DJ OSSHY TOKYOの未来に恋してる!

安心・安全・健全なディスコ・カルチャーを伝達することを使命とするDJ OSSHYのインタビュー連載

第1回【洋楽との出会い】

第1回【洋楽との出会い】

TOTOのベースのデヴィッド・ハンゲイトに憧れていました




―― 少年時代はバンドをやっていたとお聞きしましたが、OSSHYさんの音楽少年としての感性に大きな影響を与えた音楽、アーティストからお聞かせ下さい。


OSSHY 一番最初の音楽体験としてはカーペンターズでした。親が聴いていたカーペンターズを耳にして、そこから美しいメロディものが好きになったのだと思います。幼少期はもちろんアニメソングも好きでしたが、カーペンターズの歌に触れた時にすごくグッと来るものがありました。洋楽に最初に触れたのもこの時だったと思います。そこからFMのエアチェックにハマりました。最初にカーペンターズを聴いていいと思ったら、どうしても“メロディがきれいな曲がいい曲”っていう風に後々なりますよね。


カーペンターズ『シングルス 1969-1981』カーペンターズ『シングルス 1969-1981』
Universal Music



―― そこから美メロものを追いかけるようになったんですね。


OSSHY それがベーシックになっているのかもしれません。小学校1年から英才教育的にピアノを習わされて、5年間くらいやっていました。ピアノだけではなく色々な事をやらされていましたが、クラシックピアノから音楽に触れたという事が、まんべんなく色々なジャンルの音楽を聴くことができる耳を作ってくれたのでは、と思っています。ピアノの旋律が入っている楽曲が好きだったり、今も自分がチョイスする曲にはその影響は出ていると思います。



―― 80年代の洋楽は、美しくて親しみやすいメロディの曲が多いですよね。


OSSHY そうですね。中学2年から高校1年にかけてバンドをやっていましたが、当時デビューしたばかりのTOTOの影響です。TOTOは音もカッコよくメロディも秀逸でした。



TOTO『宇宙の騎士』1978年TOTO『宇宙の騎士』1978年
Sony Music Labels




―― テクニックが要求される、難しいところに入っていたんですね(笑)。


OSSHY なんちゃってですよ(笑)。フュージョンがすごく流行っていたのでカシオペアをコピーしたり。大体みんな最初はギターから入るじゃないですか。ご多分に漏れず僕も最初はギターでしたが、クラスにむちゃくちゃ上手いやつがいて、こいつを抜けないなと思って、みんながやっていなかったベースを選びました。自分が少しでも目立ちたいから(笑)。それでTOTOのベースのデヴィッド・ハンゲイトに憧れていましたが、ベースでも上手いやつがどんどん出てきて、自分は全然ダメだなあ、ミュージャンには向いていないなと思いました。高校に入って自分が好きな曲を集めたテープを作ってみんなに配っていましたが、元々オーディオ少年だったので、初めてディスコを体験をした時に、DJの存在に触れて、その時、楽器の方じゃなくてこっちだ!みたいな(笑)。当時はやっている人も少なく、もちろん友達でやっているやつはいませんでしたし、ここだったら目立つというか、自分のやっていたアイデンティティとも近いし、パっと開けた世界がDJブースにはありました。



―― テープを作ってみんなに配る事も、DJもどちら人を気持ちよくさせたり、感動させたり、喜んでもらいたいという気持ちが根底には流れていますよね。


OSSHY そういう思いはすごくあったのかもしれません。



カシオペア『CASIOPEA』1979年カシオペア『CASIOPEA』1979年
カシオペア ハイレゾ特設サイト




―― 先ほど名前が出ましたが、TOTOのデヴィット・ハンゲイトの他に好きなベーシストはいらっしゃいますか?


OSSHY 当時はカシオペア櫻井哲夫さんの熱狂的なファンでした。好きすぎて自宅まで押しかけて行ったり(笑)。そのあとは、ディスコで触れた音がきっかけで、好きなベーシストがたくさん出てきました。マーカス・ミラー、バーナード・エドワーズ、ラリー・グラハム……ベースの音色で音楽を聴くのが趣味になっていました。



―― そのミュージシャンが参加しているアーティストの作品を探しましたよね?


OSSHY 探しました。レコードは必ずミュージシャンのクレジットを見て買っていました。AORは好みの曲を探して辿っていくと、ほとんどがTOTOのメンバーだった、という事がよくありましたよね。スタジオミュージャンが神の時代でした。クレジットのスタジオミュージャンの名前に憧れていましたが、当時はそういう情報があまりなくて、雑誌にも裏方さんが表に出てくることはなかった時代でしたので、レコードしか情報源がありませんでした。プロデューサーが誰とか、音楽マニアはそっちから音楽を聴いていたイメージがあります。



―― 当時は今のようにネットもありませんから、レコードのクレジットと自分の耳だけを頼りに、好きな音楽を探していました。


OSSHY そうですね。耳だけでこの音色が好きとか、この音色はベースのあの人と似ている、あの曲と似ているとか判断してチョイスしていました。それで、この曲とこの曲が似ているから合うんじゃないかとか、自分の耳だけを頼りに並べていって、後々それが同じミュージシャンだったとか、だから似ているんだという事がわかってきたり、そういう感じでした。80年代後半になると『FM STATION』とかFM誌や『ミュージック・ライフ』とか音専誌が登場して、クレジットや制作裏話を知ることができるようになりました。(つづく)


インタビュー・文/田中久勝

プロフィール

DJ OSSHY
DJ OSSHY (公式サイト http://www.osshy.com/)
80′s ディスコ伝道師。 MCとミキシングを両方こなす、DISCO DJのスペシャリスト。

フリーアナウンサーの草分け、司会者の第一人者「押阪忍」の長男。
安心・安全・クリーンなディスコの魅力を全国に伝えている。
2016年、17年 安倍内閣主催「観桜会」招待DJ
民放テレビ初のディスコTV番組「DISCO TRAIN/TOKYO-MX」、業界初、お昼のディスコラジオ番組「RADIO DISCO/Inter-FM897」、「Family Disco/JFN 全国放送」等、ディスコ放送番組DJのパイオニアでもある。
東京スカイツリー、東京タワー、羽田空港、大型客船シンフォニー、小金井ゴルフ倶楽部などで、初となるディスコ・イベントのメインDJを務め、グラミー賞シンガーのジョディ・ワトリー、角松敏生との共演イベントも大きな話題を呼んだ。
世界初AOR MIX CD『TOKYO AOR』、『WE LOVE DISCO』はアマゾンベストセラーチャートで1位を記録。
2017年には9/27発売最新CD『Blue. meets ISLAND CAFE SURF DISCO mixed by DJ OSSHY』をはじめ、『HAPPY DISCO~Tabu Night』(5/24発売)、『SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY』(4/26発売)と、DJ OSSHY本人初となる年間3作品のCDをリリース。初の著書『ディスコの力』も好評発売中。
今、日本で一番集客力のある、ディスコ世代に支持されているDJタレント。

関連商品

ディスコ・ラヴァーズ
● 通販限定商品
DJ OSSHY 選曲・監修
初のディスコ・コンピレーションCD BOXセット6枚組(CD5枚+DVD1枚)
『ディスコ・ラヴァーズ』
発売中
ソニー・ミュージックダイレクト
ディスコ・ラヴァーズ・スペシャルサイトはこちら
http://www.osshy.com/goods/6257/
SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY
● サーフ雑誌『Blue.』監修の「サーフィンと音楽」
DJ OSSHY 選曲・ミックス
『Blue. meets ISLAND CAFE SURF DISCO mixed by DJ OSSHY』
2017年9月27日発売
インセンスミュージックワークス
商品詳細ページ
DJ OSSHY 選曲・監修『HAPPY DISCO~Tabu Night』
● 世界初!タブー・レコードのノン・ストップ・ミックス!
DJ OSSHY 選曲・監修
『HAPPY DISCO~Tabu Night』
2017年5月24日発売
ウルトラ・ヴァイヴ
商品詳細ページ
SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY
● DJ OSSHYノンストップ・ミックスシリーズ第2弾
DJ OSSHY 選曲・監修
『SHONAN AOR mixed by DJ OSSHY』
2017年4月26日発売
ソニー・ミュージックレーベルズ
商品詳細ページ
http://www.osshy.com/news/9065/
DJ OSSHY著作『ディスコの力』
● 初の著作本
DJ OSSHY著作
『ディスコの力』
発売中
PHP研究所
書籍詳細ページ