)