DJ OSSHY TOKYOの未来に恋してる!

安心・安全・健全なディスコ・カルチャーを伝達することを使命とするDJ OSSHYのインタビュー連載

第11回【好きにやりたい“邦題”!?】

第11回【好きにやりたい“邦題”!?】

ディスコ・ミュージックで受ける邦題の3大枕タイトルというのがあって。それは「恋」「愛」「今夜」です!!!




── 今回は「邦題」について色々とお聞きしたいのですが、昔は秀逸な邦題ももちろんありましたが、思わず笑ってしまうような邦題がたくさんあって、それはそれで楽しみというか、ひとつのカルチャーを形成していたと思います。


OSSHY そうですよね。今は邦題が話題になる事もそんなにないですが、70年代、80年代の洋楽には、原題がわからない邦題というのがたくさんありました。それはそれでユニークなカルチャーだと思います。



── あれはひとえにレコード会社のディレクターのセンスなんでしょうか?


OSSHY そういう部分は大きいと思います。その中で、ディスコ・ミュージックの3大枕タイトルというのがあって、それは「恋の~」「愛の~」「今夜は~」です。この枕タイトルがついたポップスやロックが、ディスコではよく流れる傾向がありました。ビー・ジーズ「恋のナイト・フィーバー」、ジャクソンズ「今夜はブギー・ナイト」、マイケル・ジャクソン「今夜はドント・ストップ」とかが有名ですが。ほら、ディスコってナイトクラブじゃないですか。そこで生まれるロマンスとかノリみたいなものを「夜」にフォーカスしたものが多かった。ディスコは男女の出会いの場所、恋が生まれる場所でもあるので、「恋の~」「愛の~」というタイトルの曲がディスコソングには本当に多いです。




「レッツ・オール・チャント(チャンタでいこう!)」
マイケル・ゼーガー・バンド(1978年)
写真のシングルは廃盤/東芝EMI(当時)



 ちなみに僕の傑作邦題のナンバーワンは恋でも愛でも夜でもなく(笑)、マイケル・ゼーガー・バンドの「Let’s All Chant」(1978年)という曲があって、この邦題が「レッツ・オール・チャント(チャンタでいこう!)」っていう(笑)。なおかつジャケットの絵が、漫画家の黒鉄ヒロシさんが描いた麻雀の役の「チャンタ」ではなく、ダブル役満のテンパってる絵なんですよ(笑)。「レッツ・オール・チャント」と全く関係ないし、そもそも「チャンタでいこう」ってなんだ?と当時話題になりましたね。それから同じ頃、「今夜のあいつはセクシーチャンス」という邦題曲もあって。これはインスタント・ファンクの「I Got My Mind Made Up(You Can Get It Girl)」という曲で、原型が全くわからないというか、原題と全く結びつかない(笑)!



── こういう原題の跡形も残らないくらいの、突拍子もない邦題が多くて、でも面白いし、逆に覚えてしまいます。


OSSHY そう、全く跡形がない(笑)。“チャンタ”と“チャント”、全然意味が違うのに引っ掛けちゃうところが凄いです。こういう音感パターンはまだ色々あります。ゴー・ゴーズの「Our Lips Are Sealed」(1982年)の邦題は「泡いっぱいの恋」(笑)。「Our」が「泡」に近い発音で、この曲が収録されているアルバムのジャケ写が、お風呂をイメージさせる感じだったので、こういう邦題が付けられたのだと思います。




「おしゃれフリーク」
シック(1978年)
写真のシングルは廃盤/ワーナー・パイオニア(当時)



 シックの「おしゃれフリーク」(1978年)ってあるじゃないですか。あの曲の原題は「Le Freak(ル・フリーク)」で、フランス語ですよね。当時は「Le」を英語読みで「レ」と読んでいた人が多くて、だから「レ・フリーク」と読んでしまう。それをおしゃれの「れ」と引っ掛けて、「おしゃれフリーク」にしたんです。これも原曲と全然関係ないパターンです(笑)。



── 当時シックの音楽って、おしゃれなイメージがあったので、そこからきていると思っていました。


OSSHY そういう事だと思います。シックの音楽はおしゃれ=「れ・フリーク」=「おしゃれフリーク」。面白いですよね(笑)。



── 行き過ぎた邦題(笑)には、アーティスト本人からもクレームが入るみたいで、シンディ・ローパーは自伝の中で、「ハイスクールはダンステリア」という邦題は原曲のイメージとあまりに違うのでクレームを入れて、修正させたと書いていますよね(笑)。


OSSHY そうなんですよ。確かに原題が「Girls Just Want To Have Fun」で、歌詞にはダンスも、ハイスクールも出てこないという(笑)。『ディスコ・フリーク』をはじめ、いま出回っているほとんどの作品は「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」のカタカナ表記になっているようですね。




「今夜はブギ・ウギ・ウギ」
テイスト・オブ・ハニー(1978年)
写真のシングルは廃盤/東芝EMI(当時)




── OSSHYさんの選曲・監修作品『ディスコ・ラヴァーズ』にも、不思議な邦題の曲が収録されていますね。


OSSHY たくさんあります(笑)。「恋の~」「愛の~」「今夜は~」だけ見てもテイスト・オブ・ハニー「今夜はブギ・ウギ・ウギ」(Disc1収録)、ルーファス&チャカ・カーン「愛のてごたえ」(Disc1収録)、ナラダ・マイケル・ウォルデン「恋のアタック」(Disc2収録)、チャカ・カーン「恋のハプニング」(Disc2収録)、チェンジ「恋のハッピー・パラダイス」(Disc2収録)、ラブ・マシーン「恋のショック」(Disc3収録)とかですね。





「すてきなSomebody」
ホイットニー・ヒューストン(1987年)
写真のシングルは廃盤/BMGビクター(当時)



 インパクトではホイットニー・ヒューストン「I Wanna Dance With Somebody」が「すてきなSomebody」(Disc5収録)。うまいなと思うのは、やっぱりボーイズ・タウン・ギャング「Can’t Take My Eyes Off You」=「君の瞳に恋してる」(Disc3収録)。これはオリジナルもフランキー・ヴァリ時代から名題ですよね。詞の内容にも合っているし、なんといってもロマンティックですよね。


 それと違う意味でウェザー・ガールズの「ハレルヤ・ハリケーン」(Disc6収録)も素晴らしい。原題は「It’s Raining Men」で、サビで<It's Raining Men! Hallelujah!>(ハレルヤ 男が降ってくるアーメン)って歌っていて、歌っているのがウェザー・ガールズだからなのか、雨、ハレルヤ、ハリケーンと、ちょっとよくわからないけど……うまい!という(笑)。





「ハレルヤ・ハリケーン」
ウェザー・ガールズ(1983年)
写真のシングルは廃盤/CBS・ソニー(当時)




── もうシャレの世界ですよね。


OSSHY まさに。トーマス・ドルビーの「She Blinded Me With Science」が「彼女はサイエンス」になったり、コン・ファンク・シャンの「Too Tight」は「タイトなあの娘(こ)」(Disc1収録)とかも、意味がわかるようでわからない(笑)。



── OSSHYさんはレコード会社から依頼されて、邦題を付けるというお仕事の経験はあります?


OSSHY やった事ないんですけど、でもやってみたいですね。僕はどちらかというとクールな、カッコつけた感じのものを作りそう(笑)。邦題も面白いのですが、当時LPレコードの帯に書かれていたキャッチコピーも面白いものがたくさんありますよね。何を言っているの? 的な(笑)。けっこうクサいんですよね。AORものに多かった気がしますが、今思うと、それも80年代のひとつの象徴だった気がします。



── 面白い邦題もキャッチコピーもまだまだたくさんありそうですね。


OSSHY ありますね。プリンス「ビートに抱かれて」とかロックまで拡げたらもうキリがないですよ(笑)。それに、このお題お酒飲みながら話したほうが絶対おもしろいですよね(笑)。(つづく)


インタビュー・文/田中久勝




DJ OSSHY 出演スケジュール

9月13日(水) MAHARAJA Best Dance Classics SP ゲスト出演@マハラジャ名古屋
9月15日(金)「DISCO LEON」@グランド ハイアット東京
9月16日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 14:00-17:00 生放送
9月17日(日) 早見優 Happy 35th Anniversary LIVE" ゲスト出演"@代官山LOOP
9月22日(金) ナバーナマンスリーパーティー@ESPRIT TOKYO
9月23日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 14:00-17:00 生放送
9月24日(日) サンデーディスコ@nishiazabu alife
9月30日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 14:00-17:00 生放送
10月1日(日) DJ OSSHY Birthday Disco Night@surfers ZUSHI
10月6日(金) ナバーナマンスリーパーティー@CLUB SIX TOKYO
10月7日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 14:00-17:00 生放送
10月8日(日) マハラジャ仙台店 ゲスト出演
10月10日(火) 錦糸町Disco BUZZ ゲスト出演
10月14日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 14:00-17:00 生放送
10月20日(金) ナバーナマンスリーパーティー@nishiazabu alife
10月21日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 14:00-17:00 生放送
10月25日(水) Dynasty Tokyo Surfer's Night@恵比寿act*square
10月31日(土)「RADIO DISCO」InterFM897 14:00-17:00 生放送




イベントは変更になることもございます。 詳しくは
DJ OSSHY公式サイト(www.osshy.com) をご参考ください。

プロフィール

DJ OSSHY
DJ OSSHY (公式サイト http://www.osshy.com/)
「80′s ディスコ伝道師。 MCとミキシングを両方こなす、DISCO DJのスペシャリスト。
フリーアナウンサーの草分け、司会者の第一人者「押阪忍」の長男。
安心・安全・クリーンなディスコの魅力を全国に伝えている。
2016年、17年 安倍内閣主催「観桜会」招待DJ
民放テレビ初のディスコTV番組「DISCO TRAIN/TOKYO-MX」、業界初、お昼のディスコラジオ番組「RADIO DISCO/Inter-FM897」、「Family Disco/JFN 全国放送」等、ディスコ放送番組DJのパイオニアでもある。
東京スカイツリー、東京タワー、羽田空港、大型客船シンフォニー、小金井ゴルフ倶楽部などで、初となるディスコ・イベントのメインDJを務め、グラミー賞シンガーのジョディ・ワトリー、角松敏生との共演イベントも大きな話題を呼んだ。
世界初AOR MIX CD『TOKYO AOR』、『WE LOVE DISCO』はアマゾンベストセラーチャートで1位を記録。
2017年にはCD『SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY』(4/26発売)、『HAPPY DISCO~Tabu Night』(5/24発売)を2か月連続リリース。初の著書『ディスコの力』(PHP研究所)も好評発売中。
今、日本で一番集客力のある、ディスコ世代に支持されているDJタレント。

関連商品

ディスコ・ラヴァーズ
● 通販限定商品
DJ OSSHY 選曲・監修
初のディスコ・コンピレーションCD BOXセット6枚組(CD5枚+DVD1枚)
『ディスコ・ラヴァーズ』
発売中
ソニー・ミュージックダイレクト
ディスコ・ラヴァーズ・スペシャルサイトはこちら
http://www.osshy.com/goods/6257/
SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY
● DJ OSSHYノンストップ・ミックスシリーズ第2弾
DJ OSSHY 選曲・監修
『SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY』
2017年4月26日発売
ソニー・ミュージックレーベルズ
商品詳細ページ
http://www.osshy.com/news/9065/
DJ OSSHY著作『ディスコの力』
● 初の著作本
DJ OSSHY著作
『ディスコの力』
発売中
PHP研究所
書籍詳細ページ
DJ OSSHY 選曲・監修『HAPPY DISCO~Tabu Night』
● 世界初!タブー・レコードのノン・ストップ・ミックス!
DJ OSSHY 選曲・監修
『HAPPY DISCO~Tabu Night』
2017年5月24日発売
ウルトラ・ヴァイヴ
商品詳細ページ